« 分子生物学会最終日に I | トップページ | フォーラム全廃 »

分子生物学会最終日に II

午後の「接点ワークショップ」は面白そうなのが目白押し。一つ選べとは殺生な。もっとも最終日午後という「良い時間帯」が割り当てられたということは、この興味の持ち方は傍系のものですね。

いろいろ考えて「21 世紀のライフサイエンスにおける知識の伝搬と促進」を選択。ただ西川伸一の「多元主義の克服」も聞きたかったので、要旨集に載っていた時刻5分前をアラームセット。ところが初っ端から順番変更があったりで、携帯電話機がふるえだしたのは「バイオポータル」の始まる直前。やむなく「生命科学研究の現場と社会」はキャンセルに。

注目の日本語バイオポータルは11月にオープンしたばかりという。media wikiを採用する辺り、慧眼の士がいる模様。

世話人の野田さんは、「夏の学校」のシンポジウムでお世話になったが、覚えてないかもしれないし、特に言いたい事がある訳でもないので挨拶は省略。

ホテルに荷物を放り込み、一杯やってから早めの夕食をとるべく三宮へ。hoopさんが書いていた赤萬という店はタウンページに2つあったので、北長狭通(なんと読むのだろう?)にある方を先に探す。いくぶん遠回りはしたが無事発見。しかしほんとに餃子屋さんで、他に料理はない。二人前+ビールを注文。

三宮の地下街で翌日の手土産を物色。手頃なものを購入してから店の名前を見ると「カナート」。なるほど、「これで良いかなーと」か。

12日は京都に寄って「来た・見た・解った!分子が織りなす生命メカニズム」も聞く予定だったが、早朝に恩師入院の報が入ったため東京へ直行する事に。まぁ本人が連絡を指示したのなら、前回のような意識不明ではあるまい。

|

« 分子生物学会最終日に I | トップページ | フォーラム全廃 »

コメント

細川さん、TBありがとうございました。
ちゃんと午後までいらしたんですねぇ。
私はスペシャルシンポジウム「性と種を越えて」(?)
を選んでしまいました。
赤萬に行かれたのですね。
そうです、あそこはギョウザしかありません。
しかも土日は一人あたり2人前が義務(笑)
でも、おいしかったでしょ。

投稿: HOOP | 2004/12/19 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53322/2307328

この記事へのトラックバック一覧です: 分子生物学会最終日に II:

« 分子生物学会最終日に I | トップページ | フォーラム全廃 »