« 被災地に届け「動物のお医者さん」 | トップページ | やはりバイオ燃料でしょう »

2011/05/15

荒幡富士へ

思い立って埼玉県所沢市の荒幡富士へ行ってみた。

明治時代に築造された標高119メートルの人工の富士山(しかし富士市で日本全国の富士山リストを作っているとは)。

「狭山丘陵いきものふれあいの里」の地図看板

以前、より詳しく言うと昭和時代に、後に大台ケ原先生と密かに命名した同級生と来たことはあったが、さすがに二十年以上経つと周囲も様変わりしていて今浦島。周辺は「狭山丘陵いきものふれあいの里」として整備されていた。

危ないから登らないでという貼り紙と被害状況を示す8枚の写真

残念なことに3月11日の東日本大震災の際に崩落があったため、登山禁止となっていた。

ご丁寧に、被災状況を示す写真も掲示されていた。

山頂付近にブルーシートがかけられている

周囲を回って見上げると、山頂付近にはブルーシートの覆いがかかっていた。

山自体は浅間神社と地元の保存会の管理なので、修繕費用の調達もそう楽ではないだろう。しまった、賽銭箱に喜捨してくればよかった。(関係団体は所沢市に修復を要請しているが、また登りたいと願う者は僅かでも支援すべきと考える。)

|

« 被災地に届け「動物のお医者さん」 | トップページ | やはりバイオ燃料でしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒幡富士へ:

» 初詣? [Before C/Anno D]
東日本大震災で崩落があったため立ち入り禁止になっていた荒幡富士(埼玉県)が修復さ [続きを読む]

受信: 2012/01/06 16:09

« 被災地に届け「動物のお医者さん」 | トップページ | やはりバイオ燃料でしょう »