« 身体を張ったビッグイシュー宣伝 | トップページ | 7月の肝機能値 »

2009/07/12

予約を兼ねて

先日、ビッグイシューを置かせてもらった献血ルームへ、次回の予約に行って来た(電話で済ませても良かったのだが、たまたま近くを通りかかり、予約していなかったことを思い出したので)。

ついでに本棚のどの辺りにあるかをチェック。おお、確かに目立つところに釣瓶師匠の笑顔が。しかし最上段って、目にはついても手にとりにくいんじゃあ...まぁ中央に置いてくださっているのだから最恵扱いなのでしょう。感謝。

ゲリラ的な置き去りの場合、目立つところだと片付けられてしまうし、目立たないところだとそもそも置いた目的を果たせない。やはり正攻法に限る。

次号の表紙も目立つから...あ、20日はもう123号が発売されているよ。2冊持っていったらどうディスプレイしてもらいましょ。121号の処理も考えなくては(他の雑誌と一緒に処分してもらうことになるだろう)。

3回持参したら、了解を取ってメール販売にバトンタッチ(誰にしようかな)、そして次の献血ルーム開拓へ。年内あと10回は提供可能だもんね。

今回は近くに販売者のいない献血ルームに置いた。競合はしないけれど、販売促進にもあまり役に立たない(都心に通勤している人が来るような献血ルームではないようだ)。既存販売者への波及を考えれば、次はやはり販売者の多い新宿か。あそこは雑誌を置くスペースも広かったし。路上の販売者を気にしていた人が現物を手に取って購入する気になったり、先に雑誌を読んで関心を持った人が路上の販売者を見かけて購入してくれたりするかもしれない。そして「かもしれない」を100個積み上げるよりも1つの実行が勝る。

|

« 身体を張ったビッグイシュー宣伝 | トップページ | 7月の肝機能値 »

コメント

まさに身を削る販促活動ですね。

そこで、評価の問題ですが…

いや評価を期待してはいけないのかも。

だけど、ここまでエネルギーを注ぐ源は何なのか。

僕には未知の世界なのか。
手が届かない世界なのか。

(元ビッグイシュー販売員より)

投稿: さすらい風太 | 2009/07/12 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予約を兼ねて:

« 身体を張ったビッグイシュー宣伝 | トップページ | 7月の肝機能値 »