« トラックバック文化考 | トップページ | 書籍が二冊 »

2006/01/09

トラックバックは読まれているのか?

一昨日のエントリーは、自分が「関連仲間文化圏」に押し込められ、無意味にトラックバック(TB)を乱発しているとの烙印を押されていたので反発が先に立ってしまい、「TBにはリンクが必要」派の意向を3/4尊重しつつも、1/4揶揄したのは大人気なかった。

ところで、そもそもTBした記事は読まれるのだろうか。どれほどの読者がTB元まで辿ってくるだろうか。TB先のブログ主は辿ってくるだろうし、TBはSEO(サーチエンジン最適化)効果もあるので、「TBしたらアクセスアップ」は頼りにならない。

なぜこういう疑問をもったか。TBをしても、それを辿ったアクセスが(少)なければ、そもそも「アクセスを奪うのはけしからん」という「言及リンク文化圏(異論もあるようなのでその一派)」の言いがかり懸念は意味がなくなってしまう。本当にビジターまでTBを辿ってきているのだろうか。

というのも、TBの一覧を見て「読む価値があるか」を判断できる場合はかなり少ない、という印象がある。一目でTBスパムとわかれば避ける。既に知っているブログからのTBなら判断できる。だが引用から始まるTBがずらずらと並んでいたら? あるいは内容との関連がわからない枕の羅列だったら? 数が少なければ一つ一つクリックもしよう(ところが管見の範囲では...リンクはしている、TB先に言及もしている、だが新しい発見や思考の発展系がある訳では無い、というものが多い...「筋の悪い」ブログばかり見ているからだろうか?)。

TBも数が多くなると辿ってもらえなくなるのでは無いだろうか。埋没せずに読んでもらうためにはエントリータイトルやリードに工夫が必要だ。メールの作法で散々「真っ先に結論を」と言われているが、ブログの多くは起承転結を意識して?前置きが長い。それが美学だという方は、「要約」を活用してほしい。

|

« トラックバック文化考 | トップページ | 書籍が二冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックは読まれているのか?:

« トラックバック文化考 | トップページ | 書籍が二冊 »