« 三宝寺池探索 | トップページ | 26年目のベラルーシ »

2012/12/15

総選挙への心得

明日16日は総選挙である。首長選の場合、「コレラとペストの選択」あるいは「火焙りか絞首刑かの選択」という事態に陥りがちであるが、幸いなことに総選挙はもう少し現実的な解がある。

まず小選挙区。
1)現政権を、積極か消極かを問わず支持する場合は、与党候補に投票する
2)現政権を支持しない場合は野党候補に投票する
2-1)複数の野党候補が立候補していて、政策で区別が付く場合は支持できる政策を提示している野党候補に投票する
2-2)政策では丙丁つけがたい、あるいはどうせ政策なんて選挙が終われば弊履みたいなものと思える場合は有力候補に票を集中させる(一本化)
2-3)一本化ができない場合、つまり団栗の背競べというか拮抗している場合は、年齢が若い、女性である、変なことを言ったりやったりしていない、で選別する

党は支持したいけれど、コイツは支持できない」だと悩む。その場合は、わざわざ入れなくても当選しそうな場合は棄権あるいは二番目に支持できる党候補へ、接戦の場合は涙を飲んで糞候補に投票する。ただし、情勢分析はアナウンス効果でひっくり返ったりもするので要注意。

支持する党が選挙区に候補を立てていない場合は、連立を組む(組むと予想される)党の候補に投票するのも一法だし、最有力候補かその対抗に投票するのも現実的(本命が気に入れば本命へ、気に入らなければ対抗へ)。

次に比例代表区。なぜブロック制なんて訳の分からない制度になっているのか、という怒りはさておき、ここでも現政権を消極的でも支持できる場合は与党へ、そうでないならば野党へが第一ステップ。

但し今回のように政権交代が予想される場合は、次の政権を支持できるかどうかでも考えた方が良い。次の政権を支持できる人は無問題だが、今の政権も予想される次の政権も満足できないという人は、次の政権に対する最大野党の育成に気を配るべき。

もちろん比例代表制の精神は二大政党制を理想とはしないので、弱小政党に投じるのも構わないというか、それが本義。

小選挙区と比例代表区で投票先をかえることも検討に価する。特に積極的な支持政党(しかしそこは伸びそうもない)がある人は、比例代表区はそこで構わないけれど、小選挙区においては戦略的に振る舞った方が賢明ではないだろうか(比例区復活は見据えつつも)

忘れてならないのは、自分が誰に投票したかを次の選挙まで覚えておくこと。それと、投票行動が選挙結果に結びついたもののその後の政治動向が意に染まぬ方向に進んでも「騙された」などとは口走らないこと。

|

« 三宝寺池探索 | トップページ | 26年目のベラルーシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙への心得:

« 三宝寺池探索 | トップページ | 26年目のベラルーシ »