« 鍋で祝賀会 | トップページ | 宝くじ »

2009/12/29

ビッグイシューを買って釣り銭を受け取らないと言う人のブログへコメント

googleアラートでビッグイシューに関する情報を集めている。

個人のブログもよくヒットするが、「300円で売って160円が手元に残る」という仕組みだけ解説して終わっているのが多い。皆さん、宣伝してくださるならもう少し自分の言葉で雑誌の面白さをアピールしてください。ホームレスに仕事を与えて路上からの脱出を目指すと言うコンセプトもそりゃ大事ですけれど、人の善意に頼ったそういう販売戦略は大きく成長できません。まず雑誌が面白いこと、そのアピールが大事です。(と書きつつ、私もあまり雑誌そのものの面白さについては書いて来なかったな。)

そんなブログの中で、1000円で買い700円の釣り銭のうち500円だけ受け取ったけど後味が悪いという、ちょっと複雑なエントリーを見つけた。

正直、困るんだよなぁ、こういう人。厚意のつもりなんだろうけど、販売者は釣り銭を渡すよう発行元から厳命されている。違反すれば販売停止処分を受けかねない。なぜかといえば販売活動をしているのであって募金活動ではないから。気の弱い販売者は「親切な人」と会社の板挟みで苦しんでいるし、中には「もらい癖」がついてしまった販売者もいる。

というわけでコメントを書き込んで来た。


ビッグイシューのお買い上げありがとうございます。

私は外野席の応援にすぎませんが、一つご理解いただきたくてコメントします。

ビッグイシューの販売者は、「私はホームレスです」と名乗って街頭に立っています。それは勇気のいることです。それでも彼らがやっていられるのは、自分は施しを求めているのではなくて商売をしているのだという誇りがあるからです。

釣り銭を受け取らないとか、金を渡して雑誌を受け取らないとかの行為は、それが善意から行われたものであっても、自尊心のある販売者を傷つけますし、あまり誇り高くない販売者を堕落させてしまいます。

実際問題、釣りを渡そうとしない販売者がいたというクレームがありました...「親切な人」に甘やかされて貰い癖がついてしまったのでしょう。そういうことがないように販売者の行動規範(違反すれば販売者資格の剥奪もある)では、販売中の金品などの無心を禁止しています。

どうか雑誌は定価で購入し、釣りがあれば過不足なく受け取っていただきますようお願いします。つまり「ほかの物売りと同等に扱って」ください。
(後略)

幸いにも筆者はその意をすぐに理解してくれた。(トラックバックをするにはリンクが必須なのだが、私としては過ちを改めたブログを晒すようなことはしたくない。そこで、ちょいと裏技を使わせてもらう...と思ったら削除してるよ! ま、いっかぁ)

その後、ビッグイシュー基金のチーフコーディネーターや元販売者と食事をする機会があったので、私がえらそーに書き込んだ「それでも彼らがやっていられるのは、自分は施しを求めているのではなくて商売をしているのだという誇りがあるからです。」について意見を求めた。

すると後日、元販売者のOさんからメールをいただいた。彼も現役時代にはカンパや差し入れの類を結構申し出られたそうだ(と他人事のように書くけど、私もしました)。その時の心理をこう描写している。

えっ、そうですかあ。 いやあ、困ったなー。 そんなにしてもらわなくても自分で稼ぐんだけどなー。 ビッグイシューを売るのはちゃんとした仕事なんだけどねえ。 しかし、断るのも角がたつしなあ。 気分を害してもう買ってくれないのも困るしなー。 困ったなー。 う〜ん、一回だけ断ってみようかなあ。 しかし、断り方が難しいなー

都内屈指の販売数を誇ったOさんだから、という事情は割り引いても、「私は商売をしているのです」という気持ちで頑張っていたことがうかがわれる。

また具眼の士であるOさんは、差し入れの中に共依存的な要素も見ていた。

差し入れ自体がお客さんの生き甲斐になっている場合があるので、一律に断るのは禁物ですね。 僕は、一生懸命に手間をかけて作ってきた弁当は断れませんでしたね。

つまり、「可哀想なホームレスの人に手を差し伸べる優しい私」というビジョンに酔っているのではないかと正当にも疑った訳。こう聞くと「なんて失礼な」と思う人がいるかもしれないが、「自分にもそういう傾向があったかな」という反省の念が浮かばない人は注意した方がよろしいでしょう。

たとえば善意での援助の申し出を断られた時に不快感を覚えませんでしたか? 援助が不要と言うことは、それほど困っていないと言うことで、本来は喜ぶべきことなのですよ。

もちろん中には遠慮や警戒感から、本当は助けが必要なのに差し伸べられた手を振り払ってしまう人もいるだろう。時と場合によっては救急車を呼ぶなど強制的な介入が必要なことはある。だが、それが繰り返されると、結局その人は自分で判断することができなくなってしまう。その辺りを適切に判断できるようになるには経験の積み重ねか天性が必要だ。

|

« 鍋で祝賀会 | トップページ | 宝くじ »

コメント

内容はなるほど!
ですが、貴方様はなぜ私のブログに入れたの?
私の知り合い?

投稿: | 2011/09/26 22:47

同情では問題の解決にならず、かといって根源へのメスを入れる力もなし、自己のできる範囲で関わりをもとうと思ってきました。
私、機械に不慣れですが、貴方様のブログを訪問しようと思っています。

投稿: アホ | 2011/09/27 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグイシューを買って釣り銭を受け取らないと言う人のブログへコメント:

« 鍋で祝賀会 | トップページ | 宝くじ »