« 法務省にメールを出した | トップページ | 医者を経て、ビッグイシュー販売員へ、その後なぜか ... 最後はホームレス です »

2010/02/28

「恩讐の彼方に」を読む

公訴時効廃止の実務面からの問題はすでに書いたので、改めて書くこともないのだが、なんかもやもやとした晴れない気分でいたところ、突然、菊池寛の小説を思い出した。

主人の寵妾と密通し、あげく主人を殺して逃走、木曽の山中で強盗家業を続けていた男が、その懺悔を聞いた僧侶の導きで出家し、罪滅ぼしに諸人救済の旅に出て行きついたのが九州は耶馬渓の絶壁。遭難の相次ぐ鎖渡しの難所にバイパスのトンネルを作ることを決意した。単身、ノミと槌を手に岩壁に挑み始めてから20年、長年の酷使に足は萎え、目もかすんだ老僧の前に父の敵を追う若武者が現れる...

上着のポケットに入れているW-ZERO3には、不覚にも「恩讐の彼方に」は入っていなかった。仕方なく同じ作家の「仇討禁止令」を読んでいたら、熱中して危うく下車駅を乗り過ごすところだった。

菊池寛は、いわゆる文豪ではないけれど、大衆の心をつかんだ作家である。「恩讐の彼方に」は青の洞門開削の史実を基にしているものの、主人を殺して逃げたとか、その息子が仇討ちのため追って来るとかの要の部分は創作だという。悪人が罪を悔い、公のために身を尽くすというのは日本の大衆の心に響く話なのだ。また、敵討ちという私的な道徳と公共との相克にも涙を流すのだ。

恩讐の彼方に」は青空文庫で読むことができる。 また「仇討禁止令」も同文庫に収められている。これは戊辰戦争のさなか、佐幕派の重臣を暗殺して藩の危機を救った侍の物語。しかし、その重臣は許嫁の父でもあった。事情を知らぬ遺児は維新後に東京政府で働く男の下へ仇討ちの支援を求めて姉とともにやって来る。すでに仇討禁止令が出ていると諭しても聞き入れない...

まぁさ、「人を死なせた以上、殺意があったかどうかは関係なく死刑」とか「被害者の無念を思えば時効は撤廃」もいいよ。そのかわり、7,80年前日本兵に殺された人の遺族がやって来て復讐を求めたら助けてやらないと言行不一致のご都合主義だよ。90歳の爺さんを「被害者がされたのと同じやり方」で殺すことで君らの正義感は満たされるのだね? 爺さんの遺族は憤るだろうねぇ。いや、遺族でなくても「そりゃ、無茶だ」と思うけど。 (時効と戦後補償問題への対応の整合性を指摘する人もいるが、戦争犯罪問題まで踏み込んだ方が矛盾ははっきりすると思う。)

そんな浅ましい悪業の輪廻を断ち切って、美しい社会を作ろうとは思わないかい?

|

« 法務省にメールを出した | トップページ | 医者を経て、ビッグイシュー販売員へ、その後なぜか ... 最後はホームレス です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「恩讐の彼方に」を読む:

« 法務省にメールを出した | トップページ | 医者を経て、ビッグイシュー販売員へ、その後なぜか ... 最後はホームレス です »