« 『中の人などいない』の人びと | トップページ | 勝浦へ担々麺を食べに行く »

2013/02/26

ふくしまの話を聞こう2

24日に講演会「ふくしまの話を聞こう2」が開かれた(当初は3月2日の予定であったが、ICRPダイアログとスケジュールが重なったため1週間早められた。おかげで私の予定重複も解消。)。福島おうえん勉強会のメンバーの一人として運営に参加したけれど、前回は代表の緊急入院を受けて臨時代表代行を務めたため、今回は代表が復帰しているからポジションが無くなってしまった。打ち合わせ席上でも露骨に「えっと、細川さんの役割は?」と聞かれる始末(当然の疑問だと思います)

結局、代表補佐というか総合雑用係で、受け付けにいて予約なしできた人などへの対応を任されることに。で、必然的に講演が始まっても会場に入れない。そして、もう大丈夫だろうと入ってみると席に余裕が無い。実際のところは空きもあるのだが、列の中央だと講演中に入るのは憚られる。幸い外に残る受け付けスタッフ用にビデオ中継が用意されたけれど、やはり集中力を欠く。まぁ、概要は郡山で聞いているし、あとでUStreamを見てもいいしという悪魔の囁きに負けて、ときおり会場内に入って立ち見をし、疲れたらロビーに出て休憩というだらだら聴講。

そんな調子で安東さん講演に対する質疑を聞いていると、汚染マップの精度を尋ねる質問に対して、マップは先に目的があり、それに合わせて精度が決まるという回答をライブで体験ができた。つまりマップは手段。汚染地図なんてものは、尺度と色の選択で深刻な汚染も軽微に、逆に大したことない汚染をおどろおどろしく見せることもできる。目的が先に決まっていれば、尺度は適正に決めることができる(煽るのが目的ならそのようにも作れる)。かなりの人が民間で作成されて市販されている日本の汚染マップを連想したのではないだろうか。あれはもっともらしい広域図だけれど、一般市民があんなものを手にして使い道はほとんどあるまい。汚染図がいる人にとっては身近な範囲の、メッシュの細かい地図こそが必要。10km先のホットスポットを頭痛に病む必要はない。

そうこうしているうちに無事閉会。今回は会場の現状復元義務がないので余裕を持って撤収。そして懇親会場へ。懇親会の趣旨は元々は講演者とスタッフの慰労。とはいえやはり外せない方々がいるのでそれも含めてメンバーを確定し、(互いに名前くらいしか知らず面識のない同士が多いので)ネームプレートも作って臨んだのだが、浮世の義理といいますか、会場から合流する予定外の方もいらっしゃり、かなりカオスな状態に。それでもネームプレートを領収証がわりに会費を徴収したので、少なくとも予定メンバーに関しては徴収漏れということはなかったろう。宴会担当のKさん、Sさんお疲れ様。

当日の様子はyoutubeに動画が公開されている。
 第一部 ノルウェーの被災地における畜産業と暮らし ­­佐藤吉宗
 第二部 ベラルーシで見たこと、聞いたこと、会ったひと­­ 安東量子


|

« 『中の人などいない』の人びと | トップページ | 勝浦へ担々麺を食べに行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふくしまの話を聞こう2:

» 今年もやります「ふくしまの話を聞こう」 [Before C/Anno D]
「原発事故下で福島の人々はどのように暮らしているのか」 遠く離れたところで空想で [続きを読む]

受信: 2014/04/08 23:35

« 『中の人などいない』の人びと | トップページ | 勝浦へ担々麺を食べに行く »