« 同窓会をwikiで | トップページ | 光る骸骨 »

2004/11/28

購入書籍

『朗読者』
ベルンハルト・シュリンク 著
松永美穂 訳
新潮文庫 シ-33-1
2003/6/1
2004/6/5 7刷

ビッグイシュー日本版に紹介されていて興味を持ち購入。電車の中では広げにくい描写もあってまだ76ページ。

冒頭、「ぼく」は黄疸つまり肝臓病にかかり、それが物語の発端なのだが、J.K.ジェローム「ボートの三人男」のエピソードを思い出してしまった。そっちの「ぼく」は医学書で肝臓病はだるくて仕事ができなくなるという記述を読み、自分は肝臓病だったのだと懐古する。だが当時の大人たちはそんな事に気づきもせず「この怠け者め」とげんこつを喰らわせた。「こういう素朴な民間療法は効果がある」というのがオチ。丸谷才一訳で中公文庫に収められている

ちなみにビッグイシュー11月15日発行の17号の表4の次号予告は「17号 11月15日発売」。あちゃー、やっちゃいましたね。

『言葉の常備薬』
呉智英
双葉社
2004/10/30

11月14日の朝日新聞書評で宮崎哲弥が紹介。「集沫辞解」から注目している呉さんなのでさっそく暇つぶしに購入。意に反して一緒に買った三冊の中で最初に読了。(アレ、雑誌「終末から」に載せていたのは集沫字解だったかな?)


「○藤」の筆頭はやはり「阿藤」でしょう。八海事件を知らなきゃ出てこないかな? いや、ググれば0.52秒で24,600 件ヒットしました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575297364/250-1633297-2384259

ああ、私もアフィリエイトやろうかな。

『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』
黒川伊保子
新潮新書078
2004/7/20
2004/11/20 4刷

なんとなく買ってしまった。読み終えたら師匠へ譲る予定。

著者は奈良女の物理学科を出て、いまは株式会社感性リサーチの代表取締役とか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106100789/250-9774110-6847450

『野中広務 差別と権力』
魚住 昭
講談社
2004/6/30
2004/8/4 5刷

これも朝日の書評から購入リストに載せたもの(他には「環境リスク学などが)。重そうだなぁ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062123444/249-0478960-3225941

|

« 同窓会をwikiで | トップページ | 光る骸骨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 購入書籍:

« 同窓会をwikiで | トップページ | 光る骸骨 »