« 不屈のナツメヤシ | トップページ | また、内臓がいっぱい »

2008/09/18

NEC本社ビル

日本電気の本社に行ってきた(採用面接ではない)。

あのビルはとても特徴があることを知っている人も多いだろう。本体の中央に風穴が空いている(数日前に検索した時は分かりやすい画像があったのだが、なぜか見つからなくなっている)。

ちなみに同行した某氏、いつも三田の駅から通っていたので風穴の存在をご存じなかった。彼の印象では「ロケット型のビル」。

それはさておき、初めて中に入って驚いた。エントランスホールは12階までの吹き抜け(アトリウム)。天井はガラス張りで、風穴から射し込む光がホールに届くようになっている。東京国際フォーラムも空間の使い方がもったいなく思えるけれど、ここはそれ以上。ああ、大森ベルポートもこんなアトリウムがあったっけ。

そういえば建物をロの字型につくり、外壁には窓をもうけない家がある。採光は内側の縦穴から。こうすると直射日光は部屋の奥まで射し込まない、外の騒音は遮断される、覗き見られる心配もないというなかなか快適な住居になる。防犯にもなるし、隣家からのもらい火も起きにくい(外側を耐火材にしておけば)。もっとも内部から出火した暁には消火活動は困難を極めるけど。

|

« 不屈のナツメヤシ | トップページ | また、内臓がいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEC本社ビル:

« 不屈のナツメヤシ | トップページ | また、内臓がいっぱい »