« 持つべきものは優秀で忠実な秘書 | トップページ | 千葉敦子の声 »

2009/12/07

「なにわ」新聞に載る

懇意にしている神田神保町の大衆割烹「なにわ」が毎日新聞の記事になった。

掲載されたことはメールマガジンで知っていたが、どんな記事か分からなかった。店主から、ブログに書いたけれど元記事へリンクしていないので、と依頼が来てURI判明。

ALS、割烹店主の生きがい 自慢の鍋と落語会

この落語会は初回から聴かせていただいている。毎回満員御礼で、この数年間は即日完売のプラチナチケット状態。もう少しキャパがあれば人数を増やして収入も増やせるだろうし、新しいお客さんにも来ていただけるのだが、自分の店でやるところに意義があるし、今となっては新しい客層の開拓よりも今までの客を大切にしたいことだろう。

なんでも記事は大反響。もっとももっぱらママの年齢に驚きの声とか(苦笑)。

動けなくなったら落語会は自宅へネット中継しましょう! 席亭挨拶はベッドの上からでも!なんて大口を叩いたのが一昨年のこと。幸いにも店主はまだ店に出て来られている。

|

« 持つべきものは優秀で忠実な秘書 | トップページ | 千葉敦子の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なにわ」新聞に載る:

« 持つべきものは優秀で忠実な秘書 | トップページ | 千葉敦子の声 »