« あるロー生の試練(君は立派な法律家になれる だろう) | トップページ | 電源を切っていても携帯電話は鳴る »

2012/02/20

ここがおかしい、ベクレルの説明

ベクレルとシーベルト(用語解説)で取り上げたベクレルの説明のおかしなところを説明する。


内部被曝ベクレルは

ベクレルは被曝の単位ではない。また被曝の単位シーベルトは内部と外部を分けない(そのための単位)。
(ベクレルは)細胞を傷つける放射回数の単位

ベクレルは放射能の単位だが、1つの原子(原子核)が放射能を出すのは原則として1回だけ。放射線を出して違う元素の原子核になり、それがまた放射線を出すことはあるが、1つの原子(原子核)がいつまでも放射線を出し続けるわけではない。

生体への影響を見るのに使うのはシーベルトだが、細胞が何個傷ついたかを数えているわけではない。

1日に体のどこかの細胞が 何年も攻撃され続け 壊れる

放射性物質による〈攻撃〉は何年も続くわけではない。原則「ハチの一刺し」と同じで、1回放射線を出すとそれでおしまい。セシウムは2回出す代わりに、なかなか刺さないという性質を持つ(逆にヨウ素131は気が短くてすぐ刺すので1週間ほどで放射能を持つ原子が半減してしまう)。

放射線による細胞への障害は修復される。大量に被曝すると個体死に至るのは、修復や他の細胞によるカバーが間に合わなくなるため。また被曝した細胞ががん細胞に変化しても、免疫系がその増殖を抑えている。かりに治療が必要ながんになっても、それは放射線以外の原因によるがんと違いはなく、同じように治療可能。

惑わされぬよう!騙されぬよう!余計な被曝はしないよう!

「騙されぬよう」とは何の話か? 誰が、どう騙そうとしているのか。「政府や御用学者が、安全と思わせて危険な物を食べさせようとしている」という主張は、政府も同調している学者も危険だとは考えておらず、したがって騙すという意図が存在しないので成り立たない。「政府の主張は間違っている」ということは自由だが、「騙そうとしている」は故意の存在を証明できるまで控えておくのが身のため。

余計な被曝はしないよう!というのは唯一の正しい主張。ただし、過剰に被曝を避けようとして反対側に落し穴がないかには注意が必要。

1ベクレル×1日86400秒=1日 86,400 bq/d

ベクレルに時間をかけたり日数で割ったりするのは意味不明。たとえば半減期が2.5分の核種であれば、最初の測定時に100Bqあったとしても、3分後に測ったときには50Bqを下回っている。180秒で積算するのはナンセンス。セシウムの場合は半減期が長いのでバカバカしさが目立たないだけ。算数のできない子が、問題文に出てきた数字を適当に計算して〈答え〉を出しているのと似ている。

ベクレルの記号はBqと大文字で書く。これは人名に由来する単位に共通。先人に対する尊敬の念がないからこういう書き方が平気でできる、というのは牽制。

/dは「1日当たり」という意味なので、「1日.../d」というのは重複表現。こういうことを平然と書けるのは、自分が何を書いているのか理解していないからではないだろうか。


|

« あるロー生の試練(君は立派な法律家になれる だろう) | トップページ | 電源を切っていても携帯電話は鳴る »

コメント

お願いします。人をおちょくるなら説明なんてしないほうが良いです。命がかかってるんですよ。私は知識をひけらかす人は嫌いだし、尊敬なんか出来ません。タイトルにあなたが不親切である事を書いておいて下さい。それから、あなたにその知識を教えた人の名前も。あなたの先生はそのように人に接するように教えたのですか?

投稿: | 2014/04/07 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここがおかしい、ベクレルの説明:

» 『いちから聞きたい放射線のほんとう』 [Before C/Anno D]
著者ご本人が書く書く詐欺とおっしゃっていた放射線のやさしい本が3月に刊行された。 [続きを読む]

受信: 2014/04/13 00:21

« あるロー生の試練(君は立派な法律家になれる だろう) | トップページ | 電源を切っていても携帯電話は鳴る »