« 下痢を起こす被曝線量 | トップページ | 低線量被曝の影響 »

2013/11/08

DNAの修復能

生物はDNAに損傷を受けると修復する機能を持っています。ところがこの機能が先天的に欠けている人がいます。どういう症状が現れるでしょうか。

1)自然状態ではDNAが切れることはめったにないので、症状はほとんど出ない
2)日焼けをしやすいが日常生活に大きな影響はない
3)ひどい日焼けを起こすので太陽光を避ける生活が必要になる
4)新陳代謝が活発になり一般人よりも健康になる

解答と解説


3)の「ひどい日焼けを起こすので太陽光を避ける生活が必要になる」が正しい。

紫外線を受けるとDNAは損傷されて情報を読み出せなくなりますが、その傷はすぐに修復されるため、日光の下でも生物は生存できます。しかしそれを修復できない色素性乾皮症(XP)の患者は、日光を浴びるとひどい日焼けを起こし、また小児でも皮膚がんが発生します(がん抑制遺伝子が破壊された結果か?)。そのために太陽光を避ける生活をしなければなりません。DNA修復能も、なくなるまでありがたみが分からないものの一つなのです。

出題意図


ヒトのDNAが日常的にどれほど損傷を受けているか(修復されているので気づかない)の確認。

|

« 下痢を起こす被曝線量 | トップページ | 低線量被曝の影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DNAの修復能:

« 下痢を起こす被曝線量 | トップページ | 低線量被曝の影響 »