« 自分の腸を見る | トップページ | 思い込みの悲喜劇 »

2008/10/10

六君子湯

数日前、みぞおちが激しく痛み嘔吐もしたので医者に診てもらい、今日は内視鏡検査をしてきた。

081010intestines

その結果、見た範囲では病変はない。ポリープや潰瘍はおろか、治癒痕さえなかった模様。父が悪性の胃がん(スキルス)だったので心配していたが、これで一安心(もっともスキルス胃がんは内視鏡でも見つけにくいというから...実際、父も術前に内視鏡検査を受けていたにもかかわらず、開腹するまで末期がんとは医者も気づいていなかった)。

となると、やはりアレが原因ですな。器質的な異常がまだないなら精神力で乗り切れるかな? いや、精神力が低下したから症状が出たのだとすると別の手だてが必要か。しかし水虫を根治するのに脚を切断するようなやり過ぎはしたくないなぁ。がんで死にたくないからと首を吊るのもご乱心。禅寺にでも籠るか...(^^;

医師からは改めてお守り代わりのオメプラール錠と、胃の不定愁訴に有効と言う六君子湯エキスを処方してもらった。

|

« 自分の腸を見る | トップページ | 思い込みの悲喜劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六君子湯:

« 自分の腸を見る | トップページ | 思い込みの悲喜劇 »