« 噛み合わない質疑 | トップページ | ちょっと変わった?適職診断 »

2011/08/10

ひろしま忌2011

また8月6日がやってきた。原爆の図丸木美術館が存続の危機といわれた2005年に友の会に入会して以来、開館記念日ひろしま忌には努めて訪問するようにしている。

しかし今回はいつになく気が重かった。今年の開館記念日に既にうっすらと感じていた反核運動へのもやもやが、より明瞭になる予感があったから。

もっとも丸木美術館は反原爆の老舗ではあるが、埼玉の奥地までいかがわしいにわか反原発がわざわざ来ることはそう多くはあるまいという期待もあった。(それだけの行動力があれば信頼できるという見方もあるけれど、行動力抜群が仇になっている勘違い正義漢というのも実在するのだ。)

かき氷屋のテント

結論から言うと、例年よりやや賑やかになった感じはあるものの、いつもどおりの老人集会(失礼!)で安堵した。とはいえ若いボランティは以前から居たはずだが、今回はずいぶんと目についた。そして、燈籠の並べ方一つにしても統率が取れていないというか指揮系統の不在を感じさせられたけれど、小規模な美術館行事運営であるうちは大きな問題にはなるまい。揃いのシャツに号令一下のキビキビとした行動というのは、頼もしさもある反面ある種の危うさを感じさせる。

広島忌の集いでは、その学生ボランティアの一人が発言をした(主催者曰く「年寄りばかりという批判があったから」)。ツイッターにも紹介したが、彼女は要旨次のような話をした。

自分は貧乏学生なので、服とか欲しい物があってもすぐに買うことはできない。
そこで買いたいものがあると、封筒にその名を書き、日々100円200円とミニ貯金をして購入資金にしている。
お金が欲しいからと言って犯罪に走るようなことはしない。(ほとんどの若者も同じだ)
しかるに分別あるはずの大人が「電気が足りないから原発は必要」とはなんたることか。

生活感の裏付けがある意見には説得力を感じる。このリアリティの前には「在宅で人工呼吸器を使っている人は」とか「クーラーを控えて熱中症に」とかは影が薄い。なんといっても無い袖は振れないのだ。どうしても振りたいから振袖姿の娘さんを襲撃する、というのは人の道に反している。

犯罪に手を染めないにしても、ヤミ金融から高利で借金をすれば待っているのは破滅。原発というのは高レベル放射性廃棄物という金利を抱えた闇金のようなもの。金利のややましな合法消費者金融が、借り手が破綻しないように年収の1/3以上の累積貸付をしなくなったのに「だってお金は必要」「面倒な手続きなしですぐにお金を渡してくれる」ってな理屈で闇金に手を出すと痛い目にあう。(深刻な事態になる前に当座は状況が好転したように見えるのも怖いところ。)

とはいえ、私は脱原発についてはやや悲観的。「原爆も原発も同じ」には、スローガンとしてはともかく、無理なものを感じる。戦争における毒ガス使用の禁止は国際的な合意に至ったけれど、毒ガス研究から派生した有機リン剤の廃絶は難しい。おお、反原発の人は反農薬の闘士でもあることが多いな。これは火に油を注いだか。

それなら核戦争の準備として始まったインターネットはどうか? モルヒネは根絶されるべき悪魔の薬なのか? ロンドンを空襲したV2の末裔たるロケット開発は止めるべきか? 航空機の発達も軍事と密接不可分だが、これも悪魔の技術なのか? この季節、お世話になることの多い虫除け(ディート)は戦争の副産物だが何か?

昔、原子核と細胞核にかけて、「核兵器も遺伝子操作も、核に手をつけるのはイクナイ」ととくとくと語った人がいるが、即座に「伝統的育種も細胞核に手が加わっている」と突っ込みを受けていた(そもそも合法夫婦の間で行われる受精自体がヒトの生殖細胞に対する遺伝子注入に他ならないではないか!)。比喩は気がきいていればいるほど、ずっこけた時のみっともなさは大きい。

(放っておけば自然に起きることもあるウランの核分裂連鎖反応に比べ、原子核に別の原子核をぶつけて新しい原子を作る加速器のほうがよほど自然の摂理に反しているが、これに対しての批判は寡聞にして知らない。)

原爆被害を受けた日本だからこそ、原発に希望を見たというのは、理屈としても感情としても筋が通っているように思う。弟を死なせたニトログリセリンを安全なダイナマイトとして制御することに成功したノーベルのように。(それが戦争目的で使われたことに悩んでノーベル賞を、とはよく聞く話だが、ニトログリセリンって爆弾として使われるもの?と思って調べたら使われたらしい。)

中庭に並べられた灯篭
てなことを考えていると大変居心地が悪いのだが、幸いなことに集いは早々と終わり灯篭流しへ。

水面にアプローチできる手前の水路は流れがほとんどない
都幾川は今年も灯篭流しに冷淡。本流は雨の影響で深くて流れが早いのに、前日にボランティアが草を刈って作った場所は水位が下がってほとんど流れがなかった。

流れに浮かべられた灯篭

本稿を書いていてふと思ったのは薬害エイズ事件を結果的に深刻化させてしまった安部英のこと。昔の医者にありがちなパターナリズムむんむんには鼻白む思いもするが、彼は患者の利益を第一に考えていたと思う。少なくとも加害の故意とか怠慢による不作為とかはなかっただろう。クリオ製剤よりは非加熱濃縮製剤の方が患者にとって利益だと考え――未知ウイルスの脅威を除けばそれは正しかった――それが患者を死に追いやったし、罪には問われなかったけれどHIV感染を広げてしまった。もしかすると6日の集いで罵られていた山下俊一も安部の轍を踏むかもしれない。人は自分の得意分野で致命傷を負う。


|

« 噛み合わない質疑 | トップページ | ちょっと変わった?適職診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひろしま忌2011:

« 噛み合わない質疑 | トップページ | ちょっと変わった?適職診断 »