« 8月の肝機能値 | トップページ | 被爆62年 ひろしま忌 »

2007/08/26

つけらうどん

つけらうどんなるものを食してみた。あえて漢字にすれば「漬け・拉・饂飩」。らうどんの漬け麺タイプである。らうどんとはラーメン(拉麺)風のスープをうどん(饂飩)に絡めたもの。

知人がブログでそのうどん屋を何度も紹介するので、好奇心に負けて遠征した。なお、つけらうどんそのものについてはシリーズ?のその4に紹介されている。(後の記事からは、前の記事にリンクするだけでなく、トラックバックもすると新しい記事への案内になって親切なんですけどね。)

「うどん屋なら目立つだろう」と侮って場所をよく確認せず、しかも予定したのとは違う方向から進んだため、一度は接近しながらも通り過ぎ。しかし最終的には「うどん」の幟に助けられて発見。フラワーヒルのショッピングセンター(?)内でした(東公園向かい)。

店の内外には知人のブログを印刷したものが貼り出されていたけれど、知らんぷりして「つけらうどん」を注文。できるのを待ちながら店内を見回すと、季節のせいか、いわゆる「うどん」はなくて、どれも漬け麺か盛りうどん。氷でキリッと引き締めた麺は歯ごたえがあるけれど、惜しげもなく使われる水にハラハラ。

肝心のお味はといえば、ラーメン汁とうどんは意外に合うことを確認。辛味噌は強烈で、なめてかかると咽(む)せてしまうほど。普通の人なら出された半量で十分だろう。だが、辛いもの好きの意地?にかけて全部溶いて飲んでしまった。

並盛りでも分量があり、満腹感を味わえた。サービス券をもらったが、今後ほかのメニューにも挑戦するか、間違いのないこれ一本で行くか迷うところ。

|

« 8月の肝機能値 | トップページ | 被爆62年 ひろしま忌 »

コメント

ご無沙汰です。つけらうどん、お味はいかがでしたか?
秋には茄子を使ったメニューを出すそうです。昨年もいただいた「茄子汁」や「茄子きのこ汁」は、田舎風つけうどんタイプで、結構いけますよ。

投稿: キャセロール編集人 | 2007/08/26 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つけらうどん:

» 美里うどん その5 冷汁うどん [キャセロール編集人]
先日の昼、久々に美里うどんの店内で冷汁うどんを食べました。うどんのつゆとゴマだ [続きを読む]

受信: 2007/08/26 16:17

« 8月の肝機能値 | トップページ | 被爆62年 ひろしま忌 »