« コメント削除 | トップページ | 40年経って、新宿は今 »

2006/12/17

でんぐりでんぐり

渋谷のBunkamuraで開かれているスーパーエッシャー展に行ってきた。

意外と会場はわかり難い場所にある。誘導標識もあまり親切ではない。ポスターは凝り過ぎで肝心の情報提供を忘れているようだし(日テレのサイトなんて自己満足+バリアフルの権化に思えた)。

それでも人の流れができていないのは吉兆と言うべきか。ダリ回顧展の時よりやや空いた感じで観てまわれた。暑いのには閉口したが。

ニンテンドーDS Liteを使った鑑賞ガイドを貸し出していたので利用。無料というのが嬉しい。

さてエッシャーと言うと「滝」に代表される騙し絵の作者という印象が強いけれど、今回の展示では初期の版画から紹介されていて、騙し絵はむしろ少数。最後の作品となった「蛇」にはわざわざ「騙し絵的要素はない」と説明が。

横線だけで漆黒の闇から浮かび上がる教会を彫りだした「夜のローマ」には思わず息をのんだ。

図録(2500円)とDVD(4935円)を購入。糸が切れて「だまし絵フィギュア」の「でんぐりでんぐり」も会場外のガチャマシーンで購入(300円)。

でんぐりでんぐり

でんぐりでんぐりのイナバウアー

これ、でんぐり返しができるようにはなっているのだが、そのまま丸めるとイナバウアーになってしまう。足を入れ替えればそれらしくはなるものの、まるで填める場所が決まっているかのように取り付け難いし(造りが粗雑なだけだろう)、なにより頭の向きはおかしいまま。そして、腹が外側というのが誰の目にも明らか。もう少し工夫してほしい。

「24の寓意画」に添えられた詩の中には、なかなか気の利いたものがある。気に入ったのは「火打ち石」と「カエル」そして「リス」。

「地下聖堂」をみてKKKを連想するのは変?

平面の正則分割56(トカゲ):腕に白い部分が

「平面の正則分割56(トカゲ)」の左上部、赤いトカゲの前肢に塗り漏らしを発見。

エッシャーを表紙で取り上げた「少年マガジン」も展示されていた。のは良いが、メビウスの輪に色を塗った(1970年2月22日号)のは過剰親切というものだろう。「こうでもしなきゃわかるまい」とは、当時の少年も舐められたものだ。

また、それに先立って連載された「ふしぎ探検隊」も掲載誌と並べて展示されていた。若き日の長嶋茂雄、赤塚不二夫、またコント55号などは、それだけで見物。解説を書いているのはイラストレーターの真鍋博。当時は36歳くらいか。全部は読まなかったが、少々「?」なことも書いてあった。

図録の解説に、「エッシャーの版画は何年経っても、新鮮さを残している」、なのに同じころ流行ったサイケデリックなイラスト、それは当時の最先端をいっくものだった筈だが、「今の私たちが見ると、痛々しいくらい古臭い。いったい、それはどうしてなのだろうか。」とあって(野地秩嘉)、時というものの残酷さを首筋に感じた。

ところで、会場ではレーベンフックの説明に首を傾げたが、図録にある「細胞生物学と細菌学の創始者」というのは正しい。何が気になったのだろう?

|

« コメント削除 | トップページ | 40年経って、新宿は今 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コメント削除 | トップページ | 40年経って、新宿は今 »