« 箱根山 | トップページ | ワルシャワ労働歌 »

2008/02/11

ナンはどうやって食べる?

口で食べる、というのは却下。

ナン(naan)はインドなどのパン。竃の内側に貼付けて焼き、独特の形をしている。

カレー屋やインド料理屋でお目にかかり、気に入っている。最後に皿を拭うのにも使えるし(米飯だとそうはいかない)。

しかし食べるたびに思うのだ。焼きたては熱いし(冷めたら味が落ちる)、かなり頑丈で容易にはむしれない。どうやって食べたものか。

しかもインドでは左手は使わないというではないか。両手でさえ裂くのに四苦八苦している者としては信じられない。さがすと「右手の人差し指でナンを固定して、親指を手前に引いて、ナンを小さく裂く」とか「人差し指以外の指でナンをつまみ、人差し指を伸ばしてそれをつっかえ棒にして、つまんだナンを手前に引くようにして」とかあるが、よくわからない。

どこかに動画で解説はないだろうか。

(ナンは縦には裂きやすいことを発見したが、インドでの食べ方には関係しないようだ。)

|

« 箱根山 | トップページ | ワルシャワ労働歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンはどうやって食べる?:

« 箱根山 | トップページ | ワルシャワ労働歌 »