« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/28

フルートは木管楽器ですが

ひょんなことから日本クラシック音楽コンクールの関東地区予選を見(聴き)に行った。

ところが主催者のウェブには開催日と会場の情報しかない。そこで会場のウェブを見ると、なんとコンクールについての情報は全くない。わずかに催物カレンダーに「利用有」とあるだけ。いやなことに進入禁止のようなマーク赤い円に右上から左下へ赤い斜線の記号が付いている。ソースを見るとsold.gif。

そんなこんなで当日を迎えてしまった。それまでに入場は無料らしいこと、来場者はほとんど参加者の関係者、会場には受付もなくて出入り自由らしい、といったことの調べは付いていたが、いかんせん何時から始まるのかが分からない。そこで主催者に電話をしてみたが、誰も出ない。会場となるホールに電話をしてやっと13時からと判明した。(電話をするならもっと早くに!)

コンクール自体についても何も知らなかったので少々調べてみると、「難易度の高い曲を選び、短い時間でピーアールしなくてはならないコンクール」(PRではなくてアピールではないか?)、「デュティユーのソナタなんかをどうだまいったかとばかりに弾く人が多数いらっしゃいます。無調の現代曲を弾くとやっぱり評価が出やすくなりますから。」(Yahoo!知恵袋)とのこと。

というわけでドキドキしながら会場へ向かう。日暮里駅からすっかり立派になった京成線に乗って青砥駅で下車。乗ったのは成田空港行きだが、降車ホームと出口との間にはもう一本ホームがあって、そこは羽田空港行き電車が来るという。間違える人はいるんじゃないかな(羽田空港駅の電車案内も相当シュールらしいが)。

かつしかシンフォニーヒルズ

会場に着く。予想通りなんの案内表示もない。ホール前ロビーにはいかにも出場者という一組。普通なら受付となる辺りに進行表が貼ってあった。ホールに入ってみると、用意はできているが誰もいない。これはなかなか見ることのできない光景。ビビって一度は出てしまったが、ロビーには出場者や関係者が増えてきたので入り直し、こんなこともあろうかと持参した新書を読むことにした。
部門・部・参加番号・開始時刻・終了時刻の書かれた進行表

定刻になると館内放送があって、最初の参加者が3人組で登場(伴奏と譜めくり)。演奏するのはマリンバ。知らない曲なのでよくは分からないが、たぶん上手いのではないだろうか。終演後、率先して拍手をする人がいたので追随。むかし、ジェネセルワークショップに参加したところ、ある座長が演者への拍手を要請し、この習慣を学会発表にも広めたいと話していたのを思い出す。打楽器部門はこの一人で終了。伴奏のピアニストは知人の誰かに似ているような気がしたけれど思い出せない。

次がフルート部門。さらに細かく小学校高学年・中学・高校・大学・一般と部に分けられている。放送を聞くと男女も分けられているようだが、これは聞き違いかもしれない。声楽ならともかく、楽器を男女別にする意味が分からない。

最初は小学生だが、素人耳には「えっ」と思うほどそつがない。ただ、次の中学生もそうだったが、息継ぎの音が響く。そういえばカザルスホールであったアマチュア音楽フェスティバルでも、息継ぎ音の大きい人がいた。ゴールウェイならどうだろう。チェロ奏者のカザルスは演奏中に唸りだして、録音にもはっきり残っているけど、これはまぁ別の話。

可愛いお嬢さんがハァハァ喘ぐのを見るのは、などとアホなことを考えているうちにどんどん進行。知らない曲ばかりで、たまにモーツァルトが出てくるとほっとする。Yahoo!知恵袋で例に出されていたデュティユーのソナタも演奏された。バルトークを連想させるなかなか趣きのある曲。この機会がなければ一生聴くことはなかっただろうと思う。ありがたやありがたや。

ところでフルートという楽器、今は金属製だけれど、もとは木製で、それで木管楽器に分類されている。ところがフルート部門の次は木管楽器部門だという。どういうことだ? あらためてこのコンクールの部門分類を見ると、ピアノ、ヴァイオリン、弦楽器、フルート、木管楽器、金管楽器、声楽、打楽器となっている。なるほどヴァイオリンが弦楽器から分離されているように、フルートも木管と分けているようだ。たぶんどちらも奏者が多くて、一緒にやるとその他の弦楽器(チェロ、ビオラ、コントラバス、ギター、アルペジオーネ?)や木管楽器(クラリネット、オーボエなど)が割を食うのかな。この予選会でもフルート9人に対して、その他木管は総勢で5人だった。これも会場に行かなければ気付かなかったであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/14

日本の脱原発は頓挫するだろう―悲観的予測

はじめに断っておくが、私は原発懐疑派である。理由は3つ。
1)使用済み核燃料を初めとする放射性廃棄物の管理困難性
2)過酷事故発生時の対処困難性
3)電気の石油代替不完全性

高レベル放射性廃棄物は安全になるまで万年単位の時間が必要と言われる。初期には発熱量が高いため、数十年は強制冷却が必要となる。文明が続く限り管理は可能だし、文明が崩壊してしまえば後は野となれ山となれ、という意見もある。しかし、わずか数十年前の年金記録すら不完全で大騒ぎをしている国の管理能力がそんなに信じられようか。福島第一原子力発電所で作業員の被曝検査をしようとしたところ、ほんの数か月前のことなのに連絡の取れない作業員が30名前後いるという。あるいは戦争が終わって66年経ってもなお不発弾騒ぎが起きている。人形峠の放射性鉱滓とか回収したのに紛失したPCB入り変圧器とか、管理が行き届かなくなったものは数え上げればキリがない。「100年管理よろしく!」と後代に任せて安心だろうか。しかもなんのインセンティブもない。真面目にやってもらえると信じる方がお人好し。本音のところでは「その頃に私はもう生きていないからね」ではないのか。

過酷事故が発生したらどれほど大変か。今回は不幸中の幸いで制御棒が入り、臨界状態を脱したところで原子炉が破損した。チェルノブイリのように核暴走をしていたらどうなったか。あるいは今回は一か所で済んだ。もし福島第二や女川で事故が同時発生していたら人的リソースは不足するのではないか。同時でなくとも、今後同レベルの事故が発生したら、限度線量をさらに引き上げなければ熟練作業員は不足に陥るのではないだろうか。それでも足りなくてJCO事故の時のように、基準超被曝覚悟の決死隊結成となるかもしれない。

また汚染が広まった場合、それを取り除くのも大変だ。山のような低中レベル放射性廃棄物が発生する。

電気が完全に化石燃料の代替にはならない点については既に述べた

だから日本が原発依存を脱するというのには賛成なのだが、その見通しについては悲観的にならざるを得ない。

なぜか。

原発マフィアの逆襲?


陰謀論というのは魅力的ではあるが、中毒性があるので用心しなければならない。「陰謀がないように見えるのは、そういう工作の結果」という、反証不能の円環的増幅に陥ってしまいやすいからだ。

菅おろしが激しくなったのは浜岡原発の停止を決めたから、という説にはもっともらしいところがある。収益源を失うまいと原発マフィアが結束しているのだと。だから菅直人が退陣すれば脱原発は元の木阿弥...と考えているわけではない。

原発マフィアと言っても、原子力発電に惚れ込んでいる勢力はそうはいないだろう。いまさら日本を核武装しようなどという原発必要派が大勢を占めるとは考えにくい。要するに安い電気か美味しい利権(できればその両方)さえあれば満足というのが〈隠れ〉を含めた原発維持推進派の正体だと見ている。

電力会社の中には原子力以外の発電部門がある。経産省にも再生可能エネルギー開発に取り組んでいる部門があろう。これらが原発推進のためにサボタージュしているというのは考えにくい。むしろ「私たちの時代が来た」と色めき立っていることだろう。特に後者にしてみれば、うかうかしていれば環境省(太陽光発電・風力発電・地熱発電など)や農水省(バイオ燃料)に予算を取られるという危機感があるのではないか。

今や表立って原発を擁護するのは少数派で、〈隠れ〉は身を潜める事で原発解散での決定的敗北を回避しようとしている。解散を回避したら彼奴らは菅の退陣後に正体を現すだろうか。民国二年の後半期までひそんでいて、第二革命の際、突如あらわれて衰世凱を助け、多くの革命家を咬み殺すのだろうか? 可能性はある。しかし利に敏い連中である。なにしろ西軍は大将の姿が見えない。小早川が決断すれば雪崩を打って寝返ってくる蓋然性の方が高いのではないか。

予断は許さないものの、原発推進派と菅の綱引きの行方はそうそう悲観的ではないと考えている。あとは地震兵器のおっさんみたいなのが暴発しないよう管理できれば、参院自民党の切り崩しも現実的になる。

もし本物の原発マフィア、原子炉命の暗黒勢力がいるとすれば、暗殺を心配する必要がある。ただし、もし菅を暗殺すれば民主党が解散に打って出て大平弔い選挙の再現で与党圧勝かも、ということに考えが及べば、そうそう無茶もしないだろう。むしろスキャンダルでの失脚を狙うか。

世界はそれでも原発を推進し続けるだろう


さて、めでたく脱原発の道筋がつき、後継政権もそれを維持したとする。

世界の趨勢はどうだろうか? 福島の事故を見て、ドイツとイタリアは脱原発を決定した。しかし原子炉を維持する国も多い。自国で維持するだけでなく、積極的な輸出攻勢もかけている。二酸化炭素排出制限が絡めば、経済発展のために原発を選択する国は少なくあるまい。民主主義国家であれば、国民の反原発機運が対抗できるが、開発独裁の国では強引に進められるだろう。

商業原発の歴史を見れば、大事故は3回しかない。フクシマは旧い原発で起きた不幸な例外。津波を経験しない国は対岸の火事とすら思うまい。現に〈安全な原発〉の売り込みは加速している。

日本を襲った未曽有の放射能災害は、皮肉にも、世界の原発メーカーが次世代プラントを売り込む新たなセールストークになりつつある。
(出典:ロイター


悪貨は良貨を駆逐する


ここに、原発を捨て化石燃料や再生可能エネルギーに軸足を移した国と原発を主要発電に据えた国とがあったとする。どちらの電力が安価であろうか。事故時の対策費用はもちろん廃炉費用や使用済み核燃料等の処理費用も先の話だからと除ければ、原発の圧勝であろう。そんな電力事情で工業生産を競い合えば、原発採用国のほうが安く製品を作れることも自明。隣国が原発を導入するのに脱原発をするなど、同じ土俵で競争しようという場合はありえない選択となる。

さらに恐ろしいことに、原発ビジネスは高安全派と低価格派と分かれているという。低価格原子炉が安全性を蔑ろにしているとは断定できないし、限界状況においては差が出るにしても、平常時には安全性は同等。どちらが(短期的に見て)お得かは一目瞭然。

さらにさらに。意図的に安全性を軽視して原発を運転しても、すぐに事故が起きるわけではない(事故は起こしたくて起きているわけではない)。自動車を運転していて事故を起こせば、巨額の賠償責任を負う危険があるにもかかわらず、最小限の対人保証である自賠責で済ましている人は多いだろう(競走馬輸送車とぶつかって中央競馬の名馬を出走不能にでもしたら賠償は億単位だが、対人限定の自賠責は当然効かない)。目先の費用をケチっても、すぐに実害が顕在化せず、競争力がつくとなれば、選択肢は一つ。

そういう危ない原発依存国家が製品の仁義なき価格競争を仕掛けてきたら、対抗上周辺国でも安全のための費用が削減されるであろうことは、これまた論理的必然。

またいずれは枯渇すると見られる石油・石炭・天然ガスにしても、あるうちは気にしないで使った方が安上がりである。100年先を見通して再生可能エネルギーに移行して、100年持ちこたえられればエネルギー安定国になるであろうが、おそらくその前に価格競争で敗北してしまうだろう。少なくとも既存の製造業では競争は厳しい。

そういうわけで、いまの産業構造のままでは独り脱原発に踏み出したところで、世界は化石燃料や〈安い〉原子力から作った安い電力で生産を行うので太刀打ちできなくなる。

これが脱原発の行方に悲観的になる理由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »