« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/27

釣り過ぎ、遙洋子

マイミクの日記からリンクを辿っていて遙洋子のコラムに行き着いた。要旨は、東京人は互いに無関心すぎないかというもので、まぁ妥当なのだけれど、導入部がいけない。

まず、タクシーばかりを使っていたという浮世離れした経済感覚の披露。続いて東京駅での乗り換え話で「私は自信を持って「京葉線」にたどり着き「海浜幕張方面」と書かれたホームに降りた。」とあり、これで続きが見える。案の定、武蔵野線に乗ってしまい、と言うほとんど古典の展開だが、(誤乗に気づいている筈の周囲に)「見殺しされたような」とか車掌に訴えたとか書くものだから、そこに限定した批判コメントが殺到。数えた訳ではないが、半分近くはそうだったのではないだろうか。

批判する方もちょっと「木を見て森を見ず」という気がしなくもないが、
・所要時間30分と知っていながら1時間以上乗り続けた
・東京駅で声をかけた乗客が「わからない」と答えたのに、それ以上追究せず漫然と乗車した
・電車の行き先は番線ではなく車両の行き先表示で確認するもの
・ホームにも電光行き先表示板があるのにそれを見ていない
・車内(各ドアの上)にも行き先表示があったのではないか
・途中、車内アナウンスがあった筈
・松戸とか越谷とか浦和あたりで変だと気づかないか?
などなどからして、話を大袈裟にしているのでなければ、度を過ぎたうっかりの告白にしか思えない。粗忽者は頭をかいていれば許されるが、醜悪な開き直りをしたら袋だたきと相場が決まっている。

だから、やはり脚色だとは思う。でもやりすぎ。

繰り返すけれど、本旨(「“無関心”と“保身”は私たちの人間関係や社会に蔓延」しているが、「変だと思えば「変だ!」と騒ぐ」べきだ)は、その通りだと思う。にもかかわらず、枝葉末節への文句を押さえられないのは性(さが)だろうか。罪滅ぼしを兼ねてリンクしておく(なお、会員登録しないと続きが読めないのは日経の方針のせいなので御容赦)。

続きを読む "釣り過ぎ、遙洋子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山元大輔!?

26日はビッグイシュー基金発足&東京販売4周年記念パーティーに行って来た

あらかじめ申し込んであったので受付で名乗り、名札を受け取ろうとしたら...ない。係の人が一所懸命探すの見ていると、プレートの入った箱の中に覚えのある名前が。

山元大輔

え、あの山元さんもいらっしゃる!? お会いできれば2年ぶり。ビッグイシュー基金は理事に米本昌平さんがいるので、そのつながりだろうか、などと考えていたら「すみません、見つからないので自作自演してください」とペンを渡された。ゴシック体で印刷されたのと手書きとでは差があるなぁと思いつつも、あえて会員種別のわからない青いバッジを付けて来たのだから同じこと、と素直に下手な字で名前を書く。

ビッグイシュー市民応援会員バッジ

しかしパーティーが始まっても姿が見えないので、受付にいた池田さんに聞いたところ、同姓同名の別人と判明(デザイナーの方だとか)。残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグイシューのパーティーにて

26日はビッグイシュー基金発足&東京販売4周年記念パーティーに行って来た。

見知った顔はほとんどが忙しそうに立ち働いているので話しかけるのが憚られる。とりあえず水越編集長、それとメールをやりとりした大阪事務所のスタッフにご挨拶。それから顔見知りの販売員と立ち話をしたら手持ち無沙汰に。ああ、Oさんはどうして来ないのだろう。

今回の目玉の一つ、枝元さんの料理は見る見るうちに食べられていく。補充もされているようだがとても追いつかない。参戦する意欲をなくして飲み物中心に。ビッグイシュー特製サングリアって、どこが特製だったのだろう(酔いが回っていた)。

パーティーのドリンクメニュー。ビッグイシュー特製サングリアとある。


やはりパーティーも主催する方が楽しい。忙しいけれど。

「100%失敗する」と専門家に“保証された”事業を軌道に乗せた佐野代表は、会場を隈なく歩き回って挨拶している。あのマメさも見習わなくては。

参加者が胸に付けている名札を眺めていると、覚えのある名前が。そう、一昨年に池袋のジュンク堂がビッグイシューフェアを開いた時に購入した『ホームレス入門—上野の森の紳士録』の著者ではないだろうか。会場では書名を正確に思い出せなかったのでしばらくためらったが、思い切って声をかけてみるとその通り、風樹茂さんでした。ビッグイシューとは別の、ホームレスができる起業を企画中とか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/01/13

昨日は嫌煙オフ

mixiに複数あるタバコ嫌いコミュの一つで開かれた新年会(オフラインミーティング)に出てきた。当初そう乗り気でもなかったのだが、忘年会から新年会に切り替えた辺りから失速気味で、過去に経験した流会パターンに似てきたためテコ入れ発言をした責任で。

ところが始めてみるとえらく盛り上がって、気がつけば23時過ぎ。いやぁ、楽しく酔った。

そして、煙に曝されなかったのがまた快適(ひどい場合は下着まで煙臭くなるから)。

会場となったのは禁煙スタイルで紹介されている天狗

ビル自体が全館禁煙。ただ、店に入った時に「おたばこは?」と聞かれたのが謎(別の階では吸えるらしい)。

路上の私製灰皿を指弾する参加者の指と傘

ところで豊島区は全区歩きタバコ禁止なのだが、店の入り口そばの路上鉄柱に清涼飲料の缶が括り付けられていて、ご丁寧に「灰皿」とまで貼ってある。鉄柱の所有者は確認しなかったが、豊島区に通報したら対処してくれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

新しくなっていた「なにわ」の戸

丸ビルまで来たついでに、足を延ばして神保町の大衆割烹なにわを訪ねた。

以前の勤務先が懇意にしていた店で、ウェブサイトの作成やブログの開設をお手伝いした縁がある。5日は開店記念日でもあるので新年のご挨拶に伺った。
新しくなっていた店の戸

地階への階段を下りて、あれ? 戸が新しくなっている。

ご無沙汰がバレてしまったなぁと思いながら開けると、なんと一番乗り。お酒をいただきながら主人と話していると、次の客が入ってくるなり「扉かえた?」。新調したのは暮れだそうで、なら知らなくても問題ないか。

さて原油高は魚の価格に影響しているうえに、神保町界隈はあまり景気がよろしくないということなので、ブログを使ってお得意様をつなぎ止め、できれば増やす方法を考えようということに。

最近読んだ「若者言葉に耳をすませば」によれば、若者も「大人の言葉」が気になっているらしい。フォーマルな場でフォーマルな言葉遣いができなければ恥をかくのは自分。

料理も同じではないか。なにも作法教室のように格式張らずとも、「粋な食べ方を教えてくれる店」というのはどうだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マンモスとご対面

上野まで出たついでに丸ビルで公開中の冷凍マンモス、「リューバ」を見て来た。

ニュースにも出ていたので、もし長蛇の列なら止めようと思って行くと、案に相違して行列などできていない。しかし、ただマンモス一体を拝むだけのために800円も払うのは躊躇われ、いったん離れて作戦立て直し。

結局、「好奇心のためにはあまりケチらない方が良い」と「見なければ想像でしか文句は言えないが、見れば事実に基づいて論難できる」と理論武装して会場に戻る。その時にはなぜか行列ができかけていた。

主催は読売新聞と東京慈恵会医科大学それに科学技術館。なぜ慈恵医大が?と思ったら、なんとこの冷凍マンモスの全身CTを撮影したと言う(そのために日本へ運ばれたらしい)。CGで再構成されたマンモス像も上映されていた。

同じ読売新聞関与でも得体の知れない「人体の不思議展」よりは安心してみられる。:-p

なお、“撮影禁止・止まってはいけません”でした。

リューバ本体は丸ビルで2月3日まで展示されているが、詳細な学術展示は北の丸にある科学技術館でベビーマンモス「リューバ」展 として行われる。こちらも2月3日まで。つまりご本尊は丸ビルでしか見られない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ムンクグッズ

ムンク展に行くとミュージアムショップで関連グッズが売られていた。以前、別の会場で「叫びTシャツ」などを見たことはあったが、今回は「マドンナ」と「不安」それに「死と少女」がTシャツになっていた。正直なところ「いつ・どこで着るんだ?」

ちなみに本家では叫びポンチョなんてのも売っている。

いろいろ売られていた中からDVD(しまった、ネットで安く買えた)と、「限定」に惑わされてチョコレートを購入。

しかし、なんでクレジットカードが使えないのだ(チケットは買えるのに)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大入りムンク展

国立西洋美術館で6日まで開かれているムンク展に行ってきた。ちなみに7日から3月3日(月)までの期間は、新館設備改修工事に伴う館内整備のため全館休館とのこと。

間際なのでためらいもあったが、「叫び」の背景のような3日の夕焼けを見て行くことに決めた。
ムンクの絵画「叫び」を連想させる夕焼け

最終日はいくら何でも混むだろうと予想して、前日午前中の入館を予定したものの、諸般の事情で上野駅に着いた時にはすでに12時を回っていた。長時間の逍遙に備えて先に腹ごしらえをしようと向かったカフェ「すいれん」の前には席が空くのを待つ人の列。気圧されてそのまま展示会場へと進んでしまった。

〈生命のフリーズ〉は、全体として生命のありさまを示すような一連の装飾的な絵画として考えられたものである。

───エドヴァルド・ムンク「生命のフリーズ」より

今回の展示は「装飾」という観点から、一連の作品をセットで見ようと言うもので、最初の部屋ではアトリエでムンク自身がした配列が再現されていた。残念ながら人垣で一望することはかなわなかったが。

My first Munch、つまり最初に見たムンクの絵である「別離」のオリジナルを見ることができたのも大きな収穫。

原画を近くで見ると、絵の具の盛り上がりなどいろいろ気づくことがある。気になったのは絵の傷み。おそらく元はなかったであろう亀裂を目にすると、あとどれだけの期間、人類がこの芸術を鑑賞できるのかが心配になる。劣化を防ぐために照明も落としてあり、作者が描いたのと同じ光の下で見るのはもはや不可能に近い。以前にも書いたが、複製や複製のためのデータ取りを急ぐべきではないだろうか(もう始まっている?)。


たっぷり時間をかけて鑑賞し、ふらふらになって出てきて驚いた。入り口には長蛇の列。入場制限をしているらしい。早くに入って良かった。

美術館前庭に伸びた行列

公園で食事を済ませてから再び前を通ると行列はさらに伸びていた。諸君、もう少し早起きしたまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/03

wikipediaに寄付

wikipediaというものがある。記事の信頼性はブリタニカ百科事典並みというNatureの報告を覚えている人もいるだろう。一方で、wikipediaをレポート等の出典としては認めないと決めた大学(文字化けしたらコードをEUCに変更)もあるらしい。といっても「見てもいけない」というのではなく、調べもののとっかかりにするのは構わないが答案や課題レポートに典拠としてあげるのは不適当と言う、ごく真っ当な措置。

なお、注意してほしいのはいずれも英語版の話。言語人口が多く、編集可能な人が世界中にいる英語版は、もちろんおかしなことを書き込む手合いもいるけれど、もっと多くの良識ある人々によって守られている。日本語版の正確性についての研究は知らない(間違いが多いと感じている人は多いようだが、残念ながら感想の域を出ない)。


wiki信奉者としてはこのような試みを応援しないわけにはいかない。今までは明白な誤りを見つけた際に修正するくらいだったが、より積極的な関与を年頭に決めた。

というわけで、今すぐ寄付!ボタンをクリック。英語のページになってしまったがなんとか寄付に成功した。ただ、電子証明書をちゃんと確認したなかったのは反省材料。

終了後、paypalへのアカウント作成を勧誘されていたようだが、「ワタシ、エイゴワカリマセーン」で戻ろうとしたらwikipedia財団のページへ誘導されて、以下のメッセージを頂戴した。


Without the support from people like you, Wikipedia and the other Wikimedia projects would not exist. Thank you for your support!

not exist(存在できない)をnot exit(退場しない)と読んで、一瞬「???」となってしまった。私の寄付で退場してしまう!?

とまれ、編集に続いて寄付という関わりを持った。次はアカウントをとり、編集の議論に参加するかどうか。これはもう少し考えてみよう。

続きを読む "wikipediaに寄付"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

年賀状を印刷

年賀状をいただいた人のうち、メールアドレスの分からない人には印刷物の賀状を用意。賀状をいただいていないけれどアドレスが分からなくなった人(user unknownで戻ってくる)用にも一通。住所も分からないが、著書を出している出版社気付で送れば届くであろう。たのむぞ>S社

伝わってくる旧知の近況を見ると、着実に成果を積み重ねており、並の神経の持ち主ならば、自分だけ置いて行かれたような気分になってしまうだろう。だが慌てることはないのだ。世の中、遅すぎるということはない、と重い鯛。

(もちろんキャッチアップが必要なところはすぐに手当をして)

続きを読む "年賀状を印刷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

年賀メールは送るな、派の今

かつて、地元の知人が出す個人誌に「ウェブページで年賀状」という小文を寄せたことがある。

実際に起きたメールトラブルを引き合いに出して、年賀メールを送るのは止そうと呼びかけたもの。

当時はネットインフラが脆弱で、プロバイダのサーバでさえ集中するメールをさばききれなかった。商用プロバイダ以外では管理者が不在で、いったん溢れると始業日まで停止という事態もあったようだ。

だからまず「元日年賀メールは危険」。続いて「仕事始めのメール集中に注意」がネットワークの運用に気を配る人の共通認識になった。

ところがその後、回線もサーバーもどんどん強化され、さらに無頓着ユーザーは携帯電話に流れて(その携帯電話でさえ、今回は発信制限をする「場合がございます」)、他人に呼びかける必要はなくなったようだ。

HTMLメールだとか、メガバイトサイズのファイル添付とかの迷惑行為は後を絶たないだろうが、それもブロードバンドの普及などで許容されつつある感じ(ISPの提供するメール容量が小さい人、またいまだにダイヤルアップ接続であったり、悪条件ADSLであったりする人は御愁傷様)。

とはいえ、自分から集中しそうな時期にメールを流す気はないし、長文や巨大ファイルを送る気もない。昔の記事の「ウェブページ」を「ブログ」と替え、サイバー年始回りと行きましょう。


というわけで、本記事もしくは前記事は、新年挨拶トラックバック(こちらへの言及なし)およびコメントを歓迎します。もちろんspamの類は削除します。

続きを読む "年賀メールは送るな、派の今"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年 2008


新年の挨拶はいろいろあるけれど、改まるとやはりこれになる。

昨年は「沈下の止まった年」と位置付けたい。止めはしたけれど捲土重来はならず。


地中の登り階段

という訳で、今年の目標は「地上への復帰」。

具体的なところでは...以下は某MLに投稿しようとした2008年の抱負。どうも投稿が弾かれる模様(セキュリティ設定のせいか...解決しようとしなくなったところに気力の衰えを感じるこのごろ)。ま、アンテナに登録してもらっているので、こちらに載せておけば誰かしらの眼に触れるでしょう。

今年は春秋とも受験しませんでした。そこで来年は、情報処理技術者試験に限らず、なにかしらの、努力が必要なちょっと難しめな試験に挑戦します(詳細未定)。

また今年の目標であるブログ100エントリーを達成できなかったので、あらためて「コンスタントにアップして100以上」を目標に掲げます。できれば「数稼ぎの身辺雑記を除く」にも挑戦。

3つ目。目標を掲げたら、泥縄でもとにかくやり遂げる(やり遂げようと努力する)。


上の写真は昨夏、フィルダムを見学した時のもの。およそ500段の階段を上って出た地上は堤頂脇。±0ではなくて高いところに出ようという目論見。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »