« 書籍が二冊 | トップページ | FYIトラックバック、か »

2006/01/09

私は言及リンク文化圏情報非等価派(?)

トラックバックをめぐる4つの文化圏には賛否寄せられ盛り上がっている模様(こころなしか賛成が多いような...私も全面的に反対という訳ではない)。

なお、発端となったライブドアブログの「リンク無しトラックバック(TB)拒否」は選択制らしい。「リンク無しTBも無条件に受け入れるべき」派ではないから、これはこれで妥当な判断かと。

いくつかのエントリーをつまみ食いしたところ、
1)やはり「アクセスを奪う」論には批判がある
2)TBスパム(無関係TB)を擁護する人は見当たらない
3)読者の視点欠落の指摘もちらほら

1)については松永さん自身が補足説明をアップしている。だが、これを読むと、喧嘩を売る事はあるまいと私が敢えて公言しなかった皮肉、TBがなかった時代、この人はよそへリンクするたびに相互リンクの申し入れをしていたの?が冗談でなくなってしまう。

「アクセスが奪われる」というのは決して「自分のブログの読者が減る」という意味ではないということだ(これは文脈から理解していただけると思うが)。これは、あくまでも「一方通行の道筋が作られてしまう」という意味である。
「言及リンク文化圏」では、「一方通行ではなく、等価な相互通行」を作ることを求める。

一方的なリンクでは一方通行だから、「私からリンクしたからそっちからもリンクして」(相互リンク強要)は論理的帰結だ。(もちろんウェブの二つの文化圏の衝突【前編】無断リンク禁止問題にみるリンクする側・される側の論理からは、そうは思っていない事が読み取れる。そしてそれには異論はない。でも矛盾してない?)

なお、


言及リンクしないことは、自分のブログの読者に対して情報をたどるルートを示さない不親切なもの

については、既に書いたように、それもアリというのが私の立場。ただ、お前のところの読者には私のブログは読む価値があり、私のブログの読者には君のブログは読む価値が無い、と言われたら不愉快という気持ちはわかる。「価値」でなく「意味」とすると和らぐかな。

私が駄文をものするにあたり専門家のブログが役に立ったとする。当然、本文から言及リンクをする。しかしTBをかけようなんて厚かましい事は考えない(むろんあちらに対して何らかの新しいものの提供が可能と考えれば別)。もし、私が専門家のブログを見落として的外れな事を書いていたとする。それを偶然発見した専門家が、義侠心に駆られて「まず私のブログを読みたまえ」とTBをかけてくれたなら、感謝こそすれ、「なんでそっちの本文に私への言及リンクがないのか」などと逆切れはしない(「世間にはこんな勘違いもある」と馬鹿の代表にされたら、いくら事実とはいえ恥ずかしい)。双方は非等価なのだから読者が一方通行だって当然だ。

2)はまぁ当然だろう。私もまるっきり無関係なエントリーにTBをかけるのはどうかと思う。まして架空請求やワンクリック詐欺への誘引は論外。これはTBを削除するだけでは不十分で、サイト閉鎖に追い込むべき。とはいえ、これも疑問を呈したように、spamメールほどの実害があるか疑問。もちろん品位は下がるから我慢する必要はないが、ひっかかってクリックするような人っているのだろうか(絶無に決まってるとは言わないが)。

むしろ心配なのは、こちらへのリンクを含まないTBは拒絶なんて仕様が広まったら、軍拡競争を刺激、つまりスパマーはほぼ確実に自動取得したリンクを本文に貼付け、ついでに一覧に表示される冒頭部分を相手の引用にしてくるだろう。フェイクブログ(パクリブログ)を見ていればそのくらいは朝飯前のはず。すでにspamメールでも冒頭をニュースにして偽装してくるものが出ている。

3)の例としては「トラックバックは「受け手」の問題」など。世の中には、僕のように、その文化を二つ含んでいる人もいるとか「私のトラックバックポリシーは・・・」と書いたりしてもさ、訪れた人全員がそれを読むとは限らないわけじゃんとか嬉しい事が書いてある。

以上、言及したサイトには敬意を表してTBしません。(^^)

|

« 書籍が二冊 | トップページ | FYIトラックバック、か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は言及リンク文化圏情報非等価派(?):

» ブログ文化における...トラックバックの重要性.....(私見) [”超”個人的《web情報》.....の”落し物”収集所]
ハイ....この記事からも《トラックバック(T.B)》が、貼られていくわけですが.....以下の記事を読んで....ちょっと考え込んでしまいました[:冷や汗:] トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか [絵文録ことのは]2006/01/06トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか [絵文録ことのは]2006/01/06この話題に関するクチコミ(49件)を見る 私の『このブログは....』... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 22:11

« 書籍が二冊 | トップページ | FYIトラックバック、か »