« 朝焼け | トップページ | ポランティア (^^) »

2008/11/19

午前8時の太陽

勢いのあることの比喩として「午前x時の太陽のように」と打とうとして指が止まった。何時だったっけ? 10時か?8時か?

出所は毛沢東語録である。「世界はきみたちのものであり、また、われわれのものでもある。しかし、結局はきみたちのものである。きみたち青年は、」に続く部分。

木村恒久が雑誌『終末から』にグリコのマークをコラージュして引用していたのを覚えている。だが時刻は思い出せない。8時か10時。

ググってみると7,8,9,10と諸説見つかる。いい加減なものだ。

イメージとしては上に向かってグングンと昇っている様子だから、10時はさすがに遅いだろう。

そう思って悶々としていたところ、Skypeに60年代学生運動の経験がある恩師がログインしているのを見つけた。さっそくチャットで呼び出して質問。

ところが自信満々「それは午前零時」と珍説を披露なさる。センセ、白夜でもない限り午前零時に太陽は見えません。そう遠回しに注意しても「すべてこれからという比喩です」と譲らない。

だけど午前零時は午後十二時。文化庁も前日に属すると言ってますぞ(知財高裁で否定されたけど)。:-p

念のためググってみたが、午前零時説は見つからない。見つかるのは7,8,9,10時ばかり。

ああ、師匠老いたり。悲しみを抑え、失礼のないよう注意しながら「どうもありがとうございました。こちらの原稿には「午前8時の太陽のようだ」と書いておきます」と送信すると「自然科学者の頭の固さに驚きです」と。

最終的には「毛沢東語録」を見つけて確認することになるが(どなたかお手元にありませんか?)、どうやら「午前8時、9時」が正しいらしい

毛沢東語録

|

« 朝焼け | トップページ | ポランティア (^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 午前8時の太陽:

« 朝焼け | トップページ | ポランティア (^^) »