« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/26

Inbookを使う

Inbookというサービスがある。書籍の中からお気に入りの部分を140字抽出して共有するサービス。140字なのはツイッターと連動しているから。ツイッターからは書誌情報なども入れるため140字フルには使えないが、あとでログインして追加できる(初めから直接登録し、ツイッターに流すことも可能)。

ネット上に自分が読んで気に入った本のリストができる点ではメディアマーカーに似ているが、こちらには本の交換機能などはない。Inbookには次のような機能がある。


  • 1冊の本から何か所でも気に入った部分を140字抽出(引用と呼んでいる)できる


    • ツイッターから投稿できる


  • すでに引用されている箇所に拍手を送ることができる(拍手の多い箇所は上位3つまで表示される)

  • 引用箇所にコメントを付すことができる

  • 同じ本から引用をしている人のリストが見られる

  • 自分と同じ本を取り上げている人のツイッターアカウントと共通する本の数が分かる

つまり、同じ本が好きな人だけでなく、同じ場所が気に入っている人を見つける機能がある。

(メディアマーカーは利用を躊躇していたが、いま見たところ機能がだいぶ豊富になっているので、併用してみよう。)

なお、amazonで購入のボタンが押された場合はInbookの収入になると理解していたが、自分のアマゾンアフィリエイトIDを持っている場合は、それを登録して自分の収入にすることもできることが分かった。どういうビジネスモデルなのだろうか?

取り上げるのは気に入った箇所のみ


Inbookが想定している利用方法は気に入ったセリフを取り上げること。これはツイッターのリツイートと同じ。リツイートも気に入ったツイートをフォロワーに伝える機能。「バカ発見。みんなで石を投げよう」と晒し上げる機能ではない。これは結構重要な点で、バカなツイートを晒して弾劾しても世の中はそんなに良くならない。むしろこちらの性格が悪くなる。

一見迂遠であっても、良いものを広めていく方が王道なのだ。


“引用”の問題点


ところでInbookでは引用と読んでいるが、これは著作権法で複製権が制限される、つまりコピーが許される引用とは言い難い。

著作権法第32条が利用することができると定める引用には3つの条件がある。

  1. 公正な慣行に合致するもの
  2. 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるもの
  3. 出所の明示

Inbookではアマゾンにリンクしており、ページも入力項目にあるので出所の明示はクリアしている。また1件が140字以内であるから丸ごとコピーの心配はなく、「ここが気に入っている」と好意的紹介であるうえにボタンひとつで元の書籍を購入できることから不当に権利を侵害する恐れも小さい。

問題は報道、批評、研究その他の引用の目的には該当しないこと。引用とはあくまで自分が書いた報道、批評、研究その他の主となる文章があって、それを補強するために行うものだから。名句を書き写して「その通り」と付け加えても引用にはならない。ただの複写だ。著作権が生きていれば、複写をするには著作権者の許可が必要になる。

ちなみに個人のブログに時折見受けられる、ニュースを書き写しただけのもの、1,2行の感想を書き加えただけのものも、引用としては保護されない。

この問題をクリアするには、ブログなどで感想や意見をものし、そことリンクすれば良い。

Inbookでは、レビューを書くのが苦手な人でも好きなセリフを引用するだけでみんなに本を紹介する事ができるとしているが、法律的には好ましくない。しかし本への親しみが増すなら、このくらいの触法は黙認しても構わないと思う。

気になる使い方


気になるのはInbookの使い方を理解していない、あるいは開設者や多くのユーザーとは異なる理解をしているような人の存在。軽いのはいちいち【引用】と入れている人。これは使える文字数を減らすだけで、自業自得だが、文字数をやりくりするためにかなを漢字に替えるなど引用が不正確になるのは困る。引用するためのレファレンスデータベースと考えれば一言一句正確に...孫引きをするのでなければ自分がそうすれば良いだけだが。何を考えているのか分からないのは本の内容を書かない人(Dr.コトーで検索してみてほしい)。わざわざ違反申告をするほどではないが...気に障る。

書誌情報はアマゾンのデータを使っているので間違いは起きにくいのだが、世の中には同名の書籍がある。私が経験した変わった例では、マーケットプレイス(古本)に出品している人がいて、同じ本のデータが2つあったため、ツイッターからの投稿がうまくいかないことがあった。ツイッターからは書名の代わりに13桁のISBNが使えるので、この方が確実。ただしISBNは出版社の自主管理なので重複もない訳ではないらしい。国会図書館が管理する全国書誌番号の方が確実だろう(調べるのは手間だけれど)。

Inbookのサイトで書名検索をして、ツイッターを使わずに直接登録する方法もある。著者と書名だけでなく出版社や発行年にも気を配る人には向いている。しかし旧版は載っていない。ページ数や文言が変わっていることがあるから注意が必要(基本的に新しく買った本だけ登録していれば間違いはないが)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/23

タスマニア効果と研究者人口

科学研究費を税金で賄うことは正当だろうか。特になんの役に立つのか分からない基礎研究に注ぎ込むことは妥当なのだろうか。

余裕のある時代なら「食客三千人」とばかり当座の役に立ちそうもなくても才能があれば養っていけたし、研究者の方も「何かの役に立てようなどと考えるのは邪道」と澄ましていられた。しかし景気が悪くなり、研究資金を何年で回収できるかを問われるようになると、基礎研究は分が悪い。

その逆風は研究者も感じているらしく、いろいろと「役に立ちます」をアピールしようとする。たしかに素人には唐人の寝言のような数学の研究が暗号システムにつながりオンラインバンキングを支えているといった例はある。しかし、どの研究も社会の役に立つと言うのは度がすぎたフィクションだろう。まして科学研究予算の削減は、いずれ地球の破滅をもたらすなんて恫喝は止めた方が良い。逆効果だ。

それでは役に立つ研究を選抜して、税金からの研究費はそこに集中すべきか。選に漏れた研究は、独自に投資家を募ればよいのか。それは好ましくないと考える。なぜか。

タスマニア効果


ツイッターのタイムラインでだと思うが「タスマニア効果」なる言葉を知った。

リンク先のタスマニア効果と宇宙植民地化によると、それは以下の通り。


  • SF作家チャールズ・ストロスは現代の技術文明を維持するのに必要な人口は最低1億人と見積もった

  • 計算の根拠は航空産業だけを維持するのにも50万人が必要、という推計の積み重ね

  • ジョージ・ワシントン大学のHenry Farrellは、この計算を元にタスマニア効果を考察

  • タスマニア人は、ヨーロッパ人が訪れたとき人間社会の記録史上において最も単純な道具しか持っていなかった

  • これはタスマニアの人口が少なかったため

  • 人口がある水準以下になると、前の世代からの技術の学習の不完全性が技術の衰退となって現れる

もちろん仮説の域は出ていない。

航空機産業を維持するのに50万人必要と言われてもにわかには理解できない。だが、よく考えてみよう。木と布の複葉機ならいざ知らず、軽合金製のジェット機を運用しようとすれば必要な基盤は...
ボーキサイトの採掘と運搬
アルミニウムの精錬
銅鉄その他金属の精錬
超超ジュラルミンの製造
炭素繊維の製造
各種プラスチックの製造

機体製造の素材だけでこれだけが必要。しかもこれらを動かすためにはさらに発送電システムや輸送システムも必要だ。

さらには教育システムが必須。次世代に知識や技能を継承できなければ50年もしないうちにシステムは機能しなくなってしまう。たとえばネジを作れなくなっただけで飛行機は作れなくなる。一子相伝であれば、ぼんくらが一人いただけで断絶だ。逆に師匠のデッドコピーであれば発展の余地がない。すべてをお見通しの神様を頼れない以上は、ある程度の失敗を織り込んだ試行錯誤で臨むしかない。つまり教育の歩留まりは100%にはならないし、なってはいけない。だから学び手は必要数に対して余剰でなければならない。

そしてこれらに従事する人間は裸で霞を食い土の上に寝る訳ではないから、衣食住を提供する人員も必要になる。

というわけで、なるほど相当の人数が必要だと言うことが実感できる。その人数を割り込むと縮小再生産に陥る。そして技術の劣化がある程度進んだところで安定化するが、中には文明崩壊にまで進むこともあるだろう。肝心なのは総人口ではなくて、ある分野に従事する人口。「モノになりそうな基礎研究」をする人の周りに「海のものとも山のものともしれない」研究をする人がいて研究者人口を維持しなければ、モノになりそうな研究をする層が薄くなってしまう。

これが役に立つ(と思われる)研究を選抜して、税金からの研究費はそこに集中するのが好ましくないと考える理由。もちろん小さな政府のもとで科学研究は民間主導となれば話は少し変わるが、民間が短期間での高率の投資回収ばかりを望めば、遠からず危機的状況に陥るだろう(ただし民間の方が長期的な利益に敏感であるという期待も持てる:多数の有権者よりも、少数の株主の方が同意を得やすいから)。

なお飼育、もとい扶養している研究者を研究プロジェクトの中に割り振るならば、一見タスマニア効果の陥穽を逃れられるように見える。また大きな研究の方向を指し示すことも大切。だが人は全知全能ではないことを知るべきだ。「あそび(ゆとり)」が大切。近視眼的な管理では次世代研究の萌芽を摘んでしまう危険がある。

そもそも将来何が役に立つかなど誰にも分かりはしないのではないだろうか。

と言っても開き直りと受け取られては困る。誠心誠意、と言うと語弊があるけれど各研究の予算要求説明には理解してもらうためのギリギリの努力を尽くすべきだとは思う。


スケールメリット


ところで航空産業だけを維持するのにも50万人が必要であった。飛行機を飛ばすための燃料を、そのためだけに製造したらどうなるだろうか。ジェット燃料というのは灯油の一種であるが、石油(原油)からはそのほかに石油ガス、ガソリン、軽油、重油、アスファルトが取れる。その全部が利用できれば採掘精製費用は均等に分担できるが、灯油しか使わないとなれば、そこで全費用を負担しなければならず、つまり相当高いものになる。ちなみにガソリンはガソリンエンジンが普及するまでは使い道がなかった。仮にガソリン自動車をすべて電気自動車や水素自動車に置き換えたところで、ガソリンがだぶつくだけで、灯油軽油重油等の需要が減らなければ石油(原油)消費量に変わりはない。発電や水素製造のためには石油需要が増すかもしれない。だから二酸化炭素生成量の削減には役立つかもしれないが、石油資源の節約にはたぶん役に立たない。

閑話休題。つまり石油ガスからアスファルトまで使い尽くすようなシステムがないと、ジェット燃料は高い物になる。これは電力や輸送システムにもいえること。いわゆるスケールメリット。航空産業専用にすると、よほどガンガン飛ばさないと高くつく(無駄が出る)のだ。日本で牛肉が高いのは、可食部が限られているからとも。あ、また話がずれる。

オーパーツを超古代文明の証拠と考えることの無理


軌道修正の振りをしてさらに逸脱。世の中にはオーパーツというものがあるらしい。エジプトの遺跡に見られる象形文字(ヒエログリフ)の中にはまるで現代のヘリコプターや戦車、そして、戦闘機のようなものがあるというのだ。で、それをもってエジプトには現代に匹敵する高度技術を持った先史文明が存在したのではないかと考える人がいるそうだ。

だが、ヘリコプターはそれだけがあっても役には立たない。たとえば燃料はどうするのか? まさにタスマニア効果が論じてきた問題だ。裾野なしに高度技術が単独で存在することはあり得ないのだ。ヘリコプターや戦車がタイムスリップしてきたという解釈の方がまだ矛盾が少ない(実際にはそんな無理をしなくても、十分に合理的な説明ができるらしい)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/09/12

*年ぶりの夏の学校(1)

生化学若い研究者の会(生化若手の会)主催の夏の学校へ久しぶりに参加した。研究者ではないし、もう若くもない※のになぜかというと、今回がなんと50回目の節目と言うことでOGOBにもお声がかかったから。

※ 生化若手の会の定義では「自分が若手だと思っていたら若手」だが、それにも当てはまらない。

当初は4日夜の特別企画から参加のつもりでいたが、4日朝のサイエンティフィックフォーラムに岩田想先生が講演されることに気づき、予定を急遽変更。しかし宿泊は4日の晩しか予約していない。そこで新宿6時半発の高速バスを使うことにした。予約した乗車券は発車の30分前までに引き取らなければならないので、29日に芦田宏直の夏期「哲学」特別講義へ行く途中で案内所に寄って購入しておく。そのとき発車場である35番乗り場そばではビッグイシューを売っていたが、さすがに土曜の早朝は立っていない。しかし街には人がたくさん。

1列目という眺望抜群の席に座って2時間余り。無事、白百合台バス停に到着。前を行く青年も学校参加者かもしれないが、一般宿泊客もいるらしいので声はかけない。

箱根高原ホテルの看板

受付を済ませ、荷物を持ったまま「2.生命科学を革新する技術」会場へ。お目当ての岩田先生は第29回夏の学校の事務局長。それまでの四支部持ち回りから共同開催に変更され、校長が事務局長になった最初の学校。共同というと聞こえが良いけれど、「関東にお願い」となることを恐れた彼は、名古屋で開かれた会議に少人数で臨むようなことはせず、愛車シティに男5人を詰めて乗り込んだ(さらにもう1台出したかもしれない)。この名古屋遠征には2度同伴した(並び大名)。会議のことはほとんど覚えていないけれど、帰途、前照灯のランプが切れるとかハイトバランスのガスが抜けるとか、いろいろ大変だったのは覚えている。特に後者は最後の会議を終え、「名古屋まで来たからには味噌カツでも」と食事を終えて戻ってみると「なんか車が傾いてない?」。これが日曜の夕方。幸い開いていたホンダ販売店に飛び込むと「走れないことはない」とか。用心しいしい(そうでなくても満員で重い)東京まで帰ってきた。途中、サービスエリアで隣に停車中のシーマを見て「あっちと交換シティ」「交換シーマせんか」なんて苦しいギャグも出る。「高速道路で沿道にその手のホテルのネオンサインが目立ちだしたらインターチェンジが近い」というM博士の蘊蓄も確認しながらの夜間走行だった(一同あまりに感心するので「妻の発見だ」と打ち消しに必死)。あー、なんかどうでもよい話に逸れている。あのときの閉校式についてはいずれまた(功をねぎらうべきスタッフが各支部に分散したためメモを用意して臨んだものの...)。

さて最初の講演はGEヘルスケアジャパンの梶原大介さん。しばらく業界から遠ざかっていて、新しい会社かと思っていたら、昔は横河メディカルシステムで、アマシャムとファルマシア バイオテクが合併してできたアマシャム バイオサイエンスを買収している名門(つまりSephadexはいまGEヘルスケアジャパンの製品)。協賛会社にも名を連ねていて、ここが出した『生化夜話』という書籍(メールマガジン掲載の1-15話をまとめたもの:非売品)は太っ腹にも夏の学校参加者全員に配られた。

それはともかく講演は標識を使わずに物理化学的な変化の観測で分子間相互作用を解析する技術のお話。今回は、SPR(Surface Plasmon Resonance)について。印象的だったのは、「SPRができます、ではなくてSPRでこういうことができますをアピールしていきたい」(技術提供会社の矜持)と、「ペーパーはまだ出ていませんが、カタログはあります」(そういう時代なんだ)。

今回は触れられなかったけれど、カロリメトリーでも相互作用を直接測定できるとは驚き。もちろんマイクロスケールなのだが、比熱の大きな水系でない方(たとえば液体アンモニア)がより精密に測定できないかな、と素人妄想。もちろん質問するほどの勇気の持ち合わせはない。

次の岩田さん「50回記念というから歴史を語るのかと思ったらテクニカルセッションなんですね」と。昔であればスライドの用意があるから演題変更は大変だが、今はノートパソコンに全部入っているから問題ない。ちょっとした今浦島の気分。膜タンパク質の構造解析のお話を拝聴する。シトクロム酸化酵素の騒ぎには触れない。見た目にきれいな結晶が採れてもX線回折には向かないと言う話、大昔に某雑誌で読んではいたがなぜかは分からなかった。その理由をきれいに説明されて納得(こうやって抱え込んでいた疑問が全部解決したら、死んでしまうんじゃないだろうか)。後半、QOL(生活の質)をあげる薬の需要についても言及。ここでもプロペシアが出てきたから、使ってみようかな。あ、献血できなくなるんだ。

アグレッシブな人だから高血圧と聞いても驚かないが、心筋梗塞を患っていたとはびっくり。幸いにも発作を起こした時の訪問先が医学部で、素早い処置でことなきを得たとか。

三番目の楠見明弘先生まで来ると、何しろこの日は5時起きで朝食抜きだったので、アカデミックな興奮でも集中力の維持が難しくなってくる。それでもmeso scaleすなわち μmとnmの間はブラウン運動の支配を受ける変わった世界ということが朧げながら理解できた。

今回の夏の学校は、参加者をあらかじめ参加セッションごとに小グループとし研究紹介やテーマ討論をさせている(これは午後のシンポジウムでも活用された)。このフォーラムでは4グループができており、それぞれに前日の討論も踏まえて「なにを、どんな手法で解くか」(だったと思う)を発表させた。それを講師三人が審査して2つを表彰。そのうちの一つに「〜を20年かけて」というのがあった。遠大な構想は立派だけれど、「20年やったけれどダメでした」では話にならない。ロードマップを描き、10年目には〜まで、5年目には〜までと小刻みに目標を立てた方が良いと思った。先日いただいたある本にあった目標はデイリーに落とせ(毎日の目標を立ててクリア)の影響か。

回答したアンケートアンケートには「機械の写真を載せた方が具体的なイメージを持てるのでは」としょうもないサジェスチョン。

昼食は予約していなかったので外へ食べに出る。覚悟した通りの観光地価格。住民のいるところまで行けばコンビニくらいあるだろうと思っていたが、下調べ不足が露呈。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/09/02

バクテキなう

焼肉店「牛角」などを運営するレインズインターナショナルが、ステーキの新業態店を始めるにあたり、店名をツイッターで公募した。懸賞(100回分の食事券)目当てに「ステーキRock!」「気軽に牛肉」「月曜牛の日」「週牛二日」「お肉小僧」で応募したけれどあえなく落選。ところが採用された人への食事券贈呈式に合わせた試食会(プレス向けPDF)に再度応募したところ、これに当選した。純粋な無作為抽出の結果なのか、応募作品の評価などを含む(気に入った場合でも他社商標との関係とかで採用できないことがある)のかはわからない。

「2食食べて頂きますので(残してもOK)腹ペコの状態でお願いします。」とメッセージが来たけれど、空きっ腹で行って「美味しい」と言っても説得力がない。そこで献血ルームに予約を入れ、当日は血(血小板)を抜いた状態で食べに行くことにした(変態か)。

さて当日。16時に新宿でソバを食う。さすがにラーメンを入れる度胸はない。京王線で笹塚駅へ。公式アカウントのプロフィールに地図を入れさせていたので道には迷わない。

バクテキ笹塚店の看板:文字ではビフテキ・ハンバーグ・カレーだが、ビフカツの写真も


以下、会場からのツイート。

バクテキ到着なう。これから試食会。ハッシュタグはなに? posted at 16:54:04

@BAKU_TEKI バクテキ到着なう。これから試食会。ハッシュタグわからないのでRT希望。
posted at 16:59:21

@BAKU_TEKI 開発秘話(?)なう。いい香りもしてきた。ただし店内ちと寒い。みなさん上着を脱いで!
posted at 17:17:25


この「寒い」というのは、あとになって私の席だけが空調の冷風の直撃を受けていたためと判明。

自慢のバクテキ。鉄板の上に6つに切り分けた厚手のステーキとモヤシ
6種類のソース

卵(の黄身)を落としたワイルドビーフカレー


.@BAKU_TEKI バクテキ完食なう。直前にソバを食べて来たのに200gのステーキがすんなり入る。米も期待以上。次はワイルドビーフカレーだ。
posted at 17:39:03

.@BAKU_TEKI サイドメニューの、お替りライスが100円で、大盛りライスが50円って、言いたいことは分かるけど誤解まねかない?「50円増し」
posted at 17:53:47

.@BAKU_TEKI スープ系が欲しいなと思ったらサラダセットの中にあった。
posted at 17:58:11

.@BAKU_TEKI ワイルドビーフカレーはその名に恥じない刺激的な味(卵がマッチ)。ただしワイルドを野性と書くのは納得できない(野生が正しい)。角川書店のばか。
posted at 18:06:57


この誤表記は昔からあったが、市民権を与えたのは角川書店が出した月刊誌「野性時代」(1974-1996)ではないかと疑っている。「誓いて我に告げよ」(佐木隆三)とか良い連載があったけど。

.@BAKU_TEKI 試食会終了なう。空調がきついのは私の席だけだった! posted at 18:23:29

空調の吹き出し口から出た冷気が席を襲う

ダクトから出た冷気は壁に当たって直下の席を急襲! 店内を見渡したところ、私が座ったこの席だけが直撃を受けることが判明(だからみんな平気な顔をしていたんだ)。一般客を入れる前に分かって良かったね。すぐの改修が難しければ汗かきのデブ専用席にするとか。

飲み物メニューにリアルゴールドがあったのはランチ需要を見込んでか。駅から近いので新宿から電車で食べにくる客がいるかもしれない。夜は...「シメのステーキ」が新しい流行になる?

お土産として西山社長のサイン入り著書『クレームを生かすほど会社は伸びる』をいただいた。

クレームを生かすほど...

クレームを生かすほど...

価格:798円(税込、送料別)

この日の満腹感は21時過ぎまで続いたし、成分献血後に感じるだるい感じはまったくなかった。試食できなかった中に気になるメニューがあったので、(余裕ができたら)今度は通常の客として行ってみたい。トイレのチェックもしなかったし(覆面調査員かよ)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »