« 鶏を裂くのに牛刀 | トップページ | 2006,2007年の年賀状が見つからない »

2008/12/19

燃えると焼ける

両者で「燃焼」を構成するけれど、意味は異なる。

「肉を焼く」とは言うが「肉を燃やす」とは普通言わない(焼き肉バイキングでの証拠隠滅を除く)。

「石油が燃える」とは言うが「石油を焼く」とは言わない。

「炭を燃やす」と「炭を焼く」では意味が違う。

「家を焼く」と「家を燃やす」はかなり近いが、微妙に違う。

「燃える心」と「焼ける思い」は相当異なる。

「燃える」はそのものの酸化現象だが、「焼ける」は単なる加熱でもよく、必ずしも酸化を伴わなくても構わない。これは物理化学の話。

さて、いま私は心の温度上昇を感じているが、これは燃えているのか焼かれているのか。

|

« 鶏を裂くのに牛刀 | トップページ | 2006,2007年の年賀状が見つからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃えると焼ける:

« 鶏を裂くのに牛刀 | トップページ | 2006,2007年の年賀状が見つからない »