« 遅ればせながらの放射線測定 | トップページ | 放射能の解説本を書いてみようと思う »

2013/04/27

東京大学へ寄付をする

東京大学には、医学部附属病院でお世話になったのと何人かの飲み仲間が関係しているくらいで、さしたる義理もないのだが、母校にすらろくに寄付をしない私が寄付をしたのには訳がある。

2011年の原発事故に際し大学院理学研究科の早野龍五教授は、原子炉については門外漢ながら、原子物理学者のバックグラウンドを元に、混乱する情報の「見える化」と解説を精力的に行ってきた。大学本部からの「早野黙れ」という圧力に少し臆し、また家庭の危機に見舞われながらも情報提供とガイガーカウンターミーティングなどへの支援を惜しまず、こうした活動によってパニックから逃れられたと述懐する人もいる。

11年も夏を過ぎると人々の関心が内部被曝に移りだした。しかしもっとも気にされた学校給食の検査には、食材にサーベイメーターを当てるという形ばかりの〈測定〉は論外として)事前に食材を抜き取り検査して弾くという方法では検査すり抜けと精度という問題がある。そこで早野教授は食材ではなく給食自体をゲルマニウム半導体検出器で精度良く測る陰膳調査を提案した(その意義についてはFOOCOM.NETでも解説されている)。ところが役所は「検出されたら手がつけられない」と及び腰。まるで隠れんぼで鬼に見つからないように目を瞑る子供のような反応。そこでとうとう私費で検査を開始されたのが2011年の秋。やがて東京大学基金経由で寄せられた浄財がそれを支えるようになる。

なお、陰膳調査は現在は文科省予算によって進められているが、厚労省管轄の保育所は対象外というお役所仕事っぷりに目が離せない状況。

というわけで、一口乗ったのが去年。今年は従来の装置では難しかった小児用WBC「BABYSCAN(仮称)」開発スタートを記念して(「収入が安定したら」なんて言っていたら何時まで経ってもできない、と観念したせいもあり)追加した。昨年は苦しい財政事情を考慮して2000円にとどめたが、そこへ領収証と礼状(総長からとご本人からと計2通)と活動報告書が送られてくるので恐縮した、という事情もあって増額。寄付とあわせて寄せたメッセージは基金のページで閲覧できる(早野教授支援寄付以外の人の分も一緒)

なお、自分も一口乗ろうという方は注意書きを見てから申し込まれたい。

|

« 遅ればせながらの放射線測定 | トップページ | 放射能の解説本を書いてみようと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京大学へ寄付をする:

« 遅ればせながらの放射線測定 | トップページ | 放射能の解説本を書いてみようと思う »