« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/02/24

真に画期的なものは裏通りでは売られていない

KEKの黒猫先生(最近は白猫の写真も多用されているが)が経口の成長ホルモン剤にお怒りのツイートをしていた。

ペプチドホルモンとか酵素のような機能性タンパク質を口から摂取しても胃腸で消化されてしまうし吸収されることもないということは「酵素補説」でも述べた(ただし、そこでも触れたように「タンパク質がそのまま吸収されることはない」については若干の例外事象もある)

これは基本中の基本なので、インチキ健康食品などに騙されないようしっかりと覚えてほしい。タンパク質(ペプチド)は口から飲んでも消化されてしまう。だから酵素やタンパク質性のホルモンを口から飲んでも効かない

しかし口から飲むインスリン製剤の話も聞いたことはある。もちろん真っ当な筋からである。で、「インスリン 経口」で検索するとそういう研究が進められていることが分かる。イノベーションというのは不可能(と思われていたこと)を可能にすることなので、「そんなの無理」と決め付ける前に最新情報を調べてみるのは悪くない。

かつてウイルスメール対策として一時「知らない人から送られてきたメール」や「外国語のメール」が危ないという注意が広まったことがある。ほどなくして日本語のなりすましメールが広がって全く無意味に。無意味どころか「知り合いからだったから」「日本語だったから」と迂闊に開いて感染する例が出て、むしろ有害な〈対処法〉となってしまった。おまけに覚えやすいようにと単純化して注意を広めたセキュリティ担当者への信頼が低下してしまうという副作用まで。だから覚えやすいスローガン(標語)というのは要注意。覚え易いという点では優秀でも、内容が間違っていたり陳腐化しやすかったりすれば、それは悪いスローガン。「四本脚はいい、二本脚は悪い」

「口から摂ったタンパク質(酵素・ホルモン)は栄養素以上のものにはならない」というのを教条的に覚えても実害はほとんど無いだろう。医師から「新しいいい薬が出ましたよ」と言われて「このインチキめ! 次はホメオパシーか」と激昂したら問題だけど、さすがに厚労省が承認した薬品にケチを付ける頓痴気は...いるか orz。ノバルティスのおかげで保険承認薬の権威も揺らいじゃったし。

というわけで、「難しいことを考えるのは苦手」と思い込んでいる人にもすぐ分かる標語はないだろうかと悩んでいて思いついた。真に画期的なものは裏通りでは売られていない(もちろん画期的な製品もコモデティ化すれば裏通りでも売られるようにはなる)

EMとかナノ純銀とかで放射能をなくせるなら、高レベル放射性廃棄物の問題も一気解決ではないか。世界中で売れるから特許をとれば大儲け。生産が間に合わないならライセンス供与をすれば良い。あるいは儲けを放棄して技術公開しても世界の恩人と讃えられることまちがいなし。しかし、これがあるから安心して原発を増設しましょうと言わないのは(言っているのかもしれないが、真に受ける人はほとんどいないのは)、それなりの理由があるのだろう。信じて買うのは、こう言ってはなんだが、騙され易い人たちばかり。

子供向けの読み物とか映画には、お屋敷の屋根裏部屋で発見された古い書物に、世間の人がまだ知らない真理が書かれている、みたいな設定があるけれど、現実にはそういう事はまず無い(歴史的事件の当事者の日記とかだとそういう事はあるかもしれない)。投資のど素人のくせに「絶対儲かる」お得な話が舞い込んでくるなんて信じていると身ぐるみ剥がれてしまう。同じように、「世界の大発明」は特許によって守られ識者のお墨付きとなってから凡人の前に登場すると心得よう。


なお、発端となったと見られるニュース(2011年5月)を見ると、成長ホルモンそのものではなく「成長ホルモンを刺激するプログラム」(として作動する何か)を販売していたらしい。「身長が伸びる」と効能をうたったことで薬事法違反(記事では「無許可販売」となっているが、おそらく無承認無許可医薬品の販売)。中身(原価は1600円)に成長ホルモンが含まれていたら、別の罪状(医薬品の無許可販売)も加わったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/06

役所の個人情報取り扱い騒動

知人が市営駐輪場の利用を申し込んだ。ところが翌日に電話があって、身分証明書の写しが添えられてないので提出してほしい、と。そんなハズはない、ちゃんと出しましたと言っても、こっちにはありませんってな押し問答に。感心なことに「はい、分かりました」と折れなかった(なんでも窓口で別の書類不備を指摘され、その場で書いて「揃った」と確認して受理されたからだとか)

他の書類ならば、「自分の無謬性にこだわらないで、さっさと再提出」と助言するところだが、身分証明書というのは氏名・住所はもとより、生年月日やら場合によっては本籍地などと機微な個人情報の塊。役所で紛失は論外としても、「所内で紛失ということはありえません」と言い切れないのは取扱方法に問題がある。たとえば受領簿を用意して何時・誰が受け付けたのか分かるくらいにしておかなければ。

というわけで、役所に談判だと意気込んでいるところへ「個人情報の管理不備として突っつけ」と入れ知恵。そして駐輪場の管理部門ではなくて総務課に申し立てさせたところ、詳しい経過は分からないものの大捜索が行われたらしく、駐輪場管理事務所内で発見されたという。

道路交通課でも「身分証明書のコピー紛失は重大」と理解されたであろうけれど、個人情報管理問題では総務課の方が感度が高いだろうから、珍しく良い助言になった模様。少なくとも駐輪場管理事務所レベルでの掛け合いでは、コピーぐらい大したことないでしょと手間や金額の問題に矮小化されかねない。

ところで今回は丸く収まったようだけれど、考えてみると結構怖い。妄想をふくらませると、申し込んだのが窓口のおぢさんの〈個人的な嗜好に合致する〉人物だった場合、その住所を入手するために横領するということだって考えられる。手元に複写機があればさっとコピーできるが駐輪場にはない。若い人なら携帯電話のカメラで接写するだろうけど、おぢさんはそういう知恵が回らない。書類が不備なら内部調査することなく利用者の手落ちと決めつけて提出(利用者からすれば再提出)させるのが常態化していれば、安心して横領できる。もしかしたら電話をかけてきたのがストーカーで、あわよくば「再度こちらに来るのは大変でしょうから、こちらから出向きましょう」などと親切顔で居場所と家族構成を確認するつもりだったかもしれない。さらに利用が始まれば自転車にラブレターを貼り付けるとか、ここに書けないようなケシカラヌいたずらを仕掛けて管理人に相談させるマッチポンプとか...と妄想はふくらむばかり。なにせ警察官でさえ覗きやら盗撮をする時代ですから(時代は関係ないか。昭和には制服姿で強姦殺人に及んだ巡査がいたな...)

そもそもなんだってコピーを提出させるのだろうか。ブックオフでは万引きした本を持ち込む輩がいるので、買い取りの際には身元の確認を行うが、身分証を示すとコピーなど取らずカウンターで確認したらすぐ返してくれる(申込書に住所氏名を書かせるからコピーしたも同然ではあるが)。市営駐輪場は住民サービスなので、利用資格を確認する必要があるのは認めるが、受付書類に「〜で確認」という欄を設け、受理の段階でチェックすれば済むこと。

個人情報の取り扱いは神経質すぎるのも面倒だけれど、心配なら不必要な情報を抱え込まないような工夫は重ねて欲しいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »