« 鍋、鍋... | トップページ | 血を吸うのかと思いきや »

2008/10/21

香川照之演じる

先日、映画「憑神」を見た(途中から)。侠気があるようでいて頼りない蕎麦屋の親父が気になったので調べてみると、演じているのは香川照之。

出演作を見ていくとNHK大河ドラマ「功名が辻」に望月六平太役でと。ああ、思い出した。たまにしか見なかったのでよく分からないが、六平太は忍びの者で、なぜか局面局面で千代に重要な情報をもたらし、土佐ではいつの間にか家臣に混じり、最後は種崎浜での一領具足鎮圧を果たしてから自害した男。派手な演技はなかったが妙に存在感があり、心惹かれるのだ。なぜだろう。

だいたい千代との関係が分からない。

|

« 鍋、鍋... | トップページ | 血を吸うのかと思いきや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香川照之演じる:

« 鍋、鍋... | トップページ | 血を吸うのかと思いきや »