« ユニバーサルデザイン度 | トップページ | 勢いだけで良いですか »

2006/05/27

胃の薬

水曜の夜に突然腹部に不快感を覚え嘔吐した。朝になっても収まらないので病院へ。待合室で辛そうにしていたら処置室のベッドで寝かせてくれた。横になったまま診察。水分補給をかねて鎮吐剤?の入った点滴合計700ml。その間に血液検査で炎症の有無を調べてもらう。

CRP(C反応性タンパク質)の値から消化管損傷の心配はなく、吐血・下血もないので、軽い胃炎(ウイルス性?)ではないかと。胃薬をもらって経過観察する事に。

処方されたのは下記二剤。

ガスターD錠 10mg
胃炎、消化管潰瘍の治療に用います。
胃酸の分泌を抑える薬です。
主治医の指示なしに服薬を中止しないでください。
缶などの気密容器で保管してください。

ドンペリドン錠 10mg 「EMEC」
消化管の運動を整え、吐き気を抑えたり食欲不振や腹部の膨張感をなくす薬です。
ナウゼリンと同じ成分の薬です。
眠気や動揺感があらわれる事がありますので、車の運転や危険の伴う機械の操作等には十分に気を付けてください。

※このトンペリ(ちがう)にはジェネリック製品もあるとのことだが「味が不評」なので、初回はこちらを、と薬剤師さんの弁。舐めてみると確かに美味しい。でも苦いのは平気ですけど。

|

« ユニバーサルデザイン度 | トップページ | 勢いだけで良いですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃の薬:

« ユニバーサルデザイン度 | トップページ | 勢いだけで良いですか »