« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/31

第20回理学部公開講演会「理学が拓く未来」 に行ってきた

東京大学理学部の公開講演会「理学が拓く未来」を聞いてきた。

一階の聴衆。頭髪の様子からして平均年齢は高そう。聴衆の平均年齢は高そうだ。

金具を使わずに紙が綴じられている。配布資料はホチキスを使っていないエコ仕様?(メーカーによれば、ホチキスの針は外さなくても紙の再生に影響はない
演壇で歌うソプラノ歌手 第一部は20回を記念してのコンサート。歌手は伴奏が電子ピアノだったことへ遠慮がちに不満を述べていた(あとで思い出したが、5年前にはスタインウェイがあったはず)。またさりげなく、ソプラノ歌手への喝采はブラボー(bravo)でなくブラバー(brava)だと教育的指導も。

第二部は早野龍五教授と塚谷裕一教授による講演。初めは高校で習ったような内容だし、非常に分かりやすい話し方なのでふんふんと聞いていた早野教授の反物質のお話、どうやら難しさは飛び飛びの値を取るらしく、気がついたときには五里霧中。難しすぎる話で脳が過熱しないようにと意識がシャットダウンしてしまった。

気を取り直して聞く塚谷教授のお話。シロイヌナズナの属名はなんだったかなーとかUPバイオロジーはなくなったんだーなどと考え事をしているうちに危うく置いて行かれるところであった(ちなみにシロイヌナズナの属名はArabidopsis )

第三部がパネルディスカッション。自然科学系の学部は数あれど、ほとんどが基礎と応用を兼ねている。ひとり理学部だけが基礎研究一本槍というのは、冒頭に指摘されるまで気づかなかった。「こんなに役に立ちます」で研究費を取ってくるのが一番難しい。

ただ、学生というか受験生の意識は「基礎研究か応用研究か」なんてところにはないのではないか。どちらかというと受験科目とか偏差値とかが学部選びに重視される。実際、同じ大学の複数の学部に受験することは珍しくないはず。

一方教員の方も、「理学博士だから工学部には就職しない」みたいな贅沢は言ってられないはず。また新しい領域に取り組む場合は外から人を集めざるを得ず、「理学博士以外はお断り」とも言ってはいられないだろう。

とはいえ、「朱に交われば赤くなる」で、理学部にいれば〈理学部的発想〉は身につく。それは「科学は役に立ちます」とは少し離れたものなのかもしれない。(東京大文学部を出た人から聞かされた記憶がある、文学部の存在意義は役に立たないところにある、に通底するような)

壇上に並ぶ6人のパネリストと司会そうすると「(すぐには)役に立たない基礎研究の意義は?」「研究費を負担してもらう納税者にどう納得してもらうか?」が理学部と大学院理学研究科の存在に関わる課題となる。

これについて早野教授は小柴教授(ノーベル物理学賞受賞者)の「(ニュートリノ研究が社会の役に立つことは)ないね」発言をひいてみたり、冷戦華やかなりし頃アメリカの研究者が上院で、その研究は国防に役立つのかと問われ「国防に直接関係はしないが、この研究はアメリカを守るに価する国にする」と切り返した例を紹介したり、あるいはGPSは量子力学と特殊相対性理論と一般相対性理論の3つがそろわなければ実用化できなかったという例を引いたりして、役に立つにしても時間がかかる(量子力学からGPSまで約100年)と説明。これは最後の発言「基礎研究は打率が低い」に集約できるだろう。(私は「歩留まりが低い」という言い方を好む。)打率は低いけれど、時おり場外ホームランも出る、ということであろう。

(ソロの場外本塁打よりは走者一掃のヒットの方が価値がある、ってのは実学的発想なのだろう)

また、理学は世界観を変えるという主張もあった。たしかに「因果律が存在しない」「事象は確率的に起きる」「粒子であると同時に波である」などなどそれまでの常識がひっくり返るような発見があった。しかし、これ物理を専攻したのではない人、つまりほとんどの人にとって今でも (?_?) のままではないだろうか。その証拠に原子核の崩壊だの半減期だのは、いまもって理解されているとは言いがたい。

私達を変えたのは携帯電話やGPSであって、量子力学や相対性理論ではない、と言えないだろうか。

このへんのモヤモヤは塚谷教授の講演にも感じた。生物の多様性が大事って、本当に思っている人はどれくらいいるのだろうか。ありふれた魚と思っていたメダカが絶滅危惧種と聞いてセンチメンタルな気分に浸っているだけではないのか。その証拠に天然痘ウイルスの絶滅には誰も異議を唱えないではないか、といったら乱暴だろうか(さすがに乱暴ですね)。しかし、クマがお腹を空かしているからとよその山から運んできたドングリを撒いたり、川に訳のわからない微生物資材を流したり、メダカの池に間違えてアメリカメダカ(カダヤシ:メダカ減少の原因の一つと考えられる)を放流したりと、遺伝的多様性を無視した〈自然保護活動〉が盛んではないか。

舞文曲筆して暴言を続けるならば、ビッグバンとペイオフの区別がついていない人は2番目の多数派であると思う。最大多数派は「どっちも知らない」。

もっとも世界70億人の世界観が変わる必要はない。1億人が物理学を深く理解していれば現代文明は維持できるだろう(生物学者のほとんどは量子力学を理解していなくてもやっていけるだろうし、化学者の大半も相対性理論のお世話になることはない...よね?)

どうも納税者の理解を得るのは難しそうな雲行き...と思っていたところ、学生向け企画のはずなのに若い参加者が少ないのはどうしたことかというフロアの嘆きに塚谷教授が、幅広い年代に関心を持ってもらえていると逆転の発想で分析。税金もたくさん納めていらっしゃるようだ、には会場に笑いが。

物理系の院生が集う〈夏の学校〉で、抜き打ちに原発関係のテストをしたら惨憺たる結果だったなど、他にも興味深い話は多々あったけれど、それらは公式のまとめに期待して筆を置く。

(「科学もやはり頭の悪い命知らずの死骸の山の上に築かれた殿堂であり、血の川のほとりに咲いた花園である。」については『科学者とあたま』を全部読んでから改めて触れたい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/29

YS-11内部公開

西武新宿線の航空公園駅のそばに国産旅客機YS-11が展示されている。普段は柵の外側から眺めるだけだが、内部に入れる日があると聞いて行ってみた。
YS-11の後部から入る

注意書き「窓から身を乗り出さないで下さい」
タラップの下には「窓から身を乗り出さないで下さい」という謎の注意。飛行機の窓って開かないでしょ?

天井の低い客室 申し訳程度の荷物棚 係員から「頭に気をつけて」と注意されながら低い搭乗口をくぐって入った機内は大江戸線並に窮屈。座席上の荷物入れも申し訳程度でトランクを載せないでと注意書きが。座席は西武線の特急レッドアローの方が豪華。
緊急時脱出法の説明 「命綱」という頼もしいんだか頼りないんだか分からない表示も。
窓枠が外れていて翼の上に出られるようになっている 外から見た非常口。窓枠が外れている。

非常時には翼の上に避難できるらしい。ここは窓があいて、というより窓枠が外れていて、なるほど「身を乗り出すな」と注意が必要。

非常口から見た左翼
翼の上に出ても逃げ場はないような... 目の前には大きなエンジンカバー。しかも「踏むな」と書いてある。

エンジンカバーには「fuel coupling drain」「G/B breather」とかいろいろと書いてある エンジンカバーにはいろいろと書いてある。
機体のお尻? 空港で旅客機が洗われる様子を「恥ずかしき所もあるらん」と俵万智が詠んだのは機体のこの辺りだろうか? 

なお、次の公開は2011年11月14(月:埼玉県民の日) 10:00~15:00 無料・雨天中止※リンク先は「お知らせ」なので、当日以降は別内容になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/04

無料? 有料? お役所仕事?

ある市議が「どう見ても市役所内にいる人間より多い自転車が既に止まっている。きちんと市営駐輪場を利用する人々より、違法駐輪の方が手間がかからずタダなのが不公平であり問題」とツイートしているのを見て、その市の市営駐輪場の状況を調べてみた。すると有料(一時利用100円)は結構あるが、無料なのは3つだけ。

試しにそのうちの一つをGoogleストリートビュー(SV)で見たら不思議な光景が。(iPadだと少しずれた場所の地図が表示されてしまう...SVに切り替えて、東の交差点に移動してみてほしい。)


大きな地図で見る

一つの駐輪場に看板が二つあって、向かって左は「有料」、右は「無料」と書いてある。

暇だったので現地に飛んでみた。上記SVで「有」の字が変なのは写真のつなぎ方の問題らしい(手前の鉄柱も途中で消えている)。共和地業の看板には大きく「月極有料駐車場」と(〈げっきょく〉ではありません〈つきぎめ〉です)。そしてどうみても同じ敷地の交通安全課の看板には赤字で無料と。(混浴露天風呂で、脱衣場だけ男女別になっているみたいだ)

有料と無料と2つの看板が並んでたっている

看板の新旧から判断すると、かつて民間の有料駐車場だったものを、市が借り上げて無料駐輪場にしたらしい(民間の看板の電話番号は市外局番4桁時代――3桁を経て現在は2桁――のものだ)。

古い看板を撤去しなかったのは、期間限定(「臨時」と銘打っている)なので、現状復帰の費用を惜しんだためか。しかし紛らわしいと思わないのだろうか。「無断駐車は30.000円いただきます」(30円ではなくて3万円)なんてあったら、「ここは申し込みが必要な月極駐輪場」(〈げっきょく〉じゃなくて...略)と勘違いされ、利用されないとは考えないのかな、お役人様は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射能とゾンビ

動画サイトyoutubeにMEOWという怖いアニメーションがある。

墓場から蘇ったネコのゾンビが集団となってネコの都市を襲う。ネコの軍隊が出動して制圧できたかに見えたが...

可愛らしいネコの絵柄とコミカルな動きそして軽快な音楽とは裏腹に、背中に冷たいものが流れる展開なのだが、なぜ死んだネコが蘇り、生きたネコを襲うのか?

もともとゾンビ(Zombie)とはブードゥー教のまじない師(ボコ)が呪術で蘇らせた死人のことで、意思を持たず命令のままに動くので奴隷として使役される情けない存在だった。

それをホラー映画の主役に昇格させたのがロメロ監督。ゾンビに襲われた人間もゾンビになるという、伝染病的な性格が確立した(これは吸血鬼ドラキュラのアナロジーで、さらに遡れば狂犬病に辿りつくのであろう)。

ゾンビが生まれる原因としては、明示しない話もあるが、魔法(便利なものですな!)の他には怪光線(人為的なもの、また宇宙から降り注ぐもので、放射線とも言いかえられる)、細菌("I Am Legend" Wikipediaでの「地球最後の男」の解説(2011年8月29日 (月) 07:40 UTC)では吸血ウイルスとなっているが、ハヤカワSFの『吸血鬼』では細菌と書かれていて、光学顕微鏡で確認されている)、ウイルスが挙げられる。

(それにしてもゾンビ映画って沢山ありますなぁ...ちょっと調べてびっくり)

近年のものはウイルスが多いように思う(「バイオハザード」「28日後...」2002、「28週後...」2007、「ゾンビランド」2009など)。ウイルスは自己増殖できず、宿主の細胞機能を使わざるをえないので、感染から発症までには時間がかかるという生物学の常識はまったく無視されているが、魔法や放射能の説得力が下がった結果の人気上昇だろう。アナロジーの元であろう狂犬病がウイルス性であることも勘違いの原因かもしれない。(もうひとつの勘違いとしては、感染してすぐ発症する病気は実は防御しやすいことの見落とし。エイズが爆発的に広まってしまった原因の一つがこれで、無症状でも感染させることができたため、人類が病気の存在を認識したときにはウイルスは世界に拡散していた。)

ところが、このMEOWの設定はというと、なんと放射能なのだ。

開始16秒後に、放射能標識 ☢(☢)が描かれたドラム缶から液体が流れ出し、そこから瘴気が墓地に向かって漂っている。(ドラム缶が笑っているように見えるのも怖い)

このゾンビ化原因物質が襲われた都市にまで広がっていたというのも無理な話に思える(注ぎ口が上にあるから半分も流れ出していないし、街に瘴気は漂っていない)が、一方で噛じられずに死んだネコまでゾンビ化することは説明できる。

これも放射能の呪いの一つではないかと、残念に思う次第。むしろ天空に妖しい星が輝きだして、の方が... 超新星爆発が誤解されるからダメか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »