« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/31

しばしも休まず

大学は化学系だったので、研究室にはガラス細工の場所があった。入ったばかりの4年生(卒業後は僧侶になる修行にはいった異色の人物)が、そこでフイゴを踏みながら「しばしも休まず♪」と歌って院生を喜ばせたことがあった。

そんなことを、NHKの「みんなの童謡」を聞きながら思い出した。あれ、歌詞が違わないか? ところが調べてみると、違っていたのはこちらの記憶で、正しい歌詞は放送通り「しばしも休まずつち打つ響き。飛び散る火花よ、はしる湯玉」(当初は「しばしもやまずに」だったがそれとは別の話)。

余談になるが三番の「刀はうたねど」は、大日本帝国が崩壊して軍備を廃棄したのとは無関係で(そういう説明を聞いた記憶もあった)、少なくとも1933年にはこの歌詞。尋常小学唱歌(四)に発表されたのは12年とのことなので、ワシントン軍縮条約(22年)も無関係。

こういったことがわかるのも歌詞を載せているサイトがあるからで、もし著作権が云々されて公開されていなければ、あやふやな記憶を正す機会は狭められてしまう(もっと困るのは不正確な異説の乱立)。

ちなみに「村の鍛冶屋」は作詞者・作曲者ともに不明とのことなので、公表後50年は経過しているもののひょっとすると著作権は継続しているかもしれない。JASRACは著作権は消滅したという態度で仲介はしてくれないから、「私が作詞しました」という老人や「49年前に物故した親の作品」という人が出たら大変だなぁ。

著作権を、著作者の死亡70年後まで保護しよう(現行は50年)という動きがあるが、権利を主張するからには義務も全うしてほしいもの。著作権法はその目的に「文化の発展に寄与すること」を挙げているのだから、「権利者が分からない」「どこに許諾を求めたら良いか分からない」という状況は法の趣旨にもとる。権利の上に眠るものは保護されないのだから、死後70年間しっかり権利関係を明らかにし、許諾申請も滞りなく処理してもらいましょう。(誰がその費用を負担するのかな。)

なお、現行法でも「相当期間にわたり公衆に提供され、若しくは提示されている事実が明らかである著作物は、」「相当な努力を払つてもその著作権者と連絡することができないとき」に限って、お役所に供託金を納めれば利用できるそうですけど...商用ならともかく面倒な話。かくてOrphan Worksが増えて行くのでしょうか。ミッキー功なりて、万骨枯る。

続きを読む "しばしも休まず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震災害救援金

口座を開いている銀行からメールが届き、能登半島地震の被災者義捐金を手数料無料で受け付ける、と。幸い暖かくなる季節で、新潟の教訓も生かされているようだし、なにより死傷者が少なかったとはいうものの、余震は続いていて、避難住民の不安そうな様子には心が痛む。去年はだいぶ国に助けてもらったから、一息ついて和田の原の今は形ばかりでも恩返しをしなければ。

というわけで振り込むことに。もちろん書いてあるURIをクリックするような間抜けはせず、ブックマークから銀行のサイトを開くと、たしかに受付け口座は開かれている。

だけど、よく考えると、こっちの預金は動かしたくないのよね。ぉぃ

そこで別の銀行に行ってみると、そこはやってない…と思ったら下の方に義援金受け付けますとあった。さっそくログインして共同募金会(赤い羽根)へいくばくか振り込み。実に便利になったもの。自宅からだしワンタイムパスワードだからセキュリティ的にも安心。

腰が重くならないよう、年間の寄付予算を組んでおこうか。ただし、自動引き落としになっている分を忘れずに。(^^; そういえば4月は大口(主観的に)が予定されていたな。

それにしても、もう少し目立つところに案内しろや>某銀行

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/14

航海の安全を守る神の御利益を検証する


船乗りの信仰を集めた神殿があったと言う。神官が御利益を説き、その証拠として奉納物の山を指し、「航海前に安全祈願をし、無事に帰ってこられた人のお礼奉納がこれだけある」と。もし信心甲斐なく難破した船乗りが恨みの奉納をできたとしたらもっと集まるのではないか、というのが落ち。

この批判は妥当だろうか?

たしかに神官の説明は遭難した例を除外しているから証明としては不備がある。では出航前に奉納したが帰ってこられなかった例だけ補充すれば十分だろうか。

コントロール(対照)をとっていないから、やはり不完全だ。

たとえば安全祈願をした船乗りが十人いたとして、無事帰ってこられたのが三人だったとする。二倍以上の船乗りが遭難しているから御利益はないかに見える。しかし一方に祈願などしない不信心組がいて、こちらは100%遭難していたとしたらどうだろう。

もちろん前提として、その他の条件は同じ、例えば奉納組はそれだけの財力があったから船も立派というような違いはないとする。

不信心な私としては、奉納などしなければ帰還率は五割超で、かえって安全という結果が出たら面白いと思うが、それは別の話(実際問題、神頼みで油断した船乗りより、頼るは自分だけと真剣な船乗りの方が、遭難率は低いと予想される)。

いずれにせよ、より合理的と思っていた「遭難例を数える」は、単に帰還率を計算しているだけで、たいして科学的な検討ではないというのが言いたいこと。

同じようなことを他でもやっていないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

40年経って、新宿は今

不覚にもブログ更新が2ヶ月滞ってしまった。

昨年は年頭に「ブログに最低100エントリー」という目標を立て、クリアしたのは良いが、「2007年はハードルを上げて」と意気込んだのが失敗の元。

やっぱり初エントリーは年頭所感でしょうと思っていたのに、お屠蘇気分のうちに機会を逸し、新たな目標は「帳尻合わせのために集中書き込みはしない」だったのでますます書き難く。

一緒に止まっていたmixi日記は2月に勤務先で開いたセミナーでしゃべるのを機会に復活できたが、こちらは最長不倒記録更新中。

パソコン通信に熱中していた頃、「3日やったら止められないけど、3日止めたら止められる」と言われていたのを思い出した。

止めてしまうと早々に目標未達確定となるので啓蟄を機会に再開する。

さて、本題。

昨日、在米の知人(日本人)が母堂の一周忌と学生時代に師事した教官の退官記念講演に合わせて一時帰国したので新宿で飲み会を開いた。

彼とは生化若手の会(生化学若い研究者の会)で知り合い、turn overのゆっくりな連中で「年長組」を作って付き合ってきた。今回もその年長組4人衆+αで、いつものHHで飲む予定であった。

予定より少し早く着いたので、ルートを変えて花園神社に立ち寄った。ここは黒テント、いや紅テントか、が芝居をやっていた場所。神社とアングラという取り合わせが前から気になっていた。Wikipediaによると、かの「腰巻きお仙」に「『腰巻』では国体に反する」とクレームがついたり、神社総代会より使用禁止を通告されたりと、別にシンパでもなんでもなかったようだ。

もっとも公式サイトをみると


安永9年(1780)と文化8年(1811)には、大火で焼失した社殿を再建するため境内に劇場を設けて、見世物や演劇、踊りなどを興行して好評を博しました。花園神社と芸能の縁は、この頃から始まったものです。

と劇団公演には一定の理解があったことが窺われ、

戦後、甲州街道と青梅街道が交差する開かれた街「新宿」は、雑多なエネルギーに満ちた新しい文化の発信地になりました。花園神社は、そうした文化を育む役割も担ってきたのです。唐十郎らの芝居や、上々颱風をはじめ国内外のアーティストによるライブが行われる舞台として、親しみを持っている人も多いでしょう。

別に恥部とは思っていない模様。

さて、境内を歩いていて、ふと口をついたのが「新宿見るなら...」。これは唐十郎が新宿を引き払うときに言ったらしいから、上記の使用禁止を受けての「さらば花園!」にあるのだろう。

ところが困ったことに、正確な文言、特に続きが分からない。意味としては「新宿を見るなら今のうちだ。そのうち新宿は廃墟になる」なのだが、記憶を頼りにネット検索をかけると複数の説がある。

「新宿見たけれゃ今見ておきゃれ、今に新宿焼け野原」(amazon.co.jpにある森山大道の本のレビューほか)

「新宿みるなら今みておきゃれ。今に新宿、原となる。」(空とぶじゅうたんどこへゆく

「いまに新宿 原になる」(新宿'60sツアー

「新宿見るなら今みておきゃれ、今に新宿 原(はら)になる」(Re: J.ウッズは1947年生まれの「ベトナム反戦世代」

「新宿見たけりゃ 今見ておきゃれ じきに新宿 原になる」(日本映画専門チャンネル

「新宿見たけりゃ/今見ておきゃれ/じきに新宿/原になる」(焼け野原という異聞もある)という有名になったフレーズの出典が、この「月笛お仙」の続演を報じるチラシだったという事に今回初めて気がついた。」(『電脳・風月堂』(資料1)

最後の「電脳・風月堂」はチラシの現物(ただし10月の続演を報じる方ではなくて、8月初日を告げる7月のもの)があるので、おそらく一番正確だろう。ただ、そこをして「(焼け野原という異聞もある)」と注釈をつけている。

少なくとも「見るなら」「見たけれゃ」「今に新宿」は誤りと言えよう。また「さらば花園!」とも関係はない。

ちなみに前段があって、それはまた凄まじい。


「お仙」見たけりゃ

今見ておきゃれ

母ァ殺して 銭つくれ

(「母ァ」は「かかぁ」と読ませるのだろう)

打ち捨てられたチラシがよみがえるのはネットならではだが、不正確な引用が多いのもまたネットの欠陥(上に挙げたほかにも、明らかにうろ覚えというものが見つかっている)。

新宿'60sツアーは、花園神社でビラを読み上げたというのだから、その画像なり全文を載せてくれれば良かったのに。正確な読み上げであることを証明するためなら引用による利用として法的には許容される範囲内。

さて、40年経って、新宿は原にもならず、まして焼かれることもなかった。

続きを読む "40年経って、新宿は今"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »