« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016/03/27

遺伝子組換え作物反対派との対話?

どこから仕入れた情報なのか定かでないが、2月の「知らないではもったいない!!!米を食べて治す・予防する研究が進んでいる」に続いて、今度は「遺伝子組換えの現状と未来を考える」というシンポジウムを聞いてきた。異色なのは第二部としてGM(genetically modified=遺伝子組換え)作物に反対の立場の人物に反対討論をさせているところ。

案内の冒頭では次のように現状が紹介されており、ここだけ読めば「GM作物を受け入れよう」にも見える。



73億人を超えた世界の人口は、毎年7千万人も増え続けています。この食糧生産手段の一つに、遺伝子組換え(GM)作物があり、その生産開始後わずか20年で、米国ではトウモロコシ生産の93%、大豆の94%を占め、世界28か国で栽培されています。日本は、世界一のGM作物の輸入大国

主催は市民キャビネット農都地域部会とあるが、はてどんな団体だろう? という詮索もろくにしないで申し込んだ。立場の異なる人物を呼んで同席させるというところが気に入ったから。


なお、主催者によるまとめも公表されており、講演者の資料も一部はすでに公開されている。


遺伝子組換えの現状と未来を考える


第一部の講演「遺伝子組換えの現状と未来を考える」は国立研究開発法人農業生物資源研究所(4月からは国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)田部井豊さん。品種改良の話から始めて駆け足で。これについていける人はどれだけいるだろうか。なお、配布された冊子のうち、「みんなで考えよう 遺伝子組換え農作物・食品」「食と農の未来を提案するバイオテクノロジー」「カイコってすごい虫!」はネット上に公開されている(「みんなで考えよう 遺伝子組換え農作物・食品」のp1とp9のグラフについては最新版が挟み込まれていた)

質疑応答・議論


第二部はアンケートを記入しながら聞き流していた(なんせ配布資料にホメオパシーがどうのこうのと書いてある)が、途中たまらず「4.第二部 コメンテータのご発言について、感じたこと、思ったことをお聞かせください」に「良いモンサントはオレンジの香り、悪いモンサントは牛が下痢をする」と書き込んだ(佐々木倫子『動物のお医者さん』に出てくるエピソードのパロディ)


その後の質疑応答にもややうんざりしたところで毎日新聞の小島記者登場。「あ、この人の話をこのあいだ聞いたな」と思ったものの何の会だったか思い出せず(上記「米を食べて治す・予防する研究が進んでいる」だった)、そのためご挨拶もせず。


懇親会には出たものの、席が固定かつテーブルが分割されてしまったため、講演者の話の続きは聞けなかった。こちらのテーブルもそれなりに盛り上がっていたが、「組換え作物に賛成な人って、自分では食べませんよね」みたいなことをいう人がいたのでモンサントの圃場見学をするとお土産に組換え大豆で作った納豆をもらえることをにこやかに披露。しかし福島県から多数の避難民が出ているようなことを言われたときには、つい声を荒らげ「今でも200万人住んでいますよ」と注意を促したが「会津の人は避難していませんね」となんか噛み合わない。用心してエタノールは入れていなかったが、さらに自重レベルを上げ、深くは追及しなかった。

アンケート


会場で提出したアンケートには以下のように記入した。


2.本イベントをどのようにお知りになりましたか(複数回答可)

Twitterかな?


3.第一部 講演について、感じたこと、思ったことをお聞かせください。

盛り沢山で駆け足なので消化不良の感。的を絞った方が良いような(聴衆を選別して)。←参加申し込みの時点でテストもといアンケートをするとか。


NPBTって何?


グルホシネートのLD50値が変(2.895と1000分の1になっている)。「静聴」ではなく「清聴」。


位取りカンマであるべきところが小数点になっている
4.第二部 コメンターターのご発言について、感じたこと、思ったことをお聞かせください。

セラリーニ! 「良いモンサントはオレンジの香り、悪いモンサントは牛が下痢をする」


フグ刺しが食べたくなった(けど電焼フグでがまん)


5.同第二部 登壇者お二人とフロアの質疑応答・議論をお聞きになって

「フォーカス」って通じます?


先天性異常で脅しをかけるのは感心しない。「GMのせいですか、放射能のせいですか」とは思いませんか。


食物の発がん性を気にしすぎないのは賢明。


耐性雑草は自然選択ではないの? ですよね! GM関係ない。


お、小島さん登場! Btが洗って落ちるならラウンドアップも落ちるでしょう。


6.興味を持った個別の内容と全体評価を教えてください。

全体評価:4

主催者へのメール


帰ってきてから、アンケートの控えを見直すと独り善がりで分かりにくいかもという懸念を持ったので、主催者へ補足のメールを送った。以下、その抜粋(実際に送ったメールはプレーンテキスト)


3.第一部 講演について

「的を絞った方が良いような(聴衆を選別して)」

聴衆がどこまで理解しているかが分からないと演者としても話しにくいと思います。しかも組換え作物の問題は分子生物学、農学、経済学、政治学、社会学...と広い分野にまたがっています。


アンケートには「参加申し込みの時点でテストもといアンケートを」と書きましたが、その他にもすぐに入手できて半日程度で読み終えられる書籍あるいは5ページ相当のウェブテキストとか30分程度で視聴できる動画を提示して「ここまでは理解されていることを前提に進めます」として、範囲を限定しないとTPPとグリホサートの毒性と組換えの是非がごちゃまぜになることに。

4.第二部 コメンターターのご発言について

皮肉ばかり書いて申し訳ありません。


「フグ刺しが食べたくなった」

一般的に食されているものを安田さんが「毒があるから避けるのが文明の知恵」みたいな言い方をされたものですから。


5.同第二部 質疑応答・議論について

「「フォーカス」って通じます?」

田部井さんが最初の質問者に向けて「(質問を)フォーカスして」とおっしゃっていましたが、市民向けでは使わない方が良いように感じました。


「先天性異常で脅しをかける」

胎児や子孫に影響があるかも、というのは訴求力がありますが、農薬も上乗せ放射線も組換え作物もない状態でも先天性異常を持って産まれる子、あるいは産まれることができない胎児は一定の割合で存在します。霊感商法と紙一重ですから慎重に扱うべき話題。


「GMのせいですか、放射能のせいですか」

異常の原因を安易に決め付けるべきではありません。被爆者の家庭に上肢欠損児が生まれ、原爆のせいでは?と思っていたら実はサリドマイドのせいであったという例もあります。もし原爆のせいと決めつけ、薬害の可能性検討を「隠蔽!」と排除していたらどうなっていたことやら。


「食物の発がん性を気にしすぎないのは賢明」

これは安田さんの回答に共感。


「Btが洗って落ちるならラウンドアップも落ちるでしょう。」

有機農業で使われるBtタンパク質は外用だから洗えば落ちるとおっしゃっていたが、それならラウンドアップも(展着剤を使うのはおそらくどちらも同じ)。


なお、アンケートの6.は質問の意味を解し兼ねました。


GM作物反対の人はもっぱら健康被害を理由にするけれど、被害は明確になっていないのにもかかわらず「被害が出ないように、出たらすぐ分かるようにしてGM作物を受け入れよう」という妥協を模索しない路線は先行き難しいだろう。


一方、GMO推進派も、慎重にやらないと百日の説法屁一つということもあるのを忘れないでほしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/21

献血ルーム巡り14(埼玉県・大宮献血ルーム)


一昨年の秋から始めた献血ルーム巡りは、昨秋埼玉県に回帰して鴻巣献血ルームで全血400mLを提供したためしばらくお休みしていたところ、埼玉県赤十字血液センターから「血小板が足りません」と成分献血を依頼するハガキが。そして追いかけるように電話でも依頼が来た(実は2月にも電話をいただいたのだが、折悪しくステロイド軟膏を使ったばかりで不適格に)。そこで14日の月曜日に大宮献血ルーム「ウエスト」へ予約を入れてもらった。血小板製剤は有効期間が4日間と短く、週の後半には土日に仕入れた在庫が底をつく。そのため水曜の献血者には優待を設ける献血ルームもあり、私も可能な場合は水木金に協力していたのだが、月曜から来てほしそうだったのでそれに従った。いったい、どれだけ不足しているんだ?(関東甲信越地域の献血状況はネットで公開されている。)

高単位血小板献血


大宮献血ルームウエストはJR大宮駅に近く、また近隣には契約駐車場も多い(受付時に駐車券を渡すと帰りに時間分の無料サービス券をもらえる)。渋滞や混雑を考えると、また帰りの安全も考慮すれば、公共交通機関を使うのが賢明だろう。

入居している建物DOM PART3の入り口はとても分かりやすく、自動車で通過しつつ視認できた。専用エレベータで5階に行くと受付があり、問診や採血は6階で行われる。受付で荷物を預け、型通りの同意(1.献血に伴う副作用について、2.個人情報の取扱いについて、3.血液の検査等について、4.血液の有効利用についての4項目と電子パネルを使った問診。血圧測定はセルフ。上が130を超えたので「まずいっ!」と思ったが、そばに書いてあった献血できない血圧はずいぶんと高めで、実際カウンターに恐る恐る差し出してもすんなり受理された(こっそり測り直した2回目は152/100mmHgとさらに高かったので握りつぶし)。検査採血と医師による問診は6階で。こちらも問題なくパスし、血小板20単位を提供すること(高単位血小板献血)に。以前にも20単位提供した記憶はあるが、たいていは10単位なので今回はその2倍。成分献血では必要な成分(血小板とか血漿)を遠心分離し、赤血球は体内に戻すのだが、その際、遠心前に添加した血液凝固防止剤(クエン酸ナトリウム)も一緒に入ってしまい、血液中のカルシウムをキレートしてしまう。20単位の場合は身体に戻る凝固剤の量も多くなるのでカルシウム入りのウエハースを食べておいてと渡される。

さすが埼玉県内最大の献血ルールというだけあって、採血ベッドが推定24台。20単位採れるのは新たに導入した機械らしい。それでも通常の成分献血より時間がかかり、周りのベッドは全血なのか血漿なのか、とにかくどんどん入れ替わっている。

PC Premium Club


ここでもレッグクロス運動の指導はなし。なんか面白いものはないかとテーブル上のパウチシートをめくっていたらPC Premium Clubなるものが。すると看護師さんが来て「後でご説明しようと思っていたのですが」と解説を始める。


つまり献血協力者が年々減少しており(従来の協力者も年齢制限や持病などでリタイア)、少子高齢化で需要は増えるのに供給者が増える見込みが無いので、血小板20単位を提供する「高単位血小板献血」協力者を募集している、と。あらかじめ登録しておいて、医療機関から要請があったら連絡するので協力してね、と(ええと、今回は登録してないけどハガキと電話で依頼が来ましたが)。血小板は寿命が短く、採血後、血液製剤としての有効期間はわずか4日間だから、という事情はすでに書いた通り。そして20単位採血すると2人の患者に提供することも可能なのだが、「高単位血小板献血にご協力いただくことができるのは、血液中の血小板の数が多いなど、さまざまな条件を満たした、大変希少な方」という事情がある。


今は献血ルーム巡りの最中だからここにはもう来ないだろうと説明はしたが、埼玉県内ではまだ川口駅献血ルームには行くと思い直して登録することに。会員カードを提示して何回か高単位血小板献血をすると記念品をもらえるそうだが、血液無償の原則の縛りのせいだろうか、とてもショボイ。もっとも、別に物が欲しくて協力しているわけではないから気にしない。なお、ネット上には情報が見当たらないのでカードの画像を載せておく。


左が4人のけんけつちゃんの描かれたカードのおもて面、右が職員が名前を書いた裏面

トイレ


恒例のトイレチェックも忘れずに。もっとも5階と6階の2か所にあったので一方のみ。


男性用小便器脇の高さ1メートル半ほどのところにある非常呼び出しボタン
気分が悪くなったときのための非常呼び出しボタンはあるけれど、位置が高い。しゃがんでしまったらもう押せない。


個室内の非常呼び出しボタンはドアのそば、高さ1メートルほどのところにあり、その上部にはポスターが
個室内のボタンは妥当な位置に。ルーム内はいろいろ掲示してあるが、あまりたくさんあると見てもらえない。トイレ内なら確実に見てもらえる? 「誕生月に献血したらプレゼント」だそうで。


壁に取り付けられた便座クリーナー便座除菌スプレーが備えられていたが、どうやら空になっていたようだ(操作法が悪かったのかも)


乳児を座らせられるベビーキープ荷物置きに使ってしまったが、これはベビーキープ(赤ん坊を座らせる)。右に見えているのはL字手すり。


なお、トイレはいずれもエレベーター前の、職員の目の届きにくい場所にあり、非常ボタンを押せないまま中で失神したりすると発見は遅くなりそうな印象。

駐車券


3時間分の無料駐車券をもらったけれど、ゆっくり休憩すると追加料金が発生しそうだったので早々に退散。実際、停めた位置に戻った(駐車位置を忘れて彷徨った)ときには残り10分になっていた。

私たちは、忘れない




帰りにもらったミネラルウォーターは日本赤十字謹製「私たちは、忘れない」。あの日、「血液が不足するぞ」と酒断ちをして東北各県の血液需要を調べたものの、なかなか「不足」とならない。輸血の必要な重傷者はほとんど出ず、遭難した人はみんな死んでしまったらしいと気づいて慄然。さらに各血液センターはウェブを更新する余裕もないのではと懸念した(宮城県・岩手県・福島県の各血液センターは11日朝を最後に更新が止まっていた)。14日になって宮城県赤十字血液センターのウェブは更新されたが「宮城県内の献血ルーム、献血バスでは献血の受付をすることはできません。」(幸いなことに他県から供給があり、17日に閲覧すると「県内で使用する輸血用血液は、お蔭様で不足なく安定」となっていた)。結局、被災地の献血ルームを回りだしたのは2015年になってからで、宮城・岩手・青森・千葉は未踏。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »