« 真に画期的なものは裏通りでは売られていない | トップページ | 『いちから聞きたい放射線のほんとう』 »

2014/04/08

今年もやります「ふくしまの話を聞こう」

「原発事故下で福島の人々はどのように暮らしているのか」 遠く離れたところで空想で騒いでいても仕方がない。善意のつもりの言動が被災者に不利益をもたらしたら本末転倒。現地の話を聞こうではないか。こうして始まった「ふくしまの話を聞こう」は、今年三回目を開催します。

テレビユー福島の大森真報道局長と「福島のエートス」安東量子代表に加え、旅行会社HISを口説いて行くなら今だっぺ!いわき 東北応援ツアーを実現させた当時の高校生からも「震災からの3年間、福島でこんな風に暮らしてきた」を話していただきます。

少し小振りにし、その分参加費を上げたにもかかわらず、お陰さまで満席となりました。会場に入れない方はUstream中継を予定していますので、そちらでご覧ください。

|

« 真に画期的なものは裏通りでは売られていない | トップページ | 『いちから聞きたい放射線のほんとう』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もやります「ふくしまの話を聞こう」:

» 今年もまたやります「ふくしまの話を聞こう」 [Before C/Anno D]
震災の翌年から始まった「ふくしまの話を聞こう」。今年は海と魚の話を聞きます。 ふ [続きを読む]

受信: 2016/04/10 16:46

« 真に画期的なものは裏通りでは売られていない | トップページ | 『いちから聞きたい放射線のほんとう』 »