« 正しくこわがる(用語解説) | トップページ | シマウマ症候群/医学生症候群(用語解説) »

2012/03/11

良心は人をカウボーイにする(用語解説)

出典はサキの「ラティスラブ」。英国伯爵夫人のドラ息子が急にメキシコ辺りへ出奔した。それを聞いた男爵夫人が驚いて「なぜ?」と聞くと「イギリスの諺にあるわね。『良心は人をカウボーイにする』って。」と澄ましている。

正しくはシェイクスピアの戯曲『リチャード三世』からで、カウボーイではなくてカワード(coward)、つまり「良心は人を臆病者にする」。

男爵夫人が、彼に良心があるなんて知らなかったと皮肉を言うと、ほかの人の良心に責められるからなのよ、と泰然自若な伯爵夫人。

息子が逐電したのに落ち着いている事情は冒頭に説明されている。「彼は家中のブラックシープ(厄介者)だった。ただし家族一同かなりブラックがかった一家である。」

それだけの話なのだが、この勘違いが面白く、ついついシェイクスピアの代わりに引用してしまう。


なお、「ラティスラブ」は『ザ・ベスト・オブ・サキ(1)』に収められている。


|

« 正しくこわがる(用語解説) | トップページ | シマウマ症候群/医学生症候群(用語解説) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良心は人をカウボーイにする(用語解説):

« 正しくこわがる(用語解説) | トップページ | シマウマ症候群/医学生症候群(用語解説) »