« セシウム137から出る放射線 | トップページ | ゲルマニウム半導体検出器の重さ »

2013/11/06

線量計が示すシーベルトの測り方

ポケット線量計の表示は(マイクロ)シーベルトですが、どうやって出した数字でしょうか。
1)放射線のカウントを合計している
2)各放射線のエネルギーを計っている
3)内蔵のセシウムと比較している
4)全部がγ線だと仮定して計算で出している


解答と解説


4)の「全部がγ線だと仮定して計算で出している」が正しい。

ベータ線も測定できる機種の出す場合、γモードに切り替えないと(ベータ線も測定してガンマ線として計算するため)かなり高めの値が出ます。

なお、震災以降に発売された測定器の多くはガンマ線専用になっているようです。

出題意図


遮蔽なし測定でシーベルトを論じることの無意味さの確認(相対値として見るのなら意味はある)。

|

« セシウム137から出る放射線 | トップページ | ゲルマニウム半導体検出器の重さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線量計が示すシーベルトの測り方:

« セシウム137から出る放射線 | トップページ | ゲルマニウム半導体検出器の重さ »