« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/30

「建設反対」はまだ楽だけど

前のエントリーで、政府が2001年には「原発は絶対安全」の看板をおろして対話の緒ができていたのに、それを活用しなかったのは反対派の怠慢だと書いた。

しかし、公平のために言えば、原発建設に反対するのと、できてしまい稼動している原発を廃止するのとは難しさが桁違いではある。原発が建設着工し稼働すれば雇用やそれに伴う消費が発生する一方で、漁業権は売ってしまったから原発に依存しない生活は難しくなる。建設決定前であれば「事故が起きたらみんな死ぬ」的な危機煽りも役に立つけれど、稼動している原発を前に「だから止めろ」と言っても聞く人はいない。小さな確率の危険性と確実な不景気を秤にかけて、後者を選びとる人がどれほどいるだろうか。

都市型反原発は勝ち目のありそうな建設予定地を転戦するばかりだったのではないか。地元で反対運動を続けた人にしても、微量の放射能汚染の検出には熱心だったようだけれど、「甚大な放射性物質の放出を示す」事故には備えていなかったのではないか。チェルノブイリ原発事故の汚染は国境を越え、遠く北欧にまで及んだのだから、日本での原発事故を本気で心配した人ならば、近くに原発がないからと言って油断をするのはありえない。広瀬隆の『東京に原発を!』(1981年)にも、東海原発で事故が起きたら東京にも放射能雲が来て人がバタバタ倒れるという描写があった。真面目に心配したのであれば、実現性の低い「原発止めろ」よりはサーベイメーターの用意、線量ごとの行動基準決定などできることから手を着けているべきではなかったか。

もしかしたら大事故に備えていた人はいたかもしれない。「私はきちんと考え、できることをやってきた。その成果はカクカクシカジカ」という方には申し訳ない。しかし、それはたぶん少数派(=事故前の原発反対派)の中のさらに少数派だろう。

事故後の反原発行動の報道に、参加者の「ほれ見たことかという気にはなれない。事故を防げなかったことを悔やむ」という趣旨の発言があったと記憶するが、防げないなら被害を小さくする工夫を重ねるべきだった。原発事故や被曝被害について仔細に調べていれば、何が危険で何が注意を払えば済むことなのかの区別は付いていただろう。そして、推測に推測を重ねてしまうことになるけれど、「原発大事故が起きたらこの世の終わり」という悲観論が刹那主義を引き起こし、「原発をなくせなければ何をしても無駄」という無気力に陥っていたように感じる。

止まっている原発も電力供給が止まれば危険だ(事故を起こした1Fの原子炉もみな運転は停止していた)。使用済み核燃料も、すでに2万トン近くあり、再稼働の有無とは無関係に最終処分方法を決めなければならない。すでにある原発の脅威を下げることを怠ったのと同じ間違いを、すでにある使用済み核燃料の処分問題でも繰り返すのだろうか? 双方とも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/29

「原発安全神話」の嘘

かつて「原子力発電所の事故は起きない」と言われていた。いわゆる「安全神話」だ。実際に深刻な事故が起きた今「騙されていた」という人は多い。たとえば新聞一面に堂々と「3・11の原発災害で私たちは「原発は安全」という神話にだまされていたことを知った。」というコメントが掲載されている。本当だろうか?

2002年に「リスクと、どうつきあうか-原子力安全委員会は語りあいたい-」というパネル討論会が原子力安全委員会(当時)の主催で開かれた。そこでは「事故は起きない」という主張はなされなかった。

防災対策を重点的に充実すべき地域を決める際は「あえて技術的に起こり得ないような異常事態の発生を仮定」
当日もらってきたパンフレット「原子力安全委員会~安全確保に向けての積極的な取組み~」(2001年12月)を見ると、防災対策を重点的に充実すべき地域はあえて技術的に起こり得ないような異常事態の発生を仮定して決めると書いてある(p.16)。

緊急事態事象の例として「甚大な放射性物質の放出を示す事象」

(赤丸は引用者による)

またその15ページでは原子力緊急事態の例として甚大な放射性物質の放出を示す事象という説明がなされ、具体的には中性子吸収材(ホウ酸水)の注入によっても原子炉の運転停止ができないことが挙げられている(これはつまり制御できない臨界状態が継続している、いわゆる核暴走といわれる事態であろう)。ネットで確認できる例としては、2006年改訂の「原子力安全委員会:原子力安全の取組について」(PDF)の9ページに「甚大な放射性物質の放出を示す事象」が例示されている。

つまり国は原発事故は起こり得ますととっくに認めていたわけ。

その後発行された「原子力安全のひろば」の6巻(2004年春)には次のような〈反省〉がある。


科学技術を促進する立場にいる人、例えば政府や企業は無謬(むびゅう)主義の立場から、これまで「事故は絶対に起こらない」と言明することが多かった。逆に反対する立場の人は「ゼロリスク」を求めることが多かった。気持ちは理解するが、どちらもあり得ないことを主張しているわけで、これでは生産的な議論にならない。

考えてみれば、事故の可能性を認めたからこそオフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)が設置されていたのだ(きっかけはJCO臨界事故)。また地元自治体には放射性ヨウ素による被曝の影響を抑える安定ヨウ素剤が住民用に用意されていた。絶対安全であれば、そんな備えはしなかっただろう(オフサイトセンター建設は公共事業になったかもしれないが、ヨウ素剤の備蓄が利権になるというのはかなり強引に感じる)。だから事前に大規模避難訓練ができなかったのは反対運動のせいだと言われるが、本当だろうかという疑問がわく。すでに原発があるなら「万々一に備えて」と言えば住民は協力したはずだ。旅客機に乗ってCAがライフベストの説明を始めても怒り出す人はいない。

もちろん福島のオフサイトセンターは機能しなかった。地震のために通信手段が限られ、食料・水・燃料が不足し、ついには放射能雲に追われるように逃げ出したというのだからお粗末極まりない。だが、その責任は国だけにあるのだろうか?

反対派の怠慢

かつて絶対安全論を逆手にとった東京に原発を!という主張があった。しかし、元が嫌がらせなので真面目に検討されることはなかった(すぐに取り組んで遠隔地にある老朽の福島第一原発を廃炉にして東京にミニ原発を作っていれば今般の災害は免れ得たのに!...その代わり立地は元の貧乏自治体に逆戻り...もっとも双葉町の「ポスト原発の町にとって人材の育成が重要であり...そのためには町立図書館の整備が必要」という取り組みは、もう原発は期待できないと分かれば成功していたかもしれない...この辺の事情は岩波書店がPDFで公開しているルポ「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った財政難」参照...しかし事故の3か月前に掲載とはね。)

国が事故の可能性を認めたことで、生産的な議論になる契機はできていた。なぜ、避難訓練を始めとした事故対策の細部が詰められなかったのだろうか。一回大規模訓練をしていれば、20km圏全員避難の難しさは分かっただろう。そうすればより現実的な避難方法が検討されただろう。巨大地震との複合災害には思い至らなかったかもしれないが、台風や大雪だったらという想定の必要性には気づいたはずだ。

チェルノブイリ原発事故の汚染は国境を越えて広がった。広範な汚染を受けたスウェーデンは一時は大混乱に陥ったものの、その反省と対策を『スウェーデンは放射能汚染からどう社会を守っているのか』にまとめている。3.11後に訳出された本書の解題にあるように「本書に見られるような危機意識と万全な災害対策が日本でもきちんと共有され、適切な準備がなされていれば、福島第一原発事故のあとの対応は異なったものになっただろう」ことは想像に難くない。なぜ、それができなかったのか。

原発推進側が「事故はありえます。でも、0になるよう努力します。」と〈譲歩〉したときに、反対派は「ならば、その万一が起きたときにどうすべきか、それにはいくらかかるか」で臨むべきであった。それならば費用対効果が算出できた。「その手を抜いたためにこの事故が起きたら損失額はいくら」と分かっていたら東京電力ももう少し違った対応をしていただろう。ところが「原子炉事故が起きたらこの世の終わり」的な定量性に欠ける煽りしかしてこなかったから相手にされなかったし、実際に事故が起きてからも現実的な対処ができなかった。

かくいう私も「絶対安全を取り下げたのなら、それは結構」で関心が薄れてしまったので偉そうなことは言えないのだが、2002年には「話し合いの道が開けた」と安堵したものだ。「あとは賢い人達にお任せして」と思ったら、推進派・反対派のどちらもあまり賢くはなかったという... お任せ民主主義はよろしくない。

ちなみに前掲書を読むと、スウェーデンは原発事故は今後も起こることを想定していることが分かる。仮に日本が原発を全廃したところで、近隣国が同調する可能性はない。かつての核実験と同じように、否、より大規模に強い放射能雲が押し寄せてくるかもしれない。その時に対応できるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/01/01

一歩後退、二歩後退、三歩進んでやっと零

新年おめでとうございます。

例年は「おめでたい奴でございます」と挨拶していたと記憶しますが、さすがに余裕も失せました。

2013年を振り返る


1月...古い付き合いの某グループの新年会。実は考え方に開きが生じてきているのだが、喧嘩別れにならないよう慎重に慎重に。Fさんに言われた「ぼくらが、きちんと討論できないようだったら、日本全体での総意形成など不可能と考えます」を胸に刻んで。その翌日は二日酔いで朦朧としながら郡山へ。降り積もった雪をかき分けて福島のエートスが主催する「お話会@郡山市労働福祉会館」に参加した。その行動力の勢いを駆って、20日には「生活のことばで科学と社会をつなぐ」にも参加、さらに「科学報道を殺さないために-研究機関へお願い」にも参加して古田さんのご尊顔を拝んだ。

2月...3日に「どうすれば「みんなで決める」ことができるのか?」という集会に参加した。これは地産地消を進めてきた柏市の農家・流通業者・消費者が一つのテーブルに着いて、放射能汚染に取り組んだ活動の報告。会場で案内をもらい7日に霞が関の有志が企画した連続講演会の4「『風評』被害から信頼の構築へ」も参加することに。「下旬には「ふくしまの話を聞こう2」に、これは参加というより主催者側の一人として出席した。

3月...無職のくせに生意気にも確定申告。目標通り2月中に提出できたので勝浦へ担々麺を食べに行った。3日は第17回なにわ亭落語会を楽しんだ。15日はシンポジウム「FDAの正体-ポスト・ビッグファーマの医薬品行政」のお手伝い。

4月...「過剰広告に惑わされないための科学的見方」に参加。父の墓に雑草が生えるのを防ぐため、玉砂利の下に雑草防止シートを敷いてみた。効果は抜群(対照区にも早く敷こう)。山形県鶴岡市の加茂水族館リニューアルのために発行された市債その名も加茂水族館クラゲドリーム債の購入を図るが、目の前で売り切れてしまい挫折。せっかく都心に出てきたからとJPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテクを観覧した(まさかこんなところで大日本零円札にお目にかかるとは)。下旬には役所から放射線測定器を借りて遅ればせながらの放射線測定。月末に東京大学へ寄付(ああ、この領収証を探さなくては)。ちなみにこの寄付も少しは貢献したであろうBABYSCANは12月から始動している

5月...放射能の解説本を書いてみようと思い始めたものの結局年内には完成せず、かわりに11月になって原子力問題を理解するためのクイズを連投した。ツイッターアイコンを知人に描いてもらった似顔絵に変更した。下旬にアマゾンマーケットプレイスへの出品を再開したので本を出したことのある人への3つの質問を投稿したが反応なし。読まれないブログなのかな。

6月...サイエンスカフェの一種どらねこ&なるみーた Cafeに参加し、懇親会で「サイコロクラスタ」の謎が判明した。16日に語彙・読解力検定の一級を受検するが、あえなく敗退(現在は準一級)。このころツイッターで酵素が話題になっていたので「酵素ってなんでしょう」「酵素補説」という解説を公表したが反応は芳しくなかった。29日は第18回なにわ亭落語会で桂文治(十一代)師匠の「擬宝珠」ほかを楽しむ。

7月...参議院議員選挙があった。みんな民主党に失望するのは分かるけど、だからといって自民党とか維新の会とか、勝たせ過ぎたらどうなるか考えなかったのかな。それにしても低い投票率は気になる。28日はえるかふぇに参加。

8月...ツイッターのオフ会に参加し、注目していた人に会うことができた。その次の日は第二回バルタウン in 神保町に参加。残念ながらお目当ての鱧の湯引き梅肉添えはあっという間に売り切れたと。店の前にできた行列を亡き主人に見せたかった。上旬は出かけることが多く、7日には『努力する人間になってはいけない』出版記念パーティーに。月末はモンサント社の遺伝子組み換え作物デモ試験圃場を見学してきた。出ると負けの職探しの挽回を図り、出版系人材派遣会社に登録するも、音沙汰なし。

9月...NPO法人設立を目指す知人から協力を求められる。18日、座談会「SNSをどう活かすか」&交流会に参加。

10月...春先からでまわっていたニセの「政府広報」画像の嘘を暴いた。ジャパンスケプティクス公開討論会「EMを考える」に参加した。下旬には霞が関の有志が企画した連続講演会の6「福島における除染:リスクの大きさと受け手の議論をきちんとしよう」にて中西準子の講演を聞く。

11月...原子力問題を理解するためのクイズを連投。旧師Aがようやくパソコンを新調したため、そのセットアップを手伝う(心配なので制限ユーザーにしてあるが、そのせいか自動バックアップがうまく動作していない)。サイエンスアゴラ2013に参加。明治大学で開かれた錯視アート展示会「あなたの視覚は計算済み」も観覧。この日、デジカメの設定がリセットされていることに気づき、バッテリーの購入を決意。

12月...入院している知人を見舞う。顔本からいつの間にか消えていた知人にメールを送るものの返事は来ない。胃がん検診を受けたところ慢性胃炎の疑いということで精密検査を勧告される。すぐにかかりつけ医を訪ね、来春早々に胃カメラの予約。用心のため摂生することにし、最後の忘年会はキャンセル。γGTPとALTの高値が続いていたので丁度良い休養だ。発足したNPOのメーリングリストをYahoo!グループで運用しようとしたところ、まさかのサービス停止の連絡。Googleグループはアカウント取得を要求してくるが、これが必須だと使えないがどうなのだろう。得意だったはずのICTで判断力の衰えを感じる年の瀬。

2014年の展望


もうすぐ失業4年、時間はたっぷりあったはずなのに、「時間ができたらやろう」と考えていたことが何一つできていない。とりあえずは〈過去〉が堆積していて身動きがとれない状況を解決すること。
そして成果物を形として残すこと。
謙虚と自尊のバランスを取る。卑屈になってはいけないけれど、かといって仮想的有能感に浸るのも危険。リジェクトが続くと自己評価が低くなってしまいがちだが、精神的勝利法以外の方法で誇りを保つこと。自信の根拠は具体的でなければならない。

一番いけないのは、自分自身が信じられなくなってしまったことだ。自分がぼろ屑にふさわしいような、無価値なものに見えてきたことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »