« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/06/27

編集者の三つの仕事あるいは能力

私の最初の職業は雑誌編集者だが、世間で考える編集者とはだいぶ違った仕事をしていたように思う。

一口に編集者と言っても、雑誌と書籍とでは仕事が違う。書籍の中でも辞典編集はまた特殊な位置にあるだろう。

編集者の仕事の対象は3つあるといえる。
・原稿(原稿整理から出版まで)
・著者(発掘と育成)
・企画(何をどう出版するか)

理想は三船の才よろしく兼ね備えることだが、実際には得手不得手があるのではないだろうか。

原稿整理から出版まで


原稿そのものを対象とする、いわゆる編集作業である。基本中の基本であるが、やることは一様ではない。たとえば新聞であれば、字数と締切りが優先される。なにしろ紙面に空白を作ることは許されないのだから。それがたとえば教科書になると時間的には余裕があるが、まず検定に合格するための努力が求められる。大辞典の編集に携わっていた人間が日刊紙の編集部に行っても役に立たないし、その逆もまたしかり。

以前は手書きの原稿を文選・植字という過程を経て活版にしていたため、原稿整理は重要だった。コンピュータを使った原稿であればこの部分が大幅に簡略化され、電子書籍であれば著者が自分でできるから編集者は要らないという極論すらある。

たしかに用字用語の統一や誤字脱字衍字誤変換の修正ならばワードプロセッサソフトがやってのける(著者がその機能を使えるならば)。しかし内容の誤りは(今のところ)素通りだ。また表現の適正化も(やはり今のところは)人間頼り。これは岡目八目と言われるとおり、第三者(編集者)の目の方が頼りになる。

大幅な改稿や不足している内容の補筆となると、原稿整理の範疇ではなく、著者への働きかけになる(作家を旅館に缶詰にして原稿を受け取る、というのはどちらだろう)

著者の発掘と育成


書き手を見出してくるのも編集者の大切な仕事。そして原石を磨いて宝石にするのはもっと大切な仕事(安部公房は『第四間氷期』の中で、「今のプラスチック・レンズははじめっからつややかだ。もはや艱難汝を玉にすといった時代ではない」と書いているが)。大家に定番を依頼する場合は別として、作品への介入も大なり小なり必要となる。世に送り出して読者や批評家の批判に晒す前に、予想できる問題点は編集者が指摘しておいた方が良い。

草稿(β版)を公開してフィードバックを受けて完成させる手法は、名誉毀損や業務妨害など不法行為(時には犯罪)につながる危険性を有する。事実関係や法務面のチェックをしてくれる編集者がいると安全性が向上するばかりでなく、賠償責任を分散することもできる。...売り上げと賠償額を天秤にかける編集者もいるようだ。

漫画を含む文芸の世界の編集者は、こちらが中心ではないだろうか(漫画や小説のファクトチェック、リーガルチェックってあるのだろうか?)。厳しく書き直しを迫る、それも一度や二度ではなく何度でも、という編集者も作家の回想には現れる。

ベテラン編集者が若手を育てることもあれば、若手編集者が新人作家と二人三脚で進めることもある。組み合わせとしては新人編集者が老作家に鍛えられるというのもあるが、ここでは触れない。

書き手を育てるといっても、全人的な陶冶をしようなどとしてはいけない。締切りを守らせることは重要ではあるが、最重要というわけではない。誤字脱字もないに越したことはないが、容易に修正できる。具体的な最重要事項はジャンルによって、また時代によって異なる。編集者自身がそれを理解していないといけないとはいえ、自分の劣化コピーを作っても仕方が無い。〈教える〉と〈育てる〉は違う。

企画


要するに「どんな本(雑誌)を出すか」の決定。このテーマ設定がズレていると後から挽回することは非常に難しい。

そしてほとんどの民間企業の場合は〈売れる本〉を目指さざるをえない。ここで「売れ行きは芳しくなくても良い本を」なんて気取ると会社が傾く。そういう贅沢をして良いのは赤字を補填してくれるバックが付いている会社に限る(ちなみにそういう会社は実在していて「今の時代に出すべき本を出す」と丁寧に本を作るという)

売れ行きをもっとも気にするのは、結果がすぐに出てくる日刊紙・週刊誌の編集長だろうか。旬な話題、もうすぐ旬になる話題に対する嗅覚が求められる。同じテーマ(事象)でも雑誌によって色合いが異なって取り上げられるのは編集者の目の付け所が違うから。自分の好みを押し付けず、さりとて現状の後追いに陥らずというのは、かなり難しい。ただ、スパンの短いものは軌道修正も容易。単行本の場合、外れた場合の痛手は大きいだろう。下手の考え休むに似たりであるから、単行本もどんどん、数撃ちゃ当たるで出すという手はあるが、それを選ぶと企画の詰めが甘くなり自転車操業に陥りかねない。

続きを読む "編集者の三つの仕事あるいは能力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/02

泣きっ面に蜂

地震・津波に対する避難体制のニュースを見ていて心配になるのは、晴天を想定しているように思えること。

東日本大震災の際は東北地方は雪のところもあり、津波の難は逃れたものの寒さで落命した人も少なくはあるまい。

海岸沿いで近くに高台がない場合は、頑丈な高層建築への避難が構想されているが、屋上や外廊下に避難民がひしめき合うこと必至。雨や雪も辛いけれど、台風襲来時に地震・津波が起きないという保証はない。嵐が吹きすさぶ中、屋上に2時間も3時間も避難していられるだろうか? 竜巻が襲ってきたら?

地震雷火事親父


「地震雷火事親父」とは恐いものの順序だが、これらは互いに排他的ではない。つまり一緒に襲ってくることがありうる

ちなみに「親父」とは父親のことではなく強い風のことだという説もある。

強い地震が起き、津波が来るかもしれないというので高所に避難していたら発達した積乱雲が近づいてきて...これはかなり恐ろしい。

火事については、津波後の火災とは別の天災も考えられる。火山の噴火だ。これも天候や津波とは独立の事象。いや地震とはむしろ連動する可能性がある。津波と溶岩流の激突は、地獄絵図ではあるが、そう広範囲に起きるとは思えない。だが、避難した屋上に火山灰が降り注ぐのなら一地方を巻き込める。雨混じりの火山灰降下は始末に悪い。

これらが一度に来るとどうなるか。台風に刺激された前線が長雨を降らせ、堤防や地盤が緩んだところへ大地震! 堤防は至る所で決壊し、大洪水。そこへ津波が押し寄せる。台風が近づいたところで火山が噴火し、大量の火山灰が雨に混ざってセメント状になって広範囲に吹きつけられる。

ダムの決壊や原発事故(いずれも東日本大震災では併発)が加われば〈パーフェクト〉か?

アウトブレイク


てなことをツイートしていたら、伝染病の蔓延が提案された。元の発言は荒唐無稽の気(この複合災害想定も稀有に稀有を重ねてはいるけれど、「宇宙人襲来」のような〈ありえない〉出来事は考慮外)があったけれど、衛生インフラが破綻し、避難所生活で体力が落ちたところへ新型感染症が持ち込まれると、大変なことになるのは確か。

干天の...


また日照り・水不足を挙げてきた人もいた。タイムスパンの長い災害ではあるけれど、組み合わさるとたしかに嫌だ。旱魃の後で台風が来て、「慈雨だぁ」って喜んでいたらじきに「降り過ぎ〜」ってなるとか。土がカラッカラになった後に津波が来て塩水が染み渡ったり。カラッカラの土地にパッサパサの火山灰が降り積もったり。

台風は年に1,2度は来るものだし、強い雨や雪はそう珍しい現象ではない。地震・津波対策は当日の悪天候を前提にしてほしい。(正直なところ、大雨で道路が冠水し、「屋内にとどまったほうが安全」という状況下で津波警報が出たらどうしたら良いだろうかと悩む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »