« 昆虫の図鑑、青臭い恋愛小説、心と遺伝子(+同性愛)を聴いてきた | トップページ | こういう「放送と通信の融合」はいかが »

2006/01/18

「かまくら」だろうか?

山元先生のトークセッションへの感想に「日本酒と天ソバか何かの台抜き」と書いたのには訳がある。

先生が酒の飲み方を習った大学の先生は粋な方で、授業を終えると学生を連れて街へ繰り出すのが常だったそうだ。非常勤でフランス語を教えに来て「宵越しの金は持たない」とばかりに謝礼を使い切ってしまうとか。そして、おすすめの肴が「親子丼の上の部分」だったという。山元先生が「なんとかいう名前があった」と気にされていたので「おそらく台抜きでしょう」とお伝えしたしだい。

しかし早速いただいたコメントに「私は固有名詞を聞かされたと言う記憶」とあったので調べてみた。この場合はネットより食のエッセイの方が良かろうと、またジュンク堂に足をのばして、まず杉浦日向子さんにあたる。わからない。それらしい本を手当たり次第に開くが、見つかったのは「天抜き」くらい。そのうち無性に日本酒が飲みたくなって探索中止。

天ぷら蕎麦の場合は「台抜き」「天抜き」でも親子丼には別の名称があるかもしれない。レシピを見たら「○○をご飯に載せて出来上がり」なんてあるだろうか。あるいは親子丼の定義として「丼飯に○○を載せたもの」とあればしめたもの。だが、親子丼ではヒットが多すぎる(約 472,000)。あるレシピは「(4)丼にご飯を盛り(3)を上から形をくずさないようにのせる」、ある定義は「鶏肉の卵とじを載せたもの」。

行き詰ったときは原点に帰る。「台抜き and 天抜き」でググってみた。するとWikipediaに「天抜き」という項目が。さっそくあたると一通りの説明に続けて同様の言葉に鴨抜き(鴨南蛮の蕎麦抜き)、台抜き(天抜きと同義だが、カツ丼の飯抜きなども該当)などがある。関西地方では『すは(素は)鎌倉』の語呂からかまくらと呼ばれることもある。と。かまくらね、これなら固有名詞と言う記憶に合致する。(でも、私は「いざ鎌倉」に馴染みが)

しかしフランス語の先生、お金の使い方からすると江戸っ子ですね。かまくらではないかも。あー、鴨抜きでいっぱいやりたくなってきた。

「親子丼の台抜き」を指す名称をご存知の方は、コメントまたはトラックバックをお願いします。コメントはメールアドレス不記入でも書き込めます。

|

« 昆虫の図鑑、青臭い恋愛小説、心と遺伝子(+同性愛)を聴いてきた | トップページ | こういう「放送と通信の融合」はいかが »

コメント

山元大輔さんは私の古い友人です。
そうですか、相変わらず活躍しているようですね。それは何よりです。よろしくお伝えください。

投稿: いとう | 2006/01/20 05:07

親子丼の台抜きって、「親子とじ」ですが、なにか? ま、これはお探しの答えではなさそうですが。

投稿: 間抜き | 2006/02/04 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53322/8219708

この記事へのトラックバック一覧です: 「かまくら」だろうか?:

« 昆虫の図鑑、青臭い恋愛小説、心と遺伝子(+同性愛)を聴いてきた | トップページ | こういう「放送と通信の融合」はいかが »