« ビッグイシュー池田さんに信毎選賞 | トップページ | 「なにわ」新聞に載る »

2009/11/24

持つべきものは優秀で忠実な秘書

少し前になるが、映画「最高の人生の見つけ方」を観た。

いろいろな人がいろいろな感想を述べている訳であるが...私が注目したのはエドワードの秘書。

ビッグイシュー日本版(95号)での紹介では、エドワードは大富豪なのに入院しても見舞いに来るのは秘書だけ(の孤独な男)というニュアンスがあったと思う。ところがこの秘書、「余命半年と宣告されたらどうする?」「秘書に全財産を譲ると遺言します」なんてとぼけたことを言いながら、エドワードとカーターの旅行手はずを万端整える。疎遠になったエドワードの娘の住所もちゃんと把握している。それどころかカーターの死後には、その遺骨を(よくわからないがヒマラヤ級の)高山に持っていく。「荘厳な景色」を見せるために!

「棺桶リスト」(死ぬ前にしておきたいことの一覧)を埋めるにあたってはエドワードの財力がものを言ったのは言うまでもない。しかし、秘書トマスがいなければ完結することはなかっただろう。そしてエドワードの死後に、その指示などうっちゃってしまうこともできたのに、忠実に実行する。

持つべきものは優秀で忠実な秘書である。

|

« ビッグイシュー池田さんに信毎選賞 | トップページ | 「なにわ」新聞に載る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持つべきものは優秀で忠実な秘書:

« ビッグイシュー池田さんに信毎選賞 | トップページ | 「なにわ」新聞に載る »