« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/29

ブロガーならずとも知っておきたい著作権の基礎

“不知はこれを罰する(違法だということを知らなくても違法な行為をすれば罪に問われる)”

事実とアイデアに著作権は無いが、表現にはある


著作権法の第二条で「思想又は感情を創作的に表現したもの」と定義されています。思想や感情そのものは対象になりません。「事実」も著作権法の対象外です。

よくある?勘違い

「写真家に私の肖像を撮ってもらいました。私が写っている写真だから、私が自由にできる。」

一般的には、たとえば「私」が撮影条件をいろいろ指示して写真家は「シャッターを押すだけ」という場合とかあらかじめ著作権をどうするかを決めていた場合とかを除けば、写真の著作権は撮影者にあります。

自分が写っているからといって、他人の著作物を勝手に複製したり改変したり自分の作品のように発表したりすることはできません。

自分用にコピーするのは自由ですが


著作権法は、個人が自分であるいは家族と楽しむための複製(コピー)を認めています。だからこそたとえば放送を自由に録音・録画できるわけです。

これは法律では「著作権の制限」という項目にまとめられています。制限、つまり「本来は権利があるんだけど」という例外規定ですから厳格です。自分用の複製であれば「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用」「その使用する者が複製」という条件があります(さらにコピープロテクトの解除などは違法だという例外の例外規定も)

家庭内ならOKといいますが、親族100人に配るのはどうかなんて問題(100人がダメなら50人は?25人は?とゼノンのパラドックスに)は、あとで説明する「告訴がなければ起訴できない」が解決します。「100人も親族が集まるなんておめでたいことだ」と喜んでくれる人もいれば、「会ったこともない遠縁までいるのはおかしい(告訴されたくなければ正当な使用料を払え)」という人がいてもおかしくない。

なお、個人用に複製したものでも、そのあとで「目的外使用」をすれば、普通の複製(つまり許可が必要だし無許可でするのは10年以下の懲役となる犯罪)となります。法律の条文には「複製物によつて当該著作物を公衆に提示」とありますから見せるだけでもダメ

営利/非営利は関係ない


「それで儲けてはいないからセーフ」と考える人がいます。著作権法で営利かそうでないかを考慮するのは特別な場合で、無断コピー(複製権侵害)は非営利であっても違法です。

納得できない人はこう考えてください。あなたが無料でコピーを公開しているために、本来は売れるはずのものが購入されず、著作権者の利益を害している、と。今は販売されていなくても、これから販売する計画があるかもしれません。

もっともこれは、金に換算しないと理解できない悲しい人のための比喩です。

守らなければいけない権利は著作権以外にもあります


法律が保護するのは著作権だけではありません。著作権法的には合法でも他の法律に引っかかる場合があるから注意しましょう。また刑事罰はなくても不法行為として差し止めや損害賠償の対象となることがあります。たとえば写真の著作権は撮影者にありますから、自分で撮った写真ならば著作権問題はクリアしています。しかし芸能人にはパブリシティ権というものがあるので、その写真を了解なくブログに載せることが不法行為となる場合があります。

冒頭に挙げた写真の例では一般人である「私」にも肖像権があります。したがって著作権者(写真家)もその写真をどんな風にでも自由に使える訳ではありません。撮影申込書に小さな字で何か書いてあるかもしれませんが、それでも「私」の名誉感情を害するような使い方は差し止め・賠償の対象となります。

「みんなもやってる」は子どもの屁理屈


いい大人が、いたずらを叱られた子どもみたいな言い訳をしないでほしいものです。

公道での自動車の運転だと、制限速度を愚直に守ることが渋滞や事故の原因となることがあります。しかし著作権法を遵守しても誰にも迷惑をかけません。

厳密にいえば、許諾請求を処理する事務能力がない人に大量の請求が届くと面倒くさくなって「全部拒否」となってしまう危険も、理論的には考えられますが。

あなたは「みんながやっている」ことならば、犯罪にも手を染める人間ですか? 著作権の侵害に窃盗罪よりも重たい刑が科せられるのをどう理解しますか?(もちろん被害の高額化が直接の理由でしょうが、無断複製は少なくともドロボーと同じ、場合によってはもっと悪い、というのが現代の考え方といえるでしょう。)

それに、本当に「みんな」がやっていることですか?

著作権法違反の起訴には告訴が必要ですが


著作権法違反を起訴するためには告訴、つまり被害者(著作権者)が検察に「犯人を処罰してくれ」と申し出ることが必要になっています(告訴を必要としない場合もある)。

これを「著作権者にばれなければ大丈夫」「軽微な侵害ならば問題にならない」などと解釈する人もいるようですけれど、そういうのを反社会的と言います。

たとえば強姦罪(単純強姦)も、起訴するには告訴を必要としますが、だからといって「無理矢理しても、金を渡すとかして半年間おとなしくさせておけばOK」と考えるのはまともな人間でないのと同じこと。「愛しているから許される」「結婚するつもりだから問題ない」なんてのも勝手な理屈に過ぎません。相手が怒ったら3年以上の懲役を覚悟しましょう。

守られるのはあなた


今までは「他人の権利」について説明してきました。しかし他人の権利をないがしろにする風潮が広まれば、その害はいずれあなたにも及んで来るかもしれません。他人の権利を尊重することは「あなたの権利」にとっても大切なのです。

また裁判に持ち込まれても勝つけれど、「それをやっちゃあおしまい」ということもあります。特に社会的な声望のある方は、その行為が恥ずかしくないかよく考えてください。自分の利益のためならグレーゾーンでも果敢に突入というのは、一つの個性ではありますが、失うものも大きいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/21

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)に予約

ニュースでDialog in the Dark TOKYOの開始を知った。4月27日までの予約状況を調べると、ほぼ満席だが、いくらか空きもあった(昼の時点で)のでただちに予約。28日の土曜日。

http://www.dialoginthedark.com/

日本における過去の参加者は約30,000人。25,000人が回答したアンケートによると98%が「また参加したい」、99%が「人にも紹介したい」という人気。

以前に新聞記事で紹介されているのを読んで興味を持っていた上に、昨年FITチャリティ・ランで資料をもらって感度が高まっていたのだろう。6000円という金額にもかかわらず「ポチっとな」(金額は3ランクあったけど、あれはなんなのだろう?)。

28日はオーバーブッキングの予感はしたが、予定表は空白だったので、とりあえず押さえた。あとになって、ビッグイシューの売り場開拓が予定されていることを思い出したが、幸いなことに時刻がズレていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/03/19

メール便でビッグイシューが届いた

雑誌「ビッグイシュー」をメールで注文して届けてもらうことが可能になった。

私自身は販売場所に行くことが可能なので、わざわざ送料を負担して時間もかかるこの「メール販売」を利用するメリットはないけれど、身近に販売場所のない人にとっては、手軽に雑誌を入手する、おそらく唯一の手段になる。

また、代金をこちらで負担して、雑誌を贈ることも容易になった。

ところが2月に始まってすぐに注文したところ、残念ながらとても人様に贈れるような状態では届かなかった。そこでかなり強硬に、険悪な雰囲気になるのもいとわずに改善を申し入れたところ、対応してもらえた。その確認のために送ってもらったのが写真の封筒。

宛名はコンピュータ出力されたラベル

2月中に利用した人なら分かるように、劇的に良くなっている。新旧比較をしたいところだが、改悛して行いを改めた者の旧悪を暴いて嘲笑するのは止めておこう。とにかくとても良くなっている。これなら安心して人に見本として送って購読を勧められる。

手始めに校長をしている旧師に送って図書館年間購読をお願いしてみる。また関心を示しそうな知人数名にも贈って見よう。

今回はTOKYO FMに出演した小西さんの売り上げにしたけれど、ほかの販売者にも注文は回しますからご安心を。ただ、メール販売の売り上げを伸ばすぞ!と意気込んでいる人を優先したい(意気込みを客観的に比較するのは無理だけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/03/13

ボランティア考(序)

わたしはボランティアだと思われている。

実際、いくつかの団体に登録もされている(はず)。

しかし、実のところボランティアなるものには違和感を覚えている。尊敬すべきボランティアがいることは認めたうえで、乱暴にくくればやはり胡散臭い存在、だと思う。

その感覚をあるブログのコメント欄でこう書いた。

ぼくはボランティアなんてやりたくなかった。本当は...樵になりたかったんだ!

しかし、あまり理解されなかったようなので、まずその解説から。

この「樵になりたかった」はモンティパイソンのスケッチ「The Lumberjack Song」に由来する。初登場はM.ペイリン演じる理容師が「床屋になんかなりたくなかった。本当は樵になりたかった。」(Homicidal Barber)。これが大当たりだったらしく、その後いろいろなバージョンが作られた。Youtubeには正式なモンティ・パイソンチャンネルがあるけれど、今のところE.アイドルのステージ版しか公開されていない。しかも英語のみ。そこでちょこちょこと探したところ、解説したページが見つかったので、話が見えない人はそちらを読んでほしい。あとwikipediaにも一項目が割かれている。

ドイツ語版でも採用されている(吹き替えではなくオリジナルのドイツ語版)。「私の主張」というTV番組に出演したシュルツさん(ペイリン)は、シェイクスピアの作品は実は自分が書いたと主張して司会(J.クリーズ)にやり込められてしまう。収録が終わってセットが片付けられている時に再び現れて、話を蒸し返そうとするが、「帰ってくれ」と冷たくあしらわれる。そこで憤然として「僕はこんな番組に出たくはなかった」。「なんだって?」と巨漢クリーズが聞き返し、どうなるかとハラハラしていると「本当は...」。

なお、larchと聞いて笑ってしまった人は、もっと友人と付き合った方が良いと思う。

閑話休題。(現代日本の)ボランティアイメージに対する違和感は2種類。一つは「親切の押し売り(無償だから「押しつけ」か)。もう一つは「主体性放棄」。実際にそういう手合いと遭遇して不快だったというよりは、想像や伝聞が多いので、「私をそんな風に見ていたのか」と慌てないでいただきたい>周囲の人たち  (自己分析もかなり混じっているし

親切の押しつけとは、初めにボランティアである自分があって、そのために対象を漁るケース。能動的なだけ次の「没主体」よりは役に立つことが多いけれど、あくまで自分本位。

一方の「没主体」は、別名「自分探し」。言われたことをこなすだけで、「人の役に立っている自分」に酔いしれる。

どちらも自分の都合で来て、自分の都合で去っていく。また有名なところに集まり、身近にある、本当に支援が必要なところには足を向けない傾向があるようだ。

もう一つ、重要な特徴は「してやる」という態度。巧妙に擬装されているので見破りにくいが、被援助側から拒絶された時に馬脚を現しやすい。

ボランティアとは元来「志願兵」だ。国民兵(徴兵)とも傭兵とも違う。災害・動乱初期のように指揮系統が混乱している時には、自分で考えて行動するボランティアは貴重だ。極端な例をあげると、突然の侵略を受けた場合に民間人が武器を持って抵抗することは、一定の条件のもと、義勇兵(volunteer army)の一種である群民兵として国際法上も認められている。しかし正規軍(政府)が動きだすと立場は微妙になる。その指揮下に入るのが一番真っ当な選択肢であろうが、それが唯一の途とは思わない。災害時を思い出してほしいが、フットワークの軽いボランティアは腰の重い官僚機構による救援を補完する。

理想的なボランティは、自分のできること、なすべきこと、相手に必要なことを理解していて、自発的にそれを提供する。ただし、これを束ねるのは骨が折れるだろう。そもそも「一本の名刀は、同じ値段の百本の槍に勝てない」(朝倉家家訓)。つまり指示がなくても適切に働く一人の有能なボランティアよりも、言われた通りのことならこなせる百人のぼんくらの方が役に立つ(今度からこういうのをボンクランティアと呼ぼうか)。適切な指示を出せるならば。

実際のボランティアは傭兵型の方がうまくいくのではないだろうか。うまく定義はできないけれど。

(「序」と銘打ったものの、続きの掲載は未定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/02

ビッグイシュー日本版のメール販売

雑誌「ビッグイシュー日本版」は、これまでは路上の販売者からしか買えなかったが、2009年の2月から、電子メールで注文すると宅配されるというシステムが動き出した。

端的にまとめると


  1. 販売者を指名して、注文メールを送る
  2. 入金額が連絡されるので指定口座に振り込む
  3. 発送報告メールが届く
  4. 雑誌が指定場所に届く

実際には、販売者のところに送付先情報が集積しないように、少々複雑な仕組みになっているが、要するに「販売者の××さんからこの号を買いたい」とメールを送って料金を振り込むと宅配便で届けられるという仕組み。今まで購入の機会が事実上無かった未販売地域居住の人も購入できるようになる。

ここに開始に当たってメール販売の案内用に勝手に書いて提出したけれど採用されなかった原稿がある。

ビッグイシュー基金では、ホームレス状態にある方の就業応援のため様々なプロジェクトを推進しています。 今回、日本電気株式会社(NEC)様の協力により、ICTの中心と言える電子メール利用を生活の中で身につけるため、メールでお客様からの注文を受けて雑誌を発送する「メール販売」に取り組みました。4か月間にわたる研修を受けた精鋭6人の販売者が2009年2月から開始します。

「メール販売」は、指名注文を受けた販売者が宅配便で雑誌をお送りするもので、銀行振込された代金のうち160円が販売者に渡ります(300円の号1冊あたり)。日常的にメールをチェックする習慣が身に付き、発送報告という能動的なメール利用ができるようになるだけでなく、従来しばしば指摘を受けてきた販売者とお客様との「すれ違い」解消の一助となることを期待しています。

PCはおろか住む家さえ持たない販売者にどうやってインターネットへのアクセスを保障するか、顧客個人情報はどう扱うか、代金の受け渡しをどうするか...多くの課題を前に手探りで始めたテストケースです。そのため鳴り物入りでの発表は控えました。しかし今回の取り組みが成功すれば、さらに多くのメール販売者が生まれ、さらには販売地域外の方にも雑誌をお届けする途が拓けます。

IT研修修了生の中には、PCは初めてというチャレンジャーもいました。拒否反応を示しても不思議でなかった販売者にとって、メールで注文が届くことはとても励みになります。そして路上での販売と同じように、どうすればより多くの注文をいただけるようになるかなど、それぞれに工夫を重ね始めることでしょう。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

メール販売では、円滑な運営と個人情報を含むプライバシー保護のため、お客様と販売者との直接のやり取りはしません。先に送付先を登録していただいてIDナンバーを発行し、注文はIDナンバーを介して処理します。(後略)


なぜこれが採用されなかったのか。詳しいことは私には分からない。しかし研修が終わり、販売を始めた以上は、それを成功させることが至上命令。成功とは売り上げが伸びて路上生活から脱出すること、それを見た他の販売者たちが「自分もメール販売をやりたい」と言い出して電子メールの使い方を身につけようとすること。

本家は大人の事情があるらしくほとんど宣伝をしていない(まぁ、NPOが営利企業の出す雑誌の販売を大々的に宣伝するのは憚られるのかもしれないが、それにしても注文専用アドレスまで削除してしまうとは...)ので、まずは存在を知ってもらい、使ってもらうことを目的に、ここで勝手に解説する。

購入者にとってのメリット



  • いつでも、どこからでも確実に買える
  • 振込・宅配なのでまとめ買いできる
  • 販売者に対して匿名で購入できる
  • 販売者にエールを送れる
  • プレゼントに使える (←想定していない使い方だと渋られた)

ビッグイシュー販売の最大の欠陥は、販売者と出会えなければ購入できないこと。普通の出版物であれば版元に注文すれば手に入る。ところがビッグイシューの場合は通販に「バックナンバー5冊以上」という制限があり、さらに最新号は路上の販売者からでないと入手できない。津津浦浦に販売者を立たせているなら「路上の販売者から買って」というのも分かる。しかし現在12都道府県でしか売っていないのだ。おまけに販売場所に行ったからといって必ず購入できる訳ではない。その弊害はさんざん進言してきたつもりだが、馬の耳に小便(?)。あまり言いたくはないので小さい字で書くがとても商売をする気があるとは思えない。読者より販売者を優先するのは商業誌として邪道。それが解消される。

ビッグイシューを最近知った人ならばバックナンバーもまとめて買いたいと思うかもしれない。しかし路上販売では在庫が無い場合もあるし、10冊20冊を持ち帰るとなると体積や重量も侮れない。生活圏で販売者と会える場合でさえこうである。出張などで「たまたま」販売者に出会えても、後ろ髪を引かれる思いで1冊だけというケースは多いと思う。多少時間がかかるとはいえ、家まで届けてもらえるなら気楽に注文できる。

また意外と多いのが「敷居が高くて買えない」という声。すでに購入している人は忘れてしまったかもしれないが、思い出してほしい。自分が最初にビッグイシューを買ったときのことを。私は購入する前に3度は横目で見ながら通り過ぎた。2ちゃんねるにはこんな弱気の書き込みがある(下線は引用者による)。


248 :匿名希望さん:04/03/17 13:09
高田馬場のロータリーで見かけた。
一生懸命そうだった。
けど、近づきがたかった。

319 :匿名希望さん:04/08/31 08:20
かなり前の、話ですが、銀座のど真ん中で、売っているのを見ました!ですが、近寄りがたかったので、買いませんでした。

344 :匿名希望さん:05/01/02 01:22:51
最新号中野で買いました。ブルーナさん好きだし興味あったので思い切って購入!

407 :匿名希望さん:2007/01/25(木) 16:57:35
読んでみたいが買いづらい

408 :匿名希望さん:2007/01/31(水) 19:09:32
200円出して「ください」って言えば良いんだよ。

410 :匿名希望さん:2007/02/18(日) 20:02:11
目黒駅で売ってるおじさんが頑張ってるので買いたいが、
勇気がない・・・。

あの頑張ってる姿を見ると涙がでそうになる(´Д⊂

411 :匿名希望さん:2007/02/18(日) 23:50:36
なんで勇気がいるの?
前の人が言っているみたいに
ください というだけなのに

478 :匿名希望さん:2009/01/03(土) 20:03:55
ホームレスの人にこえかける勇気がなくて買うことができません・・
英語版は売ってないんですか?青学とかに売れば?

479 :匿名希望さん:2009/01/03(土) 21:00:34
>>478
なんてことないよ
気さくにありがとうございます!って応答してくれるよ
ちゃんとしてる人じゃないと販売できないから
安心して買ってあげてください

480 :匿名希望さん:2009/01/05(月) 23:05:17
買って「あげる」ではなく
「買う」んだよ
それだけの値打ちはあるよ
東洋経済とまではいかなくても
下手な週刊誌よりはずっといい


メール販売であれば、顔を合わすことなく購入できる。イニシエーションをしてまで読みたい人ばかりではないのだ。ちなみに販売者は送り先を知らないシステム。なお、建前上は販売者からメール販売の案内付き名刺をもらってから始まることになっているが、別に見ず知らずの販売者からでも購入できる(指名は必須)。

注文時に販売者へのメッセージを付けることができる。販売者にその気があれば、発送報告と一緒に返事がもらえる。

購入者にとってのデメリット



  • 直接買うのに比べると高い(送料・振込手数料)
  • 事前に氏名・送付先を登録する必要がある(但し、その情報に販売者はアクセスできない)
  • 注文してから届くまで時間がかかる
  • 販売者の顔を見たり話したりできない

販売者から対面で買うことが可能な人はそうすれば良い。別にメール販売に全面移行して路上は止めます、という話ではない。今の販売方法では「なかなか」あるいは「絶望的に」買うのが難しい人のためのシステムなのだから。

もちろん改良の余地はある。使ってみての感想を積極的にビッグイシュー基金なりビッグイシュー日本へとフィードバックしていただきたい。IT研修という視点からの提案は基金へ、購読システムという視点からの提案は会社へ。

販売者にとってのメリット



  • 機会損失がなくなる
  • 販売エリアが日本全域になる
  • 客が時間分散するので、対面販売よりも応対できる客数上限が増える
  • 仕入れ費用が必要ないのでキャッシュフロー改善(路上で100冊も注文されたらキャッシュで14,000円用意しなければならない)
  • 発送報告をかねて近況を報告することができる

    • 自分の人となりを知ってもらえ、固定客へとつながる可能性も
    • 吃音などの障害があってもカバーされる

  • ブログなどと連動して拡販できる

なお、現状ではダイレクトメールの送付は制限している(法改正でオプトアウトメールは禁止となった)。

私的な構想では、ウェブ上に販売者ページを作り、購入を希望する人は販売者の一覧の中から自己紹介や推薦文を頼りに応援したい人を選んでフォームで注文できるようにする。自分がどんな人間か、どんな希望を持っているかをまとめることは非常に有意義。

販売者にとってのデメリット


...なんかある? メールでの注文が多くなれば路上に立つ時間を減らすだろうし、「今日は寒いから」「暑いから」「風が強いから」「カラスが鳴いたから」と立たない理由も増えるだろう。それは堕落と呼べないこともないが、販売者は苦行僧ではない。特に若い販売者はビッグイシュー販売を一生の仕事にしてもらっては困る訳で、多く稼ぐとともに仕事探しをする時間を作ってもらいたい。応援する方だっていつまでも付き合う気はない。

続きを読む "ビッグイシュー日本版のメール販売"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »