« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

シンポ「バイオリソースとライフサイエンス研究最前線」

クバプロから案内メールが届いた。

http://www2.convention.co.jp/nbrp/20060309.html

面白そうなので申し込む。どのアドレスに届いたメールかわからないのでアドレスの登録は適当に選択し、SSLの証明書が古いようだが構わず送信。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

科学者の論文捏造事件の背景とその防止策(裏報告)

セミナー「科学者の論文捏造事件の背景とその防止策」への参加報告を、mixiの某コミュに載せたものに大幅加筆して公式?ブログに載せた。

そちらでは省いたやばめの内容をこちらに移しておこう。

まずは黒川せんせのアジテーション。資料として配られた新聞記事では抑えてあるが、東京大・文科省批判をたっぷり。ご自身が東京大出なのに、と思って経歴を見たら医学部卒業が63年、67年まで院生となれば、ははぁアノ世代ですね。69年にペンシルバニア大に移ったのは戦後処理の国替え?

協和発酵のブルーノート(研究日誌)。頑丈な作り故に、かつては折檻にも使われたとか。(^^;

しかし研究ノートへの第三者サインで科挙の採点方法を思い出すとは、私の脳もまだ衰えてはいないようだ。いや、いよいよ引き出しの境が緩み出した?

むかーし、週刊誌アエラが「国立大学は頭脳の棺桶」と、国立大学の窮状を取り上げて、それで事態は(ある程度)改善したと思っていた。出身大学も久しぶりに訪ねたらきれいに改築されていたし。ところがまたまた窮乏化が進んでいたらしい。独法化で、それまで大目に見られていた?消防法・労働基準法その他諸々の法規制に対応するため研究費を削っているという話には、自業自得の面はあるとはいえ涙を禁じ得なかった。

最近は論文発表よりも特許申請が重視されるという傾向らしいが、それならば捏造・改竄は抑制される? 誰も見向きもしない鼻糞特許がインチキの吹き溜まりに? そういえば「出す事に意義がある」的投稿誌から論文を丸ごとコピーし、自分の論文としてこれまた同様のマイナー誌に投稿したら受理されたという事件もあったな(「サイエンティストゲーム」かその続編)。

この日は職安の説明会をすっぽかして参加したのだから、もう少し求職活動をしてくるべきであった。orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/27

ルール&マナー検定2006(こども版)


インターネットにおけるルール&マナー検定2006で、こども版もやってみた。これは30問。

満点のつもりで結果を見れば29点。間違えたのは「ウェブによるサービスの利用」。どういうウェブが信頼できるかの見分け方。いかん、信頼性には情報の新旧も関係するんだ(更新日明記もメルクマールの一つ)。

まぁ、アチラも「掲示版」なんて書いてるからおあいこね(謎)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

ルール&マナー検定2006

インターネットにおけるルール&マナー検定2006上期が始まっていたのでやってみた。94点。

あなたは、インターネットについて職場や教育現場で指導的な役割を担う人として必要なルールとマナーの知識を身につけています。
本当のことを言ってもお世辞にはならないぞ。:-p どちらかというと「こども版(ふりがななし)」を連続5回クリアした方が実際的な気がする(つまり大人版はややマニアックな出題が散見される...オトナの問題はこども版ではあつかってくれないだろうが;クレジット決済など)

それにしてもさすがに百問回答はくたびれる。43分で片付けるのも無謀といえば無謀だが(1問平均26秒)。

間違えたのは「ルール」で5問(正答率83%)、「安全利用」で1問(正答率96%)。


サイバーモールの責任
忠実屋ペットショップ事件を逆に理解していた(原則としてモールの責任は問えないが、テナントとモールが同一体と誤認されても仕方がない態様の場合は有責)。
児童買春防止法
児童ポルノも持っているだけなら(今は)お咎め無しなんだ。
SOHOビジネス勧誘とクーリングオフ
通販にクーリングオフは適用されないという理解は合っていたが、SOHOビジネスの勧誘は通販ではなく業務提供誘引販売取引っていうんだ。だからクーリングオフは適用される。
契約の成立時点
平成13年に成立した「電子契約法」で到達主義、つまりpopサーバに届いた時点で未読であっても契約成立に変更。(って、その前は発信主義だからいずれにしても間違ってら)
e-文書法のメリット
データの改ざんが容易って、ぉぃぉぃ、電子署名は義務づけられていないのかい。しかし媒体の劣化などは問題だね。物理的劣化以前に読み出す機械がなくなりそう。
メールフィルタリングソフト
ケアレスミス(「間違ったものを選べ」だよ)。選択肢を見たら答えられると豪語している人もいるが、こういう罠があるからね。

例年間違えていた薬の個人輸入問題はクリアできた(けど忘れた)。

さて90点以上はインターネット利用アドバイザー試験を受けることができる、とあるがなんだかんだで20,000円近くかかる。それだけの価値はあるのだろうか? わ、15,750円は論文審査と面接の費用で、合格するとさらに講習料10,500円が必要なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「明日を夢見て 〜BIG ISSUEが拓く未来〜」上映会

ビッグイシュー販売員であるお茶の水博士のブログに載っていたので、25日に見に行った。


運営の不手際に文句を言えばきりがない(「詳しい会場はセンター内電光掲示板に掲示」と案内文にあったのに掲示されていない。その代わりに学生がプラカードを持ってたっていたが、逆光なのでわかりにくい。受付の前でスタッフが立ち話をするな、邪魔。参加者名簿を廊下に出しっぱなしにするに至っては論外...)し、パンフレットは作りがずさん(「収入はっあその収入は」って「収入はあっても」としたかったのか。販売員が守るべきは「行動規約」じゃなくてその2cm上に書いてある通り「行動規範」。撮影日誌は、ブログでは横置きだった写真を縦に直したのは感心だけど、一点落としている。そのため説明文と不一致。しかも見出しを打ち直すときに間違えたのか「ガンダ」が「ガンダ」になっている。目をこすったぞ。「グラフからおわかりのように」ってグラフ載せてねーじゃん)。そして映画の出来も技術的には今二つ。

でも、途中からそういう事は気にならなくなった。

販売場所近辺を掃除するベンダーの尾崎さん。通りがかりのおばちゃんが、そのちりとりに無造作にゴミを捨てて行くシーンが印象的。尾崎さんの姿など見えないかのように...税金で雇われた清掃員と思ったのだろうか(それにしたって「これお願い」の一言があって然るべきだろう。まともな大人なら)。

「ビッグイシューを知ったきっかけは?」というインタビューに、判で押したようにテレビという回答。これはおそらく「路上で見た夢〜ホームレス自立支援の日々」 (MBS)や「路上に賭けた人生:ビッグイシューという挑戦」(FNS)の影響。たしかにマスメディアの影響力は大きい。素直にすごいと思う。だけど、上映後の挨拶で「上映会にたくさんの人が集まったのはメディアの影響」と言ったのは変だと思う。インターネットの力だって見過ごせない筈だし。あと手前味噌になるのを遠慮して省いたのかもしれないが、武蔵大学内でのアンケートではROHが行った大学前での販売活動で知ったという人も多いそうだから(グラフが見られなくて残念!)、これはちゃんと報告しなければ。


いろいろあるけど妙なスレ方をしていない、今日日珍しい?一途さを見せた学生諸君に拍手。

ところで冒頭のBGMは気に入った。なんという曲だろう? そうだ、映像というのはわかりやすい反面、誤解もしやすい。各シーンに解説をつけたものがあれば良い。編集ノートというのかな。観た人なら文字だけでも映像を想起して、より理解が深まります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

残寒お見舞い申し上げます

年賀状は出しそびれ、寒中見舞もかろうじて一通出しただけという無精者に「残寒見舞」という好都合なものがあった。しかも立春とは名ばかりに、折よく冷え込むこと。

というわけでメールでは連絡のつかない方を重点にハガキを用意。少しは不義理を解消できるか(はは、この数年で届く賀状の減ったこと減ったこと)。
06zankan

写真は昨秋訪ねた赤坂トンネル。(しかしブログは「その日のうちに」書けるのが売りの反面、機を逃して六菖十菊になると書きにくい事おびただしい。この赤坂トンネル探訪は面白かったのだが)

閑話休題。年賀状というのはまず新年を祝い、それから旧年の報告やら新年の抱負やらを書くもの。しかし秋に勤務先が倒産し、暮れに営業譲渡先から戦力外通告を受け、移行組の七転八倒を尻目に身辺整理をしているととても寿ぎの言葉なんて出てこない。

「酸っぱいブドウ」なのだろうが、移行組はかなり大変。コンプライアンスが重視される上場企業の傘下に入る以上、今までのような仕事のやり方は許されない。逆に言えばやりたくてもできなかった業務改革の絶好の機会なのに...腕を振るえないのが残念というか、シーシュポス的な苦役を免れて幸いというか(下手をすればナチ絶滅収容所における「カポ」の役を担うことになるかもしれないのだ)。

というわけで眼前には失業という小山が行く手を遮っているのですが、その腹には隧道が穿ってある。暗闇を恐れずに進めば道は開けるのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »