« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/22

好ましくないと思えるリツイートの使い方

Twitterにはリツイート(RT)という機能がある。ある(他人の)ツイートを自分のフォロワーに紹介するもので、公式リツイートとも呼ばれる。

この公式RT機能を、当該ツイートへの論評に利用する人がいる。まずRTし、続けて論評(好意的/批判的/攻撃的)をツイートする。

この使い方には、誤解を招きかねない危険が潜んでいるのだが、おそらく当人は意識していないのだろう。

公式リツイートは表示されないことがある


フォロワーのタイムライン上に意図したようには表示されないばかりでなく、本当に表示されないこともある。

まず意図したようには表示されない例。タイムラインは人によって異なる。たくさんの人をフォローしていれば、たくさんのツイートが現れる。紹介したいツイートをRTしてから、論評するツイートを書いて送信するまでの間に〈割り込まれてしまう〉ことは珍しくない。時間帯によっては10以上のツイートがはさまってしまう。連続して表示されることを前提に書いたものでは意味が通じないかもしれない。

それでも表示されていれば「↓は」とか「今のRTは」で話が通じる希望は持てる。ところが公式RTは仕様的に表示されないことがある。

(だんだんややこしくなるけれど、Twitterを利用している人なら分かるだろうという点は省いて進める)

公式RTは先に別の人が先に公式RTしている場合、重ねては表示されない。
1.Aさんがあるツイートをする。
2.Bさんがそれを見て、フォロワーのDさんを念頭にRTする。
3.DさんはRTされたAさんのツイートを見る。
4.しばし時間が流れ、Dさんのタイムラインにはいろいろなツイートが流れる。
5.CさんもAさんのツイートを見てフォロワーのDさんを念頭にRTする。
6.Dさんのタイムラインには表示されない。
7.Cさんは先のRT(Aさんのツイート)を前提に自分の意見をツイートする
8.Dさんはそれを見て「???」

6.の重ねて表示はされない機能のおかげで、いわゆる人気ツイートを何度も見せられるという苦痛から逃れられる訳なのだが、それが裏目に出ている。

もしCさんがRTを読まれていることを前提にして「こういうバカもいる」と続けていたらどうなるだろうか。Dさんはまず自分のタイムラインをさかのぼってCさんのツイートを確認しようとするだろう。そして全く無関係なツイートがバカにされていると理解する。これは状況によってはとても恐いことになる。

ちなみにDさんがAさんをフォローしている場合は、そもそも最初のBさんのRTも表示されない。ただし、両者の間隔が一定時間以上開いていると表示される。もし5.のCさんによるRTが2.のだいぶ後であればDさんのタイムラインにも表示される。これはおそらく人はツイッターにずっと貼りついている訳ではないという設計思想に基づいているからだろう。

なお、Twitterアプリの中にはRTされた時刻ではなく、オリジナルがツイートされた時刻位置に表示させるという仕様のものがあるらしく、この場合は仮に表示されたとしても見落とす可能性が高いだろう(ツイッターの公式仕様と異なるのはどうかと思うが、話の順番が変わらないという利点は認められる)


(さらにユーザーの中にはRTを表示しないという設定をする者がいるけれど、これはもう意図的な使い方の問題なのでここでは触れない。)

公式RTは賛同とみなされやすい


もともとそういう意図で設定された機能のようだ。晒し上げという発想はないらしい。ちなみにFacebookでも「いいね!」ボタンはあっても「m9(^Д^)プギャー」ボタンのようなものはない(この辺は文化の違いという気もするが、YouTubeには低評価ボタンもあるので、思いつき文化論は述べないほうが賢明だろう)

そうすると批判するつもりでRTしたことが、元のツイートに賛同しているように見えてしまう。個々のツイートには〈誰がRTしたか〉は記録されるけれど、RTした後どんなツイートをしたかは本人にしか分からない。RTされる数が多ければ賛同者の多い内容とみなされるから、批判するつもりでのRTは意図に反する結果をもたらす。

オリジナルが消えればRTも消える


これもTwitterの仕様。元のツイートが削除されればRTも消える(オリジナルが残っていても「リツイートの取り消し」操作をすればフォロワーのタイムラインから消える)

これはチェーンメール的なツイートの拡散を防ぐ重要な仕様だけれど、〈RTしてから論評ツイート〉方式では論評が宙に浮いてしまう。この場合、本人(Bさん、Cさん)のホームを見ても解決しない。むしろ直近の無関係なツイート(もしくはRT)が関連付けられてしまいかねない。(ただし、この問題は本人がtwilogのようなサービスを使っていれば回避可能。)

自分のツイートの中に対象ツイートの固有URIを埋め込む方式でもこれは回避できないが、少なくとも「人のツイートに言及している」ことは明示できる。ちなみに「↓は」などでは誰に対する言及か分からない。なおツイート中のURIは自動的に圧縮されるので、文字数に対する制限となることは少ない。

まとめ


というわけで、RTしてからそれに対する論評を入力してツイートという方式はおすすめできない。

特に、批判するためには用いるべきではない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

掌に太陽を

有名なお歌の方は「手のひらを太陽に」ですが、これは21日の金環日食の話。

溶接面(保護メガネ)は持ってないし、日食観察用メガネを買って雨天だったらもったいないし、昔実行した煤をつけたガラスはダメだと言われるし、かと言って日食網膜症にはなりたくないし、でなんの準備もしないまま金環日食の日を迎えた。

凸レンズでの結像はうまくできないし、昔は2,3枚あった使用済みテレホンカードは見当たらないしで焦りだしたとき、木洩れ日で観察できるという知らせ。

カメラを持って外に出ると、おお地面に光の輪。

掌に写った光の輪

ふと思いついて掌に当ててみたら、面白い図になった。

続きを読む "掌に太陽を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

淵の森再訪

5年前、柳瀬川対岸の宅地化計画で話題になった淵の森を訪れたが、顔本のグループに誘われて日曜日に再訪した。

森自体には大きな変化はなかった――木のテーブルとベンチが整備されてはいた――が、帰宅してから古い記事を読み返してみると、リンク先の「サツキとメイの淵が森」が閲覧できなくなっていたり、「淵の森保全連絡協議会」は更新が止まっていることが判明したりと複雑な気分に。


より大きな地図で 淵の森散策 を表示

JR新秋津駅からは、改札で出て右(秋津駅と反対方向)に曲がり、秋津神社の前を道なりに坂を下って線路沿いの道を進むと柳瀬川にかかる歩行者専用橋に出る。そこを渡った左側が入り口。

秋津神社の力石

秋津神社には若者が力比べに担いだという力石が。神社ではあるが不動尊も祭った神仏混淆。

線路脇の坂道を下る

線路に挟まれたマンション(ベルメゾン秋津)。南側(手前)の線路はほとんど使われていない模様。北側の線路を走るのは西武池袋線。柳瀬川にかかる橋が見える。

貨物線のトンネル(写っている指は撮影者のもの)

秋津神社の下を貨物線が通っている。

池の脇には木道があるが、朽ちていて通れない。

道路下の公園には湧き水を水源とする池があるが、残念ながら木道は通行禁止。

開発をまぬがれた畑と雑木林

淵の森の周囲は宅地化されているが、少し北西に進むと農地と雑木林が残っている(北秋津近辺)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

読まれなかった挨拶文

さる4月28日に東京で「ふくしまの話を聞こう」という講演会を開いた。

主催団体の「福島おうえん勉強会」の代表とひょんなことから知己となり、なりゆきで開催スタッフに加わっていたのだが、なんとその代表が開催案内直前に緊急入院してしまった。延期か強行か。残されたスタッフは後者を選択。だがTwitterやmixiでの交信こそあったものの、互いに面識のほとんどない20人弱のスタッフでうまく進められるだろうか。烏合の衆にならぬよう論点整理を買ってでたところ、代表代行に祭り上げられた。もとよりそれは想定の範囲内。「代表というのは、なにかあったときに頭を下げるのが最大のお仕事」と割り切り、「善きに計らえ」でどんどん進めてもらった。

(正直なところ、決め台詞「今に見ておれ。俺は知らんぞ。」が使えないのは大変だった。)

それでも「主催者からのご挨拶」は自分でやらなければならない。いくつかのピースはできあがったものの、根本的なところの理解不足があって相互にうまくつながらない。焦っているうちにその日を迎えた。と、そこへ「建物の閉館時刻があり終演から撤収まで余裕が無いので時間厳守で進行を」と設営・撤収チームから要望。加えて、開会挨拶の時間が進行表に入ってないことが判明。斧鉞を振るうどころか、大幅に割愛して済ませた。

しかし、講演者を含めたランチミーティングでミッシングリンクを発見したこともあり、ここに「こんな風に読みたかった」を載せる。

本日は「ふくしまの話を聞こう」に多数ご参加いただきありがとうございます。代表のナカイが本会の準備中に健康を害し、入院せざるを得なくなったため、臨時代行を務めます細川がご挨拶を申し上げます。なお、ナカイは快方に向かっており、現在はリハビリに専念しておりますのでご安心ください。

主催の福島おうえん勉強会は、もともと放射能汚染の健康への影響を心配する人、特にお母さんを念頭に、〈正しい科学知識〉をゴリゴリと注入するのではなく、不安な気持ちを受け入れて、納得のいくように放射能について知る、そのための小さな勉強会から始まりました。

立派な肩書きの先生の「それほど心配することはない」という講演を聞いても、なんとなく腑に落ちない。かといって「もう大変です」という講演を聞いても、では今日からどうするかというと、なかなか避難までには踏み切れない。家族は話を聞いてくれないし、ご近所やPTAとはそういう話をする雰囲気ではない...そんなモヤモヤとした気持ちを整理する場が必要なのではないか。そして、この空隙を怪しい放射線防御ビジネスにつけ込まれているのではないか。そういう危機感をいだいています。

元々は膝詰め・車座を意図した勉強会ですが、さすがに福島から講師を招くとなると小規模集会では無理があり、このように大規模なものになりました。本日はエライ先生の講演ではありません。福島在住の市井の人が何を考え、どう行動しているかのお話です。それでも聞いて「そうそう、その通り」とはならないでしょう。人の話を鵜呑みにするのではなく、ご自身の中で消化していただきたく思います。

さて去年の3月、地震と津波の恐怖もさめやらぬうちに、原子炉建屋が次々と爆発し、放射性物質が広がるという大事故が発生しました。私たちがイメージする放射能汚染は核戦争によるそれでした。広島・長崎の悲劇です。井伏鱒二の『黒い雨』やブリッグズの『風が吹くとき』の世界です。毛が抜けて鼻血が出て死に至る。



以下の文字が小さい段落はいったん用意したものの、こういう刺激的なものいいは良くないと撤回を決めた部分。



実際、ネットでは「子供の鼻血が」「下痢が」という噂が飛び交いました。最近はこれらは影を潜め、「就寝中に足がつる」に変わったようですが、放射線による鼻血や下痢は数Sv以上の被曝で起きる症状であり、もし本当に被曝症状で鼻血が出たのなら、適切な治療を施さなければ8〜50日の間に死亡してしまいます。下痢の場合はもっと深刻で、現代医学では手の施しようがありません。線量や治療にもよりますが3〜10日のうちに死に至ります(数週間生存し続ける場合もあります)。


今から25年ほど前に『東京に原発を』という本が出ました。書いたのは広瀬隆で、昨春来マスコミに出ずっぱりですから、ご存じの方も多いでしょう。原発は遠くに作るよりも都心に作った方が送電ロスもないし今は海に捨てている熱も有効利用できるし合理的。でも事故が起きたら怖いよね、という本で、後半に東海二号炉が事故を起こしたらシミュレーションがあり、放射能雲が東京に届いて人がバタバタ倒れると描写されていました。

実際はどうだったでしょうか。「鼻血が、下痢が」という噂はありましたが、被曝でそれらの症状が出たのならば、集中治療を受けなければ死んでしまいます。「700人死んだ」「1500人死んだ」という噂もありますが、それだけの人が死んで隠し通せるわけがありません。そういう事故ではなかったのです。現に福島第一原発には今なお多くの作業員が働いています。

「放射能が来る!」と騒ぎになった去年の3月。千葉市の熊谷市長は冷静に言いました。放射能は風に乗って順番にくるのです。茨城県の人たちが落ち着いているのに千葉市民がおろおろしてどうするのですか、と。その後放射能は確かに来ましたが、それは測定装置でのみ観測されるものでした。汚染が明らかになってから「食べ物の味がおかしい」という人も現れましたが、これは大方気のせいでしょう。「直ちに影響はない」の言葉尻を捉えて、「秋には...」「年明けには...」「1年経ったら...」と待ってみたものの、何も起きていません。先天性障害、それ自体は珍しくはないものですが、を持った子の誕生を「お待たせしました」と報じようとしたジャーナリストがいましたが、予告だけで終わっています。

東京は大丈夫、汚染はそれほどではない。それが分かって余裕ができたからというのも失礼な話ですが、落ち着いて見回して気がつくのは「それでは汚染された福島で人々はどうしているのだろう?」。まだ東京は大変だと思っている人にとっても、福島に住んでいる人の経験は自分の心配を相対化する良い指標となるでしょう。福島県は約200万人が住み、この1年間におよそ12,000人が転出しました。99%以上の人は事故後もとどまり続けているのです。東京からも避難しようという人にとっては理解しがたいかもしれません。「福島県民は騙されている」「放射能測定値は不正操作」「福島県では、放射能という言葉を耳にしなくなっている」という主張を目にされた方も多いでしょう。今もとどまる人たちはどのような生活をし、何を考えているのか、現地の声をお聴きください。

なお、はじめに申し上げましたように、本講演会の準備中に主宰のナカイが倒れるという事態が発生しました。講師が決まり会場は押さえていたものの、まだ告知をしていない段階。中枢を失って空中分解の危機でした。しかし誰ともなしに「やりましょう」と声が出て、mixiを連絡場所として互いに面識もない者同士が協力して開催にこぎつけました。えてして「専門家と一般市民」という図式を描いてしまいますが、〈一般市民〉もそれぞれ某かの〈専門〉を持っています。その専門性を持ち寄って成立したのが本日の講演会です。「こういう講演会を聞きたい」「あの先生の話を聞きたい」という方は、ぜひご自分から動いてみてください。世界は変わります。

最後の、「実は大変だったのよ」は、スタッフ慰労のためにぜひ入れたかったのだが、「不手際があっても見逃して」という言い訳に聞こえそうだったこともあって割愛し、懇親会の席上で披露した、と思う。実は緊張の糸が切れたところに、「飲んで応援」とばかりに福島のお酒が流れこんで記憶が曖昧。スタッフのツイートを見て「ああ、しゃべったんだ」状態。


さて、職探しに本腰を入れなければ。

続きを読む "読まれなかった挨拶文"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »